363件中 101 - 110件表示
  • サタデイ・ナイト・リスト

    サタデイ・ナイト・リストから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    プロデューサーにはピンク・フロイドやアリス・クーパーとの仕事で知られる大物プロデューサー、ボブ・エズリンが抜擢された。メンバー間の緊張状態やボーカルのチノの抱える問題(後述)により製作期間は2年近くに及ぶなどアルバムの制作は困難を極め、バンドの機能は疲弊していった。ボーカルのチノも当時について「コミュニケーション不足から、一時は解散の危機に直面していた」と認めている。特にチノとギタリストのスティーヴンとの音楽的方向性の違いから確執が発生していたが、ロサンゼルスに引っ越していたスティーヴンの元にチノも向かい、対話することで誤解やわだかまりも解けていったという。サタデイ・ナイト・リスト フレッシュアイペディアより)

  • ホロフォニクス

    ホロフォニクスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1980年代、ミラノ工科大学に在学中にスカレーリが「発明」し、1983年、英国のCBSで公開された「スカレーリ・ホロフォニクス Zuccarelli Holophonics (The Matchbox Shaker)」という録音で一躍名声を得た。これは、マッチを振る音や、ある人物が床屋を訪れる際の周囲の音、花火の音などを録音したものだが、スピーカーが二つなのに対し、あらゆる方向から音が伝わる錯覚をもたらすものである。この一連の録音は、大きなセンセーションを巻き起こし、その後数年のうちにピンク・フロイドが録音に取り入れた。ホロフォニクス フレッシュアイペディアより)

  • スーパーグラス

    スーパーグラスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    12月23日、ホットラッツのカバーアルバム『ターン・オンズ』が日本先行発売(その他の国では翌年1月に発表)。セックス・ピストルズ、デヴィッド・ボウイ、ビースティー・ボーイズ、ザ・キュアー、ピンク・フロイド、ザ・ドアーズ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、ロキシー・ミュージック、ザ・キンクス、エルヴィス・コステロ、スクイーズらのカバー曲が収録された。スーパーグラス フレッシュアイペディアより)

  • グッバイ・ブルー・スカイ

    グッバイ・ブルー・スカイから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    グッバイ・ブルー・スカイ (Goodbye Blue Sky) は、1979年に発表されたピンク・フロイドのアルバム『ザ・ウォール』の収録曲。発売当初のLPレコードでは、B面1曲目に配置されていた。グッバイ・ブルー・スカイ フレッシュアイペディアより)

  • 火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェル

    火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェルから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェル(かせいからきたくものむれとぐらまらすえんじぇる)は、フジテレビ系列で2007年9月29日深夜に放送された青春群像劇の単発テレビドラマ。劇中BGMにはデヴィッド・ボウイ、ピンク・フロイド、ジョン・レノン、10ccなど1970年代の曲が使われていた。火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェル フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴトン

    ユーゴトンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ユーゴトンは1947年に創設された。ユーゴトンからは、ユーゴスラビアのロック、ポップスを代表する多くのアーティストたちの作品を発売してきた。同レーベルからは、ビイェロ・ドゥグメ(Bijelo Dugme)、アズラ(Azra)、エレクトリチュニ・オルガザム(Električni Orgazam)、イドリ(Idoli)、ハウストル(Haustor)、プラヴィ・オルケスタル(Plavi orkestar)、レブ・イ・ソル(Leb i Sol)のアルバムや、『Paket Aranžman』などの重要なコンピレーション・アルバムが発売された。また、ユーゴトンはユーゴスラビア国外の国際的に活躍するアーティストたちの作品をユーゴスラビア国内で販売するライセンスも得ており、ビートルズ、エルヴィス・プレスリー、ローリング・ストーンズ、マドンナ、U2、デヴィッド・ボウイ、ユーリズミックス、ケイト・ブッシュ、パブリック・イメージ・リミテッド、クラフトワーク、クイーン、ディープ・パープル、ピンク・フロイド、アイアン・メイデンなどのアルバムが同レーベルから販売された。加えて、ユーゴトンはユーゴスラビア連邦全域に及ぶレコード販売網を持っていた。ユーゴトン フレッシュアイペディアより)

  • 訃報 2008年9月

    訃報 2008年9月から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    9月15日 - リチャード・ライト、イギリスのキーボーディスト、ピンク・フロイドのオリジナル・メンバー(* 1944年)訃報 2008年9月 フレッシュアイペディアより)

  • オーブリー・パウエル

    オーブリー・パウエルから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    主に音楽アルバムのアートワークを主体とし、ピンク・フロイド、レッド・ツェッペリン、ポール・マッカートニーなどのビッグネームから、デビューしたての無名なアーティストまでの多数を手掛け、1970年代に活動の最盛を迎える。しかし1980年代からミュージック・ビデオなどの映像分野が顕著になり、それに対応した映像会社「グリーンバック・フィルムズ」を設立する為、1983年にチームは解散する。しかし起業が後発であったのも影響して軌道に乗れず、会社は倒産した。オーブリー・パウエル フレッシュアイペディアより)

  • アリスター・ダーリング

    アリスター・ダーリングから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    彼の自宅はエディンバラのモーニングサイド地区にあり、『ハリー・ポッター』シリーズの作者、J・K・ローリングと同じ通りの住人でもあるピンク・フロイド、コールドプレイ、レナード・コーエンのファンでもある。。アリスター・ダーリング フレッシュアイペディアより)

  • ロバートソン・スタジアム

    ロバートソン・スタジアムから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ロバートソン・スタジアムは様々なコンサート会場でもあった。1972年、 ZZトップやドゥービー・ブラザーズ、ウィリー・ネルソンが ロバートソン・スタジアムでライブを行った。さらに1974年には、ザ・ビーチ・ボーイズ、 クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング 、オールマン・ブラザーズ・バンド らもライブを行った。他にも様々なアーティストたちがライブをロバートソン・スタジアムで行っている。ピンク・フロイドは1977年フレッシュツアーというツアー活動の一部としてのライブを行い、アリス・クーパー は1980年にライブを行った。ロバートソン・スタジアム フレッシュアイペディアより)

363件中 101 - 110件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード