363件中 51 - 60件表示
  • 連作歌曲

    連作歌曲から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ポピュラー音楽では、ザ・フーやビートルズ、ピンク・フロイド、シカゴ、エルヴィス・コステロらのように、組曲や連作歌曲を意識したコンセプト・アルバムを作るミュージシャンがいる。連作歌曲 フレッシュアイペディアより)

  • ボストン・ティー・パーティー (コンサート会場)

    ボストン・ティー・パーティー (コンサート会場)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    当初は、もっぱら地元の出演者による演奏が行なわれていたが、程なくして多数の有名アーティストの演奏も行なわれるようになり、その中には、ニール・ヤング、J・ガイルズ・バンド、フランク・ザッパ、ピンク・フロイド、クリーム、フリートウッド・マック、オールマン・ブラザーズ・バンド、ジョー・コッカー&ザ・グリース・バンド(the Grease Band)、レッド・ツェッペリン、ジミ・ヘンドリックス、ザ・バディ・マイルズ・エキスプレス(The Buddy Miles Express)、チャーリー・マッスルホワイト、ジェフ・ベック、ザ・フー、サンタナ、タジ・マハール、テン・イヤーズ・アフター、スライ&ザ・ファミリー・ストーンらがいた。B・B・キングもザ・ボストン・ティー・パーティーで公演を行ったひとりである。ボストン・ティー・パーティー (コンサート会場) フレッシュアイペディアより)

  • ロキュメンタリー

    ロキュメンタリーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    MTVでは1980年代から1990年代はじめにかけて、ロキュメンタリーと題したシリーズを流した。主なミュージシャンは、AC/DC(1991年)、エアロスミス(1990年)、エリック・クラプトン(1990年)、デフ・レパード(1988年、1992年)、ドン・ヘンリー(1990年)、ロッド・スチュワート(1988年)、ピンク・フロイド(1989年)、モトリー・クルー(1989年)、ジェネシス(1992年)、メタリカ(1992年、1996年)、ローリング・ストーンズ、マドンナ、レッド・ツェッペリン、ドアーズ、ヴァン・ヘイレン等。ロキュメンタリー フレッシュアイペディアより)

  • ダンエレクトロ・59-DC

    ダンエレクトロ・59-DCから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    シド・バレット (ピンク・フロイド) - 初期によく使用していた。ダンエレクトロ・59-DC フレッシュアイペディアより)

  • リトル・キックス

    リトル・キックスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ピンク・フロイドのギタリストであるデヴィッド・ギルモアが所有するアストリア・スタジオにてレコーディングが行なわれた。なお、ポールは今回のアルバムではプロデューサー業に関わっていない。リトル・キックス フレッシュアイペディアより)

  • シンフォニック・イエス

    シンフォニック・イエスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    発売は1993年。この数年前からオーケストラによるプログレッシブ・ロックのカバーが、一種の流行として何作か発表されていた。その内、ジェネシスやピンク・フロイドを手がけた元ジェスロ・タルのディビッド・パーマーが編曲と指揮を担当している。プロデュースはアラン・パーソンズ。ジャケットのイラストはロジャー・ディーン作。シンフォニック・イエス フレッシュアイペディアより)

  • アーカム (バンド)

    アーカム (バンド)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アラン・ピエール、ミシェル・ロヴィーヴ、ディノ・レオナルディ、パトリック・コノー、ダニエル・ドゥニでナイヴス・アンド・アクシズを結成。ドアーズ、ピンク・フロイド、ジミ・ヘンドリックス、クリーム等のカヴァーを演奏していた。アーカム (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • 古村敏比古

    古村敏比古から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    学生の頃に好きだった音楽は、ピンク・フロイド、ジェスロ・タル、レッド・ツェッペリンなどのプログレ系の洋楽が中心。古村敏比古 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロイド

    アレックス・ロイドから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    依然としてフル参戦するだけの資金は無く、ロイドは2009年、ガナッシと協力したサム・シュミット・モータースポーツからインディ500に参戦した。彼はHERエナジー・ドリンクのスポンサーを受け、車両のカラーリングに合わせたホットピンクのスーツをその月いっぱい着ていた。これにより、彼はロックバンド、ピンク・フロイドをもじった「ピンク・ロイド」のニックネームを得ることとなった。これに加え、妻のサマンサがレース・デイの5月24日に2番目の娘を出産予定であったことが、イギリスのメディアの注目を集めることとなった。ポール・デイの残り5分、ロイドは11位で予選を通過した。レースではブレーキランプが壊れ、ピットインしたために13位となった。6月2日に娘のベサニーが誕生した。同じ週にインディ・ライツを共に戦ったエド・カーペンターにも子どもが生まれている。アレックス・ロイド フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・ロバーツ

    デヴィッド・ロバーツから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    米国のボストンに生まれる。カナダ人であり、カナダのトロントで青春時代を過ごした。幼少期はビートルズやビーチ・ボーイズに親しみ、ハイスクール時代にはバンドでボーカルも執るようになる。この頃、クロスビー、スティルス&ナッシュや、スティーリー・ダン、エルトン・ジョン、トッド・ランニー・トービンを愛聴し、影響を受けたという。その後、アートスクール時代はピンク・フロイド、ジェネシス等を聴きながらも音楽を離れ、一時アニメの世界を志したこともあったが、間もなく音楽活動を再開。19歳のとき、とあるコンテストに送ったデモ・テープが最優秀賞に輝き、このことが遠因となってワーナーと契約することとなった。デヴィッド・ロバーツ フレッシュアイペディアより)

363件中 51 - 60件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード