293件中 71 - 80件表示
  • ミュージック・フォー・プレジャー

    ミュージック・フォー・プレジャーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    新メンバーの"ルー" ロバート・エドモンズを加えた5人編成の体制でレコーディングされた。プロデュースはピンク・フロイドのニック・メイスンによる。ダムドは当初、元ピンク・フロイドのシド・バレットをプロデューサーに起用しようとしたが果たせず、バレットの代わりとして、同じピンク・フロイドのメンバーであるメイスンにプロデュースを依頼した。ミュージック・フォー・プレジャー フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ベンズ

    ザ・ベンズから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    トム、コリン、フィルによって録音されたのち、ジョニー、エドによってピンク・フロイド風の伴奏が付加された曲。ジョン・レッキーは曲に倦怠的な雰囲気を増すために、ギタリスト2人に他の演奏のプレイバックを聞かせずにレコーディングさせた。ザ・ベンズ フレッシュアイペディアより)

  • サイケデリック・ミュージック

    サイケデリック・ミュージックから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1965年から1967年にかけて、ビートルズも『ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ』や『トゥモロー・ネバー・ノウズ』等といったサイケデリック・ロックの楽曲を制作したが、厳密にサイケデリック・ロックとして分類されなかった。クリームと、ピンク・フロイドとその創設者シド・バレットはサイケデリック・ミュージックを受け入れ、初めて真のサイケデリック・バンドになった。サイケデリック・ミュージック フレッシュアイペディアより)

  • プライマス (バンド)

    プライマス (バンド)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    多種多様のジャンルからの影響を反映させており、『Miscellaneous Debris』『Rhinoplasty』といったカヴァー・アルバムでは、ピーター・ガブリエル、XTC、ミーターズ、ピンク・フロイド、スタンリー・クラーク、ポリス、メタリカ等を取り上げた。また、中心人物であるレスのテクニック(スラップ奏法等)も高く評価されている。プライマス (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • リッチー・ホゥティン

    リッチー・ホゥティンから見たピンクフロイドピンク・フロイド

    1968年6月4日、イギリス、オックスフォードシャーのバンベリーに、ピンクフロイドやクラフトワーク、タンジェリン・ドリームを愛するロボット工学技師の父ミック・ホゥティンと、母ブレンダ・ホゥティンの長男として生まれる。リッチー・ホゥティン フレッシュアイペディアより)

  • エコーズ (ピンク・フロイドの曲)

    エコーズ (ピンク・フロイドの曲)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    「エコーズ」(Echoes)とは、1971年にイギリスのロックバンド、ピンク・フロイドが発表した曲。同年発表のアルバム『おせっかい』に収録。23分30秒に渡る大曲であり、発売当時レコードのB面を丸々占めていた。作詞作曲:ロジャー・ウォーターズ・リチャード・ライト・ニック・メイスン・デヴィッド・ギルモア。エコーズ (ピンク・フロイドの曲) フレッシュアイペディアより)

  • シンフォニック・イエス

    シンフォニック・イエスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    発売は1993年。この数年前からオーケストラによるプログレッシブ・ロックのカバーが、一種の流行として何作か発表されていた。その内、ジェネシスやピンク・フロイドを手がけた元ジェスロ・タルのディビッド・パーマーが編曲と指揮を担当している。プロデュースはアラン・パーソンズ。シンフォニック・イエス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レッキー

    ジョン・レッキーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アビー・ロード・スタジオにおいてビートルズ(特にジョージ・ハリスン作品)やピンク・フロイドといった大御所ミュージシャンのレコーディングアシスタントとしてキャリアを積み重ねた。70年代後半、ビ・バップ・デラックスのプロデュースをビル・ネルソンと共に手がけた事から始まり、80年代に入ってからはXTCやパブリック・イメージ・リミテッド、ザ・フォールなどのポストパンク/ニュー・ウェイヴ系アーティストのエンジニアとして活躍し始める。ストーン・ローゼズの1stアルバムをプロデュースしたことで一躍有名プロデューサーとなり、その後はスウェード、レディオヘッド、クーラ・シェイカー、ザ・ヴァーヴ、ミューズといったUKビッグバンドのアルバムをいくつも手掛けている。ジョン・レッキー フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアンツ・スタジアム

    ジャイアンツ・スタジアムから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    コンサート会場としてグレイトフル・デッド、ピンク・フロイド、ローリング・ストーンズ、ビリー・ジョエル、ボン・ジョヴィなどにより使われた。とりわけ、ブルース・スプリングスティーンと関係しており、彼の1985年夏のボーン・イン・ジUSAツアーでは6公演、さらに2003年夏のザ・ライジング・ツアーでは10公演が行われた。ジャイアンツ・スタジアム フレッシュアイペディアより)

  • 連作歌曲

    連作歌曲から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ポピュラー音楽では、ザ・フーやビートルズ、ピンク・フロイド、シカゴ、エルヴィス・コステロらのように、組曲や連作歌曲を意識したコンセプト・アルバムを作るミュージシャンがいる。連作歌曲 フレッシュアイペディアより)

293件中 71 - 80件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード