293件中 51 - 60件表示
  • ジャック・ルーシェ

    ジャック・ルーシェから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1978年に、トリオは解散。ルーシュはプロヴァンスに自分のレコーディング・スタジオを立ち上げ、アコースティック楽器・電子楽器のための作曲を続けた。さらに、ピンク・フロイド、エルトン・ジョン、スティング、イエスと共演した。ジャック・ルーシェ フレッシュアイペディアより)

  • ピンナップス

    ピンナップスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    全曲とも1960年代の作品のカヴァー。殆どは英国のバンドの曲だが、B1のオリジナルのイージービーツのみオーストラリアのバンド。内訳はプリティ・シングス(A1、B3)、ゼム(A2)、ヤードバーズ(A3、B4)、ピンク・フロイド(A4)、モージョズ(A5)、ザ・フー(A6、B5)、イージービーツ(B1)、マージーズ(B2)、キンクス(B6)。ピンナップス フレッシュアイペディアより)

  • マイク・ミラード

    マイク・ミラードから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    マイク・ミラード (Mike Millard) は、アメリカ合衆国で1970年代から1980年代にかけて活動したテーパー。「マイク・ザ・マイク (Mike The Mike)」の愛称で呼ばれ、カリフォルニア州ロサンゼルスのLAフォーラムで行われたレッド・ツェッペリンやピンク・フロイド、ローリング・ストーンズのコンサート録音テープが有名である。マイク・ミラード フレッシュアイペディアより)

  • ノース・ハーバー・スタジアム

    ノース・ハーバー・スタジアムから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    近年では、ロジャー・ウォーターズ、ルチアーノ・パヴァロッティ、ピンク・フロイドなどのコンサート会場として使用された。ノース・ハーバー・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 狂気のプロフィール

    狂気のプロフィールから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『狂気のプロフィール』(『About Face』)は、ピンク・フロイドのギタリスト/ヴォーカリストのデヴィッド・ギルモアが1984年に発表したソロ・アルバム。全英29位、全米32位を記録した。狂気のプロフィール フレッシュアイペディアより)

  • リトル・キックス

    リトル・キックスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『リトル・キックス』は2000年に発売されたマンサンのサード・アルバムである。全英12位。ピンク・フロイドのギタリストであるデヴィッド・ギルモアが所有するアストリア・スタジオにてレコーディングが行なわれた。なお、ポールは今回のアルバムではプロデューサー業に関わっていない。リトル・キックス フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・ホイール

    キャサリン・ホイールから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    キャサリン・ホイール(Catherine Wheel)はイギリスのロックバンド。1990年にロブとブライアンを中心にイングランド極東部の港町グレート・ヤーマスで結成され、1992年にアルバム『Ferment』でデビューを飾る。バンドは当時のイギリスで隆盛だったシューゲイザーに分類されるが、バンド自身はラッシュやブラック・サバス、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン(セカンドアルバム『Chrome』にギタリストであるロバート・フリップの名前を冠したFrippという曲が収録されている)といった'70年代のHR/HMやプログレッシブ・ロック、当時アメリカを席巻していたグランジ、ジョイ・ディヴィジョンやザ・サイケデリック・ファーズなどのポストパンク?ニューウェーヴ、ハウス・オブ・ラヴやエコー&ザ・バニーメンなどのネオ・サイケまで様々な影響を受けており、他のシューゲイザーバンドとは一線を画す表情豊かなサウンドを提示した。1993年にセカンドアルバム『Chrome』、1995年にサードアルバム『Happy Days』を発表し、この2作でよりグランジ、HR/HMシーンに接近。イギリス本国よりもアメリカで熱烈な支持を受ける。4枚目のアルバムとなる1997年発表の『Adam and Eve』ではピンク・フロイドの『炎〜あなたがここにいてほしい』やトーク・トークの『スピリット・オブ・エデン』といったアルバムからのインスピレーションが垣間見える、前2作とは異なる叙情的なロックを展開。2000年発表の「The Catherine Wheel」名義でリリースされた5枚目のアルバム『Wishville』で以前のハードロック・グランジ路線に回帰したが、アルバム売り上げの低迷を受けバンドは解散している。キャサリン・ホイール フレッシュアイペディアより)

  • ゲイ・ダッド

    ゲイ・ダッドから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ボーカル・ギター担当のクリフ・ジョーンズは、かつて『ローリング・ストーン』などの記事を執筆するジャーナリストとして活動しており、1996年にはピンク・フロイドの全曲解説本「Another Brick in the Wall: The Stories Behind Every Pink Floyd Song」を執筆している。またドラムス担当のニコラス・バズ・クロウは出版社勤務、ベース担当のナイジェル・ホイルは元医大生、キーボード担当のジェームズ・リズボロはマルクス主義者の元建築家、ギター担当のチャーリー・ストーンは、UKバンドSaladのメンバーだった。ゲイ・ダッド フレッシュアイペディアより)

  • 成毛滋

    成毛滋から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    本格的に活動を開始したストロベリー・パスは、ライブ活動と並行してアルバムの制作を行い、1971年6月25日に「大鳥が地球にやってきた日」をリリース。このとき成毛は左手でギター、右手でキーボード、足でキーボードのフットペダルを使いベースラインを弾いていた。また、ピンク・フロイド初来日となった伝説のイベントである「箱根アフロディーテ」にも日本勢としてモップスらとともに出演。その際に臨時のベーシストとして迎えたのが当時17歳であった高中正義である。そのステージの1ヵ月後、その高中が正式に加入し、フライド・エッグへと発展。成毛滋 フレッシュアイペディアより)

  • 流水凜子

    流水凜子から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ブリティッシュ・ロックが好きで、特に元ピンク・フロイドのロジャー・ウォーターズについては「殴り倒されたい」と言う程の熱狂的ファン。ライブに足を運んだ様子が漫画として単行本に記載されている。流水凜子 フレッシュアイペディアより)

293件中 51 - 60件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード