293件中 61 - 70件表示
  • ラン・デヴィル・ラン

    ラン・デヴィル・ランから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモア、ミック・グリーン、デイヴ・マタックス、ディープ・パープルのイアン・ペイスなど実力派がバックを務め、迫力ある演奏と、若返った感のあるポールの力強いヴォーカルがこの作品の大きな魅力である。プロデューサーは、ウイングスの『バック・トゥ・ジ・エッグ』以来の参加となるクリス・トーマス。ラン・デヴィル・ラン フレッシュアイペディアより)

  • ダンエレクトロ・59-DC

    ダンエレクトロ・59-DCから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    シド・バレット (ピンク・フロイド) - 初期によく使用していた。ダンエレクトロ・59-DC フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・クリストファーソン

    ピーター・クリストファーソンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    イギリスのリーズ生まれ。数学者のダーマン・クリストファーソン(Derman Christopherson)を父に持つ。愛称はスリージー(Sleazy)。ニューヨーク州立大学バッファロー校にて舞台デザイン、ビデオ制作について学んだ後、1974年にヒプノシス(Hipgnosis)のデザイナーとなり、ピンク・フロイドやピーター・ガブリエルのアルバム・ジャケット等を手掛ける。ピーター・クリストファーソン フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ウォール〜ライブ・イン・ベルリン

    ザ・ウォール〜ライブ・イン・ベルリンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    リード・ギター担当のスノウィー・ホワイトは、ピンク・フロイドのサポート・メンバーとして活動した後、シン・リジィで活躍したことでも有名。ザ・ウォール〜ライブ・イン・ベルリン フレッシュアイペディアより)

  • イン・ザ・フレッシュ (アルバム)

    イン・ザ・フレッシュ (アルバム)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ライブは基本的にピンク・フロイド時代の楽曲を中心に演奏しているが、ウォーターズが発表した3枚のソロ・アルバム『ヒッチハイクの賛否両論』『RADIO K.A.O.S.』『死滅遊戯』からもいくつか選曲されている。『死滅遊戯』はリリースから7年が経ってようやくコンサートで披露された。また、新曲「イーチ・スモール・キャンドル」をアンコールとして演奏している。イン・ザ・フレッシュ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • フリッカーリング・フレイム

    フリッカーリング・フレイムから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1984年の1stアルバム『ヒッチハイクの賛否両論』以降のソロ・キャリアをまとめたベスト盤で、ピンク・フロイド時代の楽曲は収録されていない。フリッカーリング・フレイム フレッシュアイペディアより)

  • 古村敏比古

    古村敏比古から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    学生の頃に好きだった音楽は、ピンク・フロイド、ジェスロ・タル、レッド・ツェッペリンなどのプログレ系の洋楽が中心。古村敏比古 フレッシュアイペディアより)

  • アトム・ハーツ・クラブ・カルテット

    アトム・ハーツ・クラブ・カルテットから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    吉松によると「ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』にエマーソン・レイク・アンド・パーマーの『タルカス』とイエスの『こわれもの』とピンク・フロイドの『原子心母』を加え、鉄腕アトムの10万馬力でシェイクした曲」であり、正式名称は「Dr. Tarkus's Atom Hearts Club Suite」だという。曲は4楽章構成で、演奏時間は約10分。アトム・ハーツ・クラブ・カルテット フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・レーン

    アーノルド・レーンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アーノルド・レーン(Arnold Layne)は、1967年に発表されたピンク・フロイドのデビュー・シングル。アーノルド・レーン フレッシュアイペディアより)

  • シー・エミリー・プレイ

    シー・エミリー・プレイから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    「シー・エミリー・プレイ」(See Emily Play)は、ピンク・フロイドが1967年に発表した2枚目のシングル。シー・エミリー・プレイ フレッシュアイペディアより)

293件中 61 - 70件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード