363件中 131 - 140件表示
  • リッチー・ホゥティン

    リッチー・ホゥティンから見たピンクフロイドピンク・フロイド

    1968年6月4日、イギリス、オックスフォードシャーのバンベリーに、ピンクフロイドやクラフトワーク、タンジェリン・ドリームを愛するロボット工学技師の父ミック・ホゥティンと、母ブレンダ・ホゥティンの長男として生まれる。リッチー・ホゥティン フレッシュアイペディアより)

  • コモンウェルス・スタジアム (エドモントン)

    コモンウェルス・スタジアム (エドモントン)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    また、コンサート会場として用いられることもあり、U2、ピンク・フロイド、ローリング・ストーンズなどのアーティストらがライブを行った。コモンウェルス・スタジアム (エドモントン) フレッシュアイペディアより)

  • エコーズ (ピンク・フロイドの曲)

    エコーズ (ピンク・フロイドの曲)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    「エコーズ」(Echoes)とは、1971年にイギリスのロックバンド、ピンク・フロイドが発表した曲。同年発表のアルバム『おせっかい』に収録。23分30秒に亘る大曲であり、発売当時レコードのB面を丸々占めていた。作詞作曲:ロジャー・ウォーターズ・リチャード・ライト・ニック・メイスン・デヴィッド・ギルモア。エコーズ (ピンク・フロイドの曲) フレッシュアイペディアより)

  • アンビエント・ハウス

    アンビエント・ハウスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アンビエント・ハウスの始まりは1980年代の終わり、ハウスとレイブの爆発的なブームの中で生まれた。レイブやクラビングの後の早朝に、レイブで高揚し疲労したクラバー(レイヴァー)の興奮を沈め、肉体と精神を癒してリラックスさせるために聞く音楽の需要が生まれた。アンビエント・ハウスを一躍メジャーにした最初のアーティストはジ・オーブ(オーブ)である。彼らはブライアン・イーノやスティーヴ・ライヒなどの環境音楽や実験音楽、そしてピンク・フロイドのようなプログレッシブ・ロックの影響を受けつつ、それらをとハウスを融合させたまったく新しい音楽を作り出した。その後KLFなどのヒットも続き、単にクラビング後のカーム・ダウン音楽としての機能だけではなく、それ自体として独立したジャンルとして成立するようになった。アンビエント・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • ブリンク 182

    ブリンク 182から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    2005年2月24日に無期限の活動停止を発表。活動停止を発表後、マーク・ホッパスはプロデューサーとしても活躍しつつ、2005年にドラムのトラヴィス・バーカーと共に結成した4人組の新バンド+44でアルバム『When Your Heart Stops Beating』をリリースし、全米で初登場2位を獲得した。同アルバムはブリンク 182の延長上にあり、エレクトロニック、R&Bなどの要素がより一層強い。トム・デロングは元オフスプリングのドラマー、アトム・ウィラードと新バンドエンジェルズ・アンド・エアウェーブズを結成、デビュー・アルバム『We Don’t Need To Whisper』、セカンドアルバム『I-Empire』をリリース。ローリング・ストーン誌で報じられたようにU2やピンク・フロイドに類似しているとの意見がある。ブリンク 182 フレッシュアイペディアより)

  • レンチ (バンド)

    レンチ (バンド)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1992年7月、前身となるバンド「FIGHT FOR YOUR RIGHT」を結成。1994年4月に現バンド名に改名、9月にはインディー・レーベルZK Recordsからファースト・ミニアルバム『WRENCH』を発表。ファースト・アルバム『Black Holiday』(1996年)からの限定盤シングル『空』には、ケン・イシイ、DJ Tsutchie(SHAKKAZOMBIE)によるリミックスが収録されている。メロコアをはじめとするラウド・ミュージック・ブームの初期にあたり、ハードコア、ミクスチャー・ロックとして売られたが、ピンク・フロイドやフランク・ザッパをカバーするなど1970年代のプログレッシブ・ロックやハードロックからの影響も色濃い。1998年には、Hi-STANDARDのラウド・ロック・イベントAir Jam98(東京・豊洲ベイサイドスクエア)にも出演した。レンチ (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • ビトウィーン・ザ・ベリード・アンド・ミー

    ビトウィーン・ザ・ベリード・アンド・ミーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    2006年7月、BTBAMのメンバーが影響を受けたアーティストたちの作品を演奏したカバーアルバム"The Anatomy Of"をリリース。彼らがこのアルバムでカバーしたアーティストとしてはメタリカ、キング・クリムゾン、パンテラ、ピンク・フロイド、サウンドガーデン、スマッシング・パンプキンズ等多岐のジャンルにわたる。ビトウィーン・ザ・ベリード・アンド・ミー フレッシュアイペディアより)

  • プログレッシブ・メタル

    プログレッシブ・メタルから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、ジェネシス、イエスなどのプログレッシブ・ロック勢と、アイアン・メイデン、ジューダス・プリースト、メタリカなどのハード・ロック/ヘヴィメタル勢の双方から影響を受けてきたミュージシャン達が、1980年代後半になって本格的な音楽活動を始めたところに起因する。プログレッシブ・メタル フレッシュアイペディアより)

  • リェーナ・カーチナ

    リェーナ・カーチナから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    2006年の Telehit のインタビューで、子供時代にレッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ピンク・フロイドのファンであったと語っている。リェーナ・カーチナ フレッシュアイペディアより)

  • マネー (ピンク・フロイドの曲)

    マネー (ピンク・フロイドの曲)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    マネー(Money)は、イギリスのプログレッシブ・ロック・バンド、ピンク・フロイドの楽曲。1973年に発表されたアルバム『狂気』のB面冒頭に収録され、シングル・カットもされた。作詞・作曲はロジャー・ウォーターズ。マネー (ピンク・フロイドの曲) フレッシュアイペディアより)

363件中 131 - 140件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード