363件中 11 - 20件表示
  • シド・バレット

    シド・バレットから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    シド・バレット(Syd Barrett、1946年1月6日 - 2006年7月7日)は、イギリスのミュージシャン。プログレッシブ・ロック・バンド、ピンク・フロイドの初期の中心メンバー(ヴォーカリスト兼ギタリスト)であったことで知られる。本名はロジャー・キース・バレット(Roger Keith Barrett)。シド・バレット フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド ザ・ウォール

    ピンク・フロイド ザ・ウォールから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『ピンク・フロイド ザ・ウォール』(Pink Floyd The Wall)は、1982年のイギリス映画。主演ボブ・ゲルドフ、脚本ロジャー・ウォーターズ(ピンク・フロイド)、監督アラン・パーカー。ピンク・フロイド ザ・ウォール フレッシュアイペディアより)

  • バック・トゥ・ジ・エッグ

    バック・トゥ・ジ・エッグから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    プロデューサーには、ピンク・フロイドやエルトン・ジョンなどを手がけたクリス・トーマスを起用。バック・トゥ・ジ・エッグ フレッシュアイペディアより)

  • 渋沢葉

    渋沢葉から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    音楽好きの両親のおかげで、ずっと音楽の流れる家庭に育った。胎教音楽はエリック・サティとブライアン・イーノで、幼少期より両親の影響でビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、レッドツェッペリン、ピンク・フロイドなどの60-70年代のロックを聴いて育ち、その後はポーティスヘッド、マッシヴ・アタックなどのトリップホップ/ブリストルサウンドやレディオヘッドをはじめとするポップで耽美的なポスト・ロックやオルタナティヴ・ロックに影響を受けるようになった。渋沢葉 フレッシュアイペディアより)

  • ポーキュパイン・トゥリー

    ポーキュパイン・トゥリーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1990年代の新しいサイケ/プログレ・スタイルとして注目され、その陰鬱なサウンドが第二の「ピンク・フロイド」と評価された。後年はプログレッシブ・メタルに接近し、音楽性を進化させている。ポーキュパイン・トゥリー フレッシュアイペディアより)

  • バタシー発電所のポップ・カルチャー利用

    バタシー発電所のポップ・カルチャー利用から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    バタシー発電所に関する本を出版したピーター・ワッツ()は、発電所が世界中に知られるきっかけとして、ピンク・フロイドが1977年に発売したアルバム『アニマルズ』を挙げている。長年ピンク・フロイドと共同制作していたデザイン・スタジオ、ヒプノシスが手掛けたアルバムのジャケット写真は、1976年12月初旬に、アルギー()と名付けられたブタ形のゴム風船を、発電所の真上に浮かばせて撮影された。この風船はドイツのバローン・ファブリーク()製で、オーストラリアの芸術家がデザインした。もの巨大なブタは、発電所南側の煙突2本の間へ浮かべられた。撮影中、括り付けが緩かったために、このブタ形風船は漂流して、ヒースロー空港の飛行経路へ迷い込んでしまった。警察のヘリコプターを用いて捜索したところ、風船はケント州に着地しているのが発見された。この時ビデオ撮影された一場面は、楽曲『』のプロモーション・ビデオで使われている。アルバムは、発電所で1977年1月に行われたイベントで正式に売り出された。バタシー発電所のポップ・カルチャー利用 フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハーパー

    ロイ・ハーパーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    意外にも、元セックス・ピストルズのジョニー・ロットン(ジョン・ライドン)は、ハーパーのファンである。その他にも、ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)、ポール・マッカートニー(ビートルズ)、デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)、ケイト・ブッシュなど、ジャンルを問わず様々なアーティストに多大な影響を与えてきた。レコードの売上はそれほどではないものの、ミュージシャンの間では高い人気と評価を得ている。独特の作風とマニアックな音楽性で、“孤高のフォーク・シンガー”とされている。ロイ・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • ヴォイヴォド (バンド)

    ヴォイヴォド (バンド)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1993年にはベース不在のまま、7thアルバム『The Outer Limits』をリリース。前2作のサイケデリック路線とストレートなハードロック曲を融合させつつもピンク・フロイド、キング・クリムゾンやラッシュの影響をストレートに表現した。ヴォイヴォド (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞

    クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    リイシュー・オブ・ザ・イヤー:ピンク・フロイド『Immersion』クラシック・ロック・ロール・オブ・オナーズ賞 フレッシュアイペディアより)

  • ワイヤー (バンド)

    ワイヤー (バンド)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ピンク・フロイドがかつて所属した、EMI傘下のハーヴェスト・レコードと契約し、マイク・ソーンのプロデュースで1977年から1979年にかけて、『ピンク・フラッグ』『チェアーズ・ミッシング(旧邦題:消えた椅子)』『154』の3枚のアルバムをリリースした。『ピンク・フラッグ』は1分未満の楽曲も多い、荒削りなパンク・ロック・アルバムだったが、『チェアーズ・ミッシング』『154』ではシンセサイザーやギターエフェクトを多用した、より複雑でアトモスフェリックなサウンドになった。パンクバンドとしては異色で、「初期のピンク・フロイドを思わせる」と評された。初期の彼らのキャッチフレーズは「ロックでなければなんでもいい」というもので、ロンドン・パンクにおける名台詞のひとつとされている。彼らのアルバムは大手レーベルからリリースされたこともあって、海を超えてアメリカのオルタナティヴ・ロックに大きな影響を与えた。ワイヤー (バンド) フレッシュアイペディアより)

363件中 11 - 20件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード