293件中 11 - 20件表示
  • ヴォイヴォド (バンド)

    ヴォイヴォド (バンド)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1993年にはベース不在のまま、7thアルバム『The Outer Limits』をリリース。前2作のサイケデリック路線とストレートなハードロック曲を融合させつつもピンク・フロイド、キング・クリムゾンやラッシュの影響をストレートに表現した。ヴォイヴォド (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 渋沢葉

    渋沢葉から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    音楽好きの両親のおかげで、ずっと音楽の流れる家庭に育った。胎教音楽はエリック・サティとブライアン・イーノで、幼少期より両親の影響でビートルズ、ジミ・ヘンドリックス、レッドツェッペリン、ピンク・フロイドなどの60-70年代のロックを聴いて育ち、その後はポーティスヘッド、マッシヴ・アタックなどのトリップホップ/ブリストルサウンドやレディオヘッドをはじめとするポップで耽美的なポスト・ロックやオルタナティヴ・ロックに影響を受けるようになった。渋沢葉 フレッシュアイペディアより)

  • P.U.L.S.E

    P.U.L.S.Eから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『 P?U?L?S?E 』(パルス)は、1995年に発表されたピンク・フロイドの2枚組のライブ・アルバム。P.U.L.S.E フレッシュアイペディアより)

  • 鬱 (アルバム)

    鬱 (アルバム)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『鬱』(うつ)(A Momentary Lapse of Reason) は、1987年に発表されたピンク・フロイドのアルバム。ロジャー・ウォーターズ脱退とバンド再始動をめぐる裁判を経て発売された。新生フロイドの第一弾アルバムとして、大きな注目を集めた作品である。邦題表記は2011年リマスター盤から『モメンタリー・ラプス・オブ・リーズン』に変更された。原題の意味は「一瞬の理性喪失」。鬱 (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ムーディー・ブルース

    ムーディー・ブルースから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    その後は、1967年『Days Of Future Passed』、1968年『In Search Of The Lost Chord(失われたコードを求めて)』、1969年『On The Threshold Of A Dream(夢幻)』、1971年『Every Good Boy Deserves Favour(童夢)』といったほとんどのアルバムが英米で大ヒットを記録。ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、イエス、EL&P、ジェネシス等と共に1960?70年代のプログレッシブ・ロック・ムーブメントを支えた。かつてジミー・ペイジは「本当にプログレッシブなバンドは、ピンク・フロイドとムーディー・ブルースだけだ」と語っていた。ムーディー・ブルース フレッシュアイペディアより)

  • トニー・レヴィン

    トニー・レヴィンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    80年代後半は、ピーター・ガブリエルやアンダーソン・ブラッフォード・ウェイクマン・ハウ、ピンク・フロイド、デヴィッド・トーンを初め様々なミュージシャンとの共演で、その人気を不動のものにした。また、プログレ関係バンドとの共演が多い為に、エマーソン・レイク・アンド・パーマーからグレッグ・レイクが脱退した際に、後任に彼が頭文字 "L" のベース奏者としてELPに参加するのではないかという憶測話までも囁かれたことがある。トニー・レヴィン フレッシュアイペディアより)

  • 桑田佳祐のやさしい夜遊び

    桑田佳祐のやさしい夜遊びから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    オープニングテーマに使用されているピンク・フロイドの『原子心母』が流れる中、桑田が季節の話題を述べた後、「こんばんは。土曜の夜の○○、桑田『△△』佳祐です」と語るオープニングで始まる(○○と△△には毎回違った言葉が入るが、ここ最近は今週起きた出来事が大半だったが、以前は大抵がエッチなことを連想させる言葉が多かった。1997年以前は「△△」の部分は存在していなかった)。桑田佳祐のやさしい夜遊び フレッシュアイペディアより)

  • ロック (音楽)

    ロック (音楽)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    実験的なサウンド作りという手法は次第に他のアーティストにも波及していった。中でも、音楽によって大麻やヘロインなどといったドラッグで起きるトリップ体験を表現するムーブメントが起こった。その幻惑的なサウンドはサイケデリック・ロックと呼ばれた。ドアーズ、初期ピンク・フロイド、ジェファーソン・エアプレイン、グレイトフル・デッドなどが代表格として知られる。これらもテープエコーやチェンバーなどといったエフェクターが鍵だった。楽器では、シタールを用いることが多かった。ロック (音楽) フレッシュアイペディアより)

  • ハモンドオルガン

    ハモンドオルガンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ポピュラー音楽での使用頻度増加に伴い、1960年代初めごろにはトランジスター回路でハモンドオルガンの音を模倣した「コンボオルガン」が多くのメーカーから発売されるようになった。代表的なものはVOX社製とファルフィッサ社製である。機構が比較的単純なためにハモンドオルガンよりコンパクトで軽く、安価であったためアマチュアバンドに広く利用された後、ドアーズ、ビートルズ、アニマルズ、ピンク・フロイドなどプロのバンドにもよく使われるようになり、1960年代後半のサイケデリック・ロックの特徴の一つともなった。音色自体はハモンドオルガンには全く似ていないチープなものであるが、これが独自の個性を確立し、現在まで評価されている。ハモンドオルガン フレッシュアイペディアより)

  • シド・バレット

    シド・バレットから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    シド・バレット(Syd Barrett、1946年1月6日 - 2006年7月7日)は、イギリスのミュージシャン。プログレッシブ・ロック・バンド、ピンク・フロイドの初期の中心メンバー(ヴォーカリスト兼ギタリスト)であったことで知られる。本名はロジャー・キース・バレット(Roger Keith Barrett)。シド・バレット フレッシュアイペディアより)

293件中 11 - 20件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード