293件中 21 - 30件表示
  • レディオヘッド

    レディオヘッドから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    レディオヘッドのメンバーは、ジョイ・ディヴィジョンやマガジン、ザ・スミス、トーキング・ヘッズ、ザ・フォール、ジャパン、U2といったポストパンクや、ピクシーズやR.E.M.やソニック・ユースといったオルタナティヴ・ロックに早くから影響を受けてきた。また、トムは小学生の頃にはクイーンなどを好み、エルヴィス・コステロなども聞いていた。1990年代半ばにはマッシヴ・アタックやDJシャドウなどのエレクトロヒップホップからの影響をうかがわせ、それらは『OK コンピューター』に顕著である。他に『OK コンピューター』にはマイルス・デイヴィス、エンニオ・モリコーネなどや、ビートルズやビーチ・ボーイズ、ピンク・フロイドなどからの参照が見受けれ、メンバーもそれを公言している。レディオヘッド フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ボウイ

    デヴィッド・ボウイから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    シド・バレット(ピンク・フロイド)- 憧れの存在、ボウイは彼のファンを公言デヴィッド・ボウイ フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ギルモア

    デヴィッド・ギルモアから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1968年にピンク・フロイドに正式メンバーとして加入。バンドを支えるギタープレイやヴォーカルで活躍する。他メンバーより2歳年下であるが、元メンバーのシド・バレットとは同い年で、学生時代からの知り合いである。身長183cm。デヴィッド・ギルモア フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンドは砕けない

    ダイヤモンドは砕けないから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    虹村形兆に矢で射抜かれたことで発現したスタンド。当初卵の状態で出現し、玉美との戦いで殻を破って誕生した。康一の精神的成長に合わせて脱皮するように進化していく(「ACT2」の登場後は、初期のエコーズは「ACT1」と命名された)。進化直後は進化前の姿・能力を使用できず狼狽する場面もあったが、後に進化前・進化後のエコーズの姿・能力を任意で使い分けている。スタンド名の由来はイギリスのバンドピンク・フロイドの楽曲「エコーズ」。ダイヤモンドは砕けない フレッシュアイペディアより)

  • コンフォタブリー・ナム

    コンフォタブリー・ナムから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    コンフォタブリー・ナム通称「ザ・ドクター」(Comfortably Numb)は、1979年に発表されたピンク・フロイドのアルバム『ザ・ウォール』の収録曲。作詞はロジャー・ウォーターズ、作曲はデヴィッド・ギルモア。コンフォタブリー・ナム フレッシュアイペディアより)

  • ロイ・ハーパー

    ロイ・ハーパーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    セックス・ピストルズのジョニー・ロットンのアイドルとしても有名である。その他にも、ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)、ポール・マッカートニー(ビートルズ)、デヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)、ケイト・ブッシュらに影響を与えてきた。レコードの売上はそれほどではないものの、ミュージシャンの間では高い人気と評価を得ている。独特の作風とマニアックな音楽性で、“孤高の存在”として君臨している。ロイ・ハーパー フレッシュアイペディアより)

  • 夜明けの口笛吹き (ゲーム)

    夜明けの口笛吹き (ゲーム)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『夜明けの口笛吹き』(よあけのくちぶえふき)はRPGツクール2000製のロールプレイングゲーム。2002年に未完成のバージョンが、2003年には完全版が、それぞれ2ちゃんねるラウンジ板の「おまえらRPGツクールでゲーム作れってスレ」で発表された。タイトルはピンク・フロイドの1stアルバム『The Piper at the Gates of Dawn』の邦題から。夜明けの口笛吹き (ゲーム) フレッシュアイペディアより)

  • Pink Floyd

    Pink Floydから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    Pink Floyd フレッシュアイペディアより)

  • Dark Side Of The Moon (ドリーム・シアターのアルバム)

    Dark Side Of The Moon (ドリーム・シアターのアルバム)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ピンク・フロイドのアルバム『狂気』を再現したライブを収録したアルバム。Dark Side Of The Moon (ドリーム・シアターのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・エイフマン

    ボリス・エイフマンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    使用する音楽はロシアの作曲家のほか、バッハ、ブラームス、マーラー、ドニゼッティ、ロッシーニなど多岐に及ぶ。クラシック以外ではピンク・フロイドの楽曲を使用したものもある。ボリス・エイフマン フレッシュアイペディアより)

293件中 21 - 30件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード