293件中 31 - 40件表示
  • GOLD CD

    GOLD CDから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    海外ではピンク・フロイドなどが初期に発売し、最近でもディープ・パープルなどがGOLD CD仕様でCDを発売している。GOLD CD フレッシュアイペディアより)

  • 福田眞純

    福田眞純から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ロックにのめり込んだきっかけは、小学生の時にビートルズの音楽を聴いたということで、中学生の時にはギターを弾きながらT・レックスの真似をしたり、ピンク・フロイドやクリームのような雰囲気の曲を作曲し、高校生の時にはバンド少年としての自分が出来上がっていたという。福田眞純 フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ロバーツ

    デヴィッド・ロバーツから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    米国のボストンに生まれる。カナダ人であり、カナダのトロントで青春時代を過ごした。幼少期はビートルズやビーチ・ボーイズに親しみ、ハイスクール時代にはバンドでボーカルも執るようになる。この頃、クロスビー、スティルス&ナッシュや、スティーリー・ダン、エルトン・ジョン、トッド・ランニー・トービンを愛聴し、影響を受けたという。その後、アートスクール時代はピンク・フロイド、ジェネシス等を聴きながらも音楽を離れ、一時アニメの世界を志したこともあったが、間もなく音楽活動を再開。19歳のとき、とあるコンテストに送ったデモ・テープが最優秀賞に輝き、このことが遠因となってワーナーと契約することとなった。デヴィッド・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

  • ピンクフロイド

    ピンクフロイドから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ピンクフロイド フレッシュアイペディアより)

  • 火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェル

    火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェルから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェル(かせいからきたくものむれとぐらまらすえんじぇる)は、フジテレビ系列で2007年9月29日深夜に放送された青春群像劇の単発テレビドラマ。劇中BGMにはデヴィッド・ボウイ、ピンク・フロイド、ジョン・レノン、10ccなど1970年代の曲が使われていた。火星から来た蜘蛛の群れとグラマラスエンジェル フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ギルモア (アルバム)

    デヴィッド・ギルモア (アルバム)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『デヴィッド・ギルモア』(『David Gilmour』)は、ピンク・フロイドのギタリストであるデヴィッド・ギルモアが1978年に発表したソロ・アルバム。全英17位、全米29位を記録。デヴィッド・ギルモア (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴトン

    ユーゴトンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ユーゴトンは1947年に創設された。ユーゴトンからは、ユーゴスラビアのロック、ポップスを代表する多くのアーティストたちの作品を発売してきた。同レーベルからは、ビイェロ・ドゥグメ(Bijelo Dugme)、アズラ(Azra)、エレクトリチュニ・オルガザム(Električni Orgazam)、イドリ(Idoli)、ハウストル(Haustor)、プラヴィ・オルケスタル(Plavi orkestar)、レブ・イ・ソル(Leb i Sol)のアルバムや、『Paket Aranžman』などの重要なコンピレーション・アルバムが発売された。また、ユーゴトンはユーゴスラビア国外の国際的に活躍するアーティストたちの作品をユーゴスラビア国内で販売するライセンスも得ており、ビートルズ、エルヴィス・プレスリー、ローリング・ストーンズ、マドンナ、U2、デヴィッド・ボウイ、ユーリズミックス、ケイト・ブッシュ、パブリック・イメージ・リミテッド、クラフトワーク、クイーン、ディープ・パープル、ピンク・フロイド、アイアン・メイデンなどのアルバムが同レーベルから販売された。加えて、ユーゴトンはユーゴスラビア連邦全域に及ぶレコード販売網を持っていた。ユーゴトン フレッシュアイペディアより)

  • ザ・トライアル

    ザ・トライアルから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ザ・トライアル(The Trial)は、ピンク・フロイドの楽曲。1979年発表のアルバム『ザ・ウォール』に収録されている。ザ・トライアル フレッシュアイペディアより)

  • プログレ板

    プログレ板から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    名無しの由来はピンク・フロイドの代表曲である「あなたがここにいてほしい」から。板の看板はソフト・マシーンのアルバム「6」のジャケットのパロディである。2006年7月に元ピンク・フロイドのリーダーであったシド・バレットが死去した際には追悼としてシドの写真をあしらった物に代えられた。プログレ板 フレッシュアイペディアより)

  • アーカム (バンド)

    アーカム (バンド)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アラン・ピエール、ミシェル・ロヴィーヴ、ディノ・レオナルディ、パトリック・コノー、ダニエル・ドゥニでナイヴス・アンド・アクシズを結成。ドアーズ、ピンク・フロイド、ジミ・ヘンドリックス、クリーム等のカヴァーを演奏していた。アーカム (バンド) フレッシュアイペディアより)

293件中 31 - 40件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード