363件中 31 - 40件表示
  • ケイト・ブッシュ

    ケイト・ブッシュから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ピンク・フロイド」のギタリスト デヴィッド・ギルモアに見出されレコード・デビュー。それ以前に自分で売り込んだ際には、レコード会社から見向きもされなかった。ケイト・ブッシュ フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤政則

    伊藤政則から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    岩手県花巻市出身。少年時代からラジオファンであり、またロックファンであったが、1970年、『斉藤安弘のオールナイトニッポン』の1曲目にディープ・パープルの『ブラック・ナイト』がオンエアされた時の衝撃によって、よりロックにのめり込んでいったという。1971年夏に行われたピンク・フロイドの箱根での初来日野外ライブが初のロック・コンサート体験。また中学時代は吹奏楽部でトロンボーンを担当した。伊藤政則 フレッシュアイペディアより)

  • ハモンドオルガン

    ハモンドオルガンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ポピュラー音楽での使用頻度増加に伴い、1960年代初めごろにはトランジスター回路でハモンドオルガンの音を模倣した「コンボオルガン」が多くのメーカーから発売されるようになった。代表的なものはVOX社製とファルフィッサ社製である。機構が比較的単純なためにハモンドオルガンよりコンパクトで軽く、安価であったためアマチュアバンドに広く利用された後、ドアーズ、ビートルズ、アニマルズ、ピンク・フロイドなどプロのバンドにもよく使われるようになり、1960年代後半のサイケデリック・ロックの特徴の一つともなった。音色自体はハモンドオルガンには全く似ていないチープなものであるが、これが独自の個性を確立し、現在まで評価されている。ハモンドオルガン フレッシュアイペディアより)

  • ダイヤモンドは砕けない

    ダイヤモンドは砕けないから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    スタンド名の由来はイギリスのバンドピンク・フロイドの楽曲「エコーズ」。ダイヤモンドは砕けない フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ボウイ

    デヴィッド・ボウイから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    シド・バレット(ピンク・フロイド)- 憧れの存在、ボウイは彼のファンを公言。デヴィッド・ボウイ フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・ライト (音楽家)

    リチャード・ライト (音楽家)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ロックバンド「ピンク・フロイド」の元キーボーディスト。リチャード・ライト (音楽家) フレッシュアイペディアより)

  • 小室哲哉

    小室哲哉から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    早稲田実業学校高等部商業科に入学。小室の作曲テクニックにクラスメイトが憧れる余り、クラスメイトの半数以上の作曲の宿題を肩代わりさせられた。音楽担任は小室が卒業するまで気づかなかったという。この頃からELP・ピンク・フロイド・レッド・ツェッペリン・キング・クリムゾン・T.Rex・ユーライア・ヒープ・コモドアーズ・Kool & the Gang・Earth, Wind & Fire・ドナ・サマー・ディープ・パープル・Yes等の洋楽をプログレッシブ・ロック・ファンクを中心に漁るように聞いた。その中でも影響を受けたミュージシャンとして、キース・エマーソン・リック・ウェイクマン・ジョン・ロード・キース・ジャレット・ジョー・サンプル・デイヴ・グルーシン等のジャズ畑のピアニストを挙げ、特にキース・エマーソン・キース・ジャレットに関しては、即興演奏中心でプレイする姿勢に感銘を受けている。小室哲哉 フレッシュアイペディアより)

  • Pink Floyd

    Pink Floydから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    Pink Floyd フレッシュアイペディアより)

  • ピンクフロイド

    ピンクフロイドから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ピンクフロイド フレッシュアイペディアより)

  • プログレ板

    プログレ板から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    名無しの由来はピンク・フロイドの代表曲である「あなたがここにいてほしい」から。板の看板はソフト・マシーンのアルバム「6」のジャケットのパロディである。2006年7月に元ピンク・フロイドのリーダーであったシド・バレットが死去した際には追悼としてシドの写真をあしらった物に代えられた。プログレ板 フレッシュアイペディアより)

363件中 31 - 40件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード