363件中 121 - 130件表示
  • 光〜PERFECT LIVE!

    光〜PERFECT LIVE!から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『光〜PERFECT LIVE!』(Delicate Sound Of Thunder)は、1988年に発表されたピンク・フロイドの2枚組ライブ・アルバム。新生フロイドとして行われた初のワールド・ツアーの模様が収録されている。光〜PERFECT LIVE! フレッシュアイペディアより)

  • ナイス・ペア

    ナイス・ペアから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『ナイス・ペア』 (A Nice Pair) は、1973年に発売されたピンク・フロイドのアルバム。デビュー2作のアルバム『夜明けの口笛吹き』(1967年)と『神秘』(1968年)をカップリングしたコンピレーション・アルバムである。ナイス・ペア フレッシュアイペディアより)

  • トリスタン・ミュライユ

    トリスタン・ミュライユから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ミュライユ本人はスペクトル楽派と呼ばれることを忌み嫌い、「作品を聴いている間に耳で思い出せるオブジェ」を作曲思想の源泉とし、「ピエール・シェフェールよりもピンク・フロイドからアイデアを得ることが多かった」とのことである。トリスタン・ミュライユ フレッシュアイペディアより)

  • トラプト

    トラプトから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    当時はサウンドガーデン、ピンク・フロイド、311、メタリカなどの影響を受けていた。すぐにサイモンがバンドに加わり、地元を中心に積極的なライヴ活動をスタート、有力なTHE CACTUS CLUBのレギュラーを務めるまでになる。トラプト フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアンツ・スタジアム

    ジャイアンツ・スタジアムから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    コンサート会場としてグレイトフル・デッド、ピンク・フロイド、ローリング・ストーンズ、ビリー・ジョエル、ボン・ジョヴィなどにより使われた。とりわけ、ブルース・スプリングスティーンと関係しており、彼の1985年夏のボーン・イン・ジUSAツアーでは6公演、さらに2003年夏のザ・ライジング・ツアーでは10公演が行われた。ジャイアンツ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • ボブ・エズリン

    ボブ・エズリンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    2010年現在、40年間にわたるプロデューサーとしてのキャリアの中で、アリス・クーパー、キッス、ピンク・フロイド、ルー・リード、ハノイ・ロックス、ロバータ・フラック、ピーター・ガブリエル、ドクター・ジョン、ニルス・ロフグレン、カンサス、ロッド・スチュワート、ベルリン、ナイン・インチ・ネイルズ、ジュリアン・レノンなど、数多くのアーティストの作品を手掛けた。ボブ・エズリン フレッシュアイペディアより)

  • クロアチア・レコーズ

    クロアチア・レコーズから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    クロアチア・レコーズの前身にあたるユーゴトンは1947年に、ユーゴスラビアの構成国・クロアチア社会主義共和国の首都であるザグレブで、音楽レコードの製作およびユーゴスラビア国内の販売網を運営する公有企業として創設された。その後数十年に渡ってユーゴトンはユーゴスラビアで最大のレコード会社として成功を収め、アズラ(Azra)、ビイェロ・ドゥグメ(Bijelo Dugme)、エレクトリチュニ・オルガザム(Električni Orgazam)、ハウストル(Haustor)、イドリ(Idoli)、レブ・イ・ソル(Leb i Solなどのユーゴスラビアの著名なアーティストらと契約した他、エルヴィス・プレスリー、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、マドンナ、U2、デヴィッド・ボウイ、クイーン、ディープ・パープル、ピンク・フロイド、アイアン・メイデン、クラフトワークなどの国外の音楽作品を国内での販売権を得て発売していた。会社はユーゴスラビア全土に自前のレコード販売網を持っていた。ユーロビジョン・ソング・コンテストのユーゴスラビア代表のアーティストたちの多くがユーゴトン所属であり、1989年大会で優勝したリヴァもユーゴトンと契約を結んでいた。クロアチア・レコーズ フレッシュアイペディアより)

  • レッドシューズ

    レッドシューズから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    オープン当時からミュージシャンや様々なクリエイターの間で話題になり、日本におけるカフェバーブームの一端を担った。ローリング・ストーンズ、デヴィッド・ボウイ、ピンク・フロイド、ブライアン・フェリー、ザ・クラッシュ、ラモーンズ、ジミー・ペイジ、オノヨーコなど世界中からミュージシャンが訪れた。レッドシューズ フレッシュアイペディアより)

  • ドゥーン城

    ドゥーン城から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    当時パイソンズ・チームは、騎士の乗る馬すら調達できなかったほどの資金難だったが、作品はレッド・ツェッペリン、ピンク・フロイドなどの資金提供を受けて制作され、その後アメリカで大ヒットした。映画批評サイト Rotten Tomatoes で97%との高評価を得ているほか、2015年には英国で公開から40周年を記念したリバイバル上映が行われるなど、現在でも高い人気を誇っている。ドゥーン城 フレッシュアイペディアより)

  • ミレク・トポラーネク

    ミレク・トポラーネクから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    トポラーネクは妻で政治家のパヴラ・トポラーンコヴァとは別居している。間に二男一女、また2人の孫がいる。趣味はテニス、ゴルフ、ラリードライビング。また読書家でもあり、スタインベック、ヘミングウェイ、クンデラを愛読する。尊敬する政治家にはウィンストン・チャーチル、マーガレット・サッチャー、ホセ・マリア・アスナールらがおり、また音楽ではチェコのフォーク歌手ヤロミール・ノハヴィツァやピンク・フロイドを好む。ミレク・トポラーネク フレッシュアイペディアより)

363件中 121 - 130件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード