前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
293件中 1 - 10件表示
  • ジョン・ライドン

    ジョン・ライドンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1975年にマクラーレンがアメリカのバンド、ニューヨーク・ドールズとの小ツアーから帰り、スティーヴ・ジョーンズやポール・クックと共に新たなバンドの結成を模索していたとき、ライドンが現れた。ライドンは「I Hate」とサインペンでなぐり書きされたピンク・フロイドのTシャツを着ており、店内でのオーディションでアリス・クーパーの「アイム・エイティーン」を歌った。そしてバンドへ加入、バンド名はセックス・ピストルズに決まる。ジョン・ライドン フレッシュアイペディアより)

  • ニック・メイスン

    ニック・メイスンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ニック・メイスン(Nicholas Berkeley Mason, 1944年1月27日-)は、イギリス・バーミンガム出身のドラマー。プログレッシブ・ロック・バンド、ピンク・フロイド(Pink Floyd)のメンバーで、バンド結成以来の唯一のオリジナル・メンバーである。ニック・メイスン フレッシュアイペディアより)

  • プログレッシブ・ロック

    プログレッシブ・ロックから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1970年発売の同バンドのアルバム『原子心母/Atom Heart Mother』のタスキに、「ピンク・フロイドの道はプログレッシヴ・ロックの道なり!」というコピーが掲げられている。これがおそらく、日本で「プログレッシヴ(ブ)・ロック」という言葉が使われた最初の例である。プログレッシブ・ロック フレッシュアイペディアより)

  • オハイオ・スタジアム

    オハイオ・スタジアムから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1996年から1999年には、プロサッカーリーグ・MLSのコロンバス・クルーが本拠地としていた。またコロンバス市内でも有数のコンサート会場としても使用され、過去にローリング・ストーンズやピンク・フロイドら数多くのアーティストがここで公演を行っている。オハイオ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • バック・トゥ・ジ・エッグ

    バック・トゥ・ジ・エッグから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    プロデューサーには、ピンク・フロイドやエルトン・ジョンなどを手がけたクリス・トーマスを起用。バック・トゥ・ジ・エッグ フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・アダムズ

    ダグラス・アダムズから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アダムズは左利きながらギターを弾き、生涯に24本の左利き用ギターを収集した(最初のギターは1964年に入手)。1960年代に Paul Wickens からピアノとギターを習った。Wickens はポール・マッカートニーのバンドでピアノを演奏していた(また、2004-2005年版のラジオ版『銀河ヒッチハイク・ガイド』では音楽を担当している)。ビートルズ、ピンク・フロイド、プロコル・ハルムの3者はアダムズが大きな影響を受けたアーティストである。ダグラス・アダムズ フレッシュアイペディアより)

  • ストーム・ソーガソン

    ストーム・ソーガソンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ソーガソンはピンク・フロイドのシド・バレットと同級生で、互いにアート志向が強かった。また、ドラッグ・パーティーでともにトリップするなど、かなり前衛的な感覚の持ち主でもあった。そうした経緯もあり、ピンク・フロイドのアルバム・デザインを中心に、レッド・ツェッペリンやジェネシスなどの新進気鋭のアーティストに作品を提供してきた。ストーム・ソーガソン フレッシュアイペディアより)

  • アビー・ロード・スタジオ

    アビー・ロード・スタジオから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アビー・ロード・スタジオ (Abbey Road Studios) はイギリスのレコード会社EMIによって1931年11月に開設されたロンドンの録音スタジオ。ビートルズやクリフ・リチャード、ピンク・フロイド、シャドウズなどが録音を行ったスタジオとして有名である。スタジオはウェストミンスターのセントジョンズ・ウッドにあるアビー・ロードに位置する。アビー・ロード・スタジオ フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド ザ・ウォール

    ピンク・フロイド ザ・ウォールから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『ピンク・フロイド ザ・ウォール』(Pink Floyd The Wall)は、1982年のイギリス映画。主演ボブ・ゲルドフ、脚本ロジャー・ウォーターズ(ピンク・フロイド)、監督アラン・パーカー。ピンク・フロイド ザ・ウォール フレッシュアイペディアより)

  • バック・イン・ブラック

    バック・イン・ブラックから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『バック・イン・ブラック』 (Back in Black) は、AC/DCの1980年発売の6作目のアルバムである。アメリカでプラチナ・ディスクを獲得した前作『地獄のハイウェイ』リリース後、ボーカルのボン・スコットが泥酔時の事故で亡くなったため、後任にブライアン・ジョンソンが加入して最初にリリースされたアルバムである。このアルバムの総売り上げは4,900万枚を超え、マイケル・ジャクソンの『スリラー』、ピンク・フロイドの『狂気』に次いで世界で3番目に売れたアルバムとなった。バック・イン・ブラック フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
293件中 1 - 10件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード