363件中 71 - 80件表示
  • マイケル・ランドウ

    マイケル・ランドウから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1980年、ロサンゼルスのスタジオ・ミュージシャンによって結成されたAORグループ「マクサス」に加入し、翌年アルバム『Maxus』を発表。ここでの卓越したギタープレイが大いに注目を集め、以後セッションプレイヤーとしてピンク・フロイド、マイルズ・デイヴィス、ロッド・スチュワート、ジェームス・テイラーなどの大物の作品に起用される人気ミュージシャンとなった。更に多くの日本人ミュージシャンの作品にも参加している(後述)。1990年代からは、自身のソロ活動やバンド活動も精力的にこなすようになり、1990年には初のソロアルバム『Tales From The Bulge』を発表。以後、セッション業と平行しながら、これまでにソロ、バンドを合わせて13作のアルバムを発表している。ネット上の音楽コミュニティサイト、My Spaceに自身のページを持っており、そこでいくつかの作品を聴く事ができる。マイケル・ランドウ フレッシュアイペディアより)

  • キャサリン・ホイール

    キャサリン・ホイールから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1992年にアルバム『Ferment』でデビューを飾る。バンドは当時のイギリスで隆盛だったシューゲイザーに分類されるが、バンド自身はラッシュやブラック・サバス、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン(セカンドアルバム『Chrome』にギタリストであるロバート・フリップの名前を冠したFrippという曲が収録されている)といった'70年代のHR/HMやプログレッシブ・ロック、当時アメリカを席巻していたグランジ、ジョイ・ディヴィジョンやザ・サイケデリック・ファーズなどのポストパンク?ニューウェーヴ、ハウス・オブ・ラヴやエコー&ザ・バニーメンなどのネオ・サイケまで様々な影響を受けており、他のシューゲイザーバンドとは一線を画す表情豊かなサウンドを提示した。デビュー当初は特にハウス・オブ・ラヴやエコー&ザ・バニーメンと比較されることが多く、ロブ自身'92年のインタヴューで「90年5月に、ハウス・オブ・ラヴのライヴを見てぶっ飛んだ。"Love in a Car"のような曲が書きたいと思って、3ヶ月の間曲作りに没頭したよ。それで出来たのが"I Want to Touch You"(1stアルバム収録)なんだ」と語っている。キャサリン・ホイール フレッシュアイペディアより)

  • 黒船 (サディスティック・ミカ・バンドのアルバム)

    黒船 (サディスティック・ミカ・バンドのアルバム)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    プロデューサーにピンク・フロイドらを手がけていたクリス・トーマスを招いて制作されたアルバム。1つのコンセプトのもとにストーリー風に楽曲が収められている。黒船 (サディスティック・ミカ・バンドのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • キャリアー・ドーム

    キャリアー・ドームから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ドームでは過去に、ブルース・スプリングスティーンやポリス、プリンス、エルトン・ジョン、フランク・シナトラ、ビリー・ジョエル、ザ・グレイトフル・デッド、ロッド・スチュアート、U2、ジェネシス、ローリング・ストーンズ、ガース・ブルックス、ザ・フー、ニール・ダイアモンド、ピンク・フロイド、バリー・マニロウが、コンサートを行った。キャリアー・ドーム フレッシュアイペディアより)

  • ザ・シャーラタンズ (アルバム)

    ザ・シャーラタンズ (アルバム)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『ザ・シャーラタンズ』(The Charlatans)は、イギリスのロックバンド、ザ・シャーラタンズの4枚目のアルバム。当時流行していたブリットポップに対応した、ブルース・ロックからの影響が強い土臭いサウンドを展開し、デビューアルバム『サム・フレンドリー』以来となる全英1位を獲得した。2000年にはメロディー・メイカー誌のTop 100オールタイムベストの84位に選出された。収録曲「ヒア・カムズ・ア・ソウル・セイヴァー」はピンク・フロイドの「フィアレス」のリフを引用している。ザ・シャーラタンズ (アルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ラッセル・アレン

    ラッセル・アレンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ハイスクールに進学するとヘヴィメタルやハードロック、プログレッシブ・ロックに傾倒するようになった。アイアン・メイデン、ディオ(レインボー)、レッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ピンク・フロイドなどを好み、アマチュア・バンドでライブをこなしていた。ラッセル・アレン フレッシュアイペディアより)

  • グリーン (スティーヴ・ヒレッジのアルバム)

    グリーン (スティーヴ・ヒレッジのアルバム)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ヴァージン・レコードのA&Rサイモン・ドレイバーの紹介により、ピンク・フロイドのニック・メイスンを共同プロデューサーに迎えてレコーディングされた。ヒレッジはこの頃にローランドのギターシンセサイザーGR-500を入手し、本作のレコーディングで多用しているが、操作が複雑だったことから、ライヴにおいてはオーソドックスなギターを使用している。「ザ・グローリアス・オム・リフ」は、ヒレッジが在籍していたゴングのアルバム『ユー』からの曲「Master Builder」を改作したものである。グリーン (スティーヴ・ヒレッジのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ウォリアーズ・オヴ・アイス

    ウォリアーズ・オヴ・アイスから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    2代目ギタリストのチューウィー(ダニエル・モングレイン)加入後としては、映像作品『Tatsumaki: Voivod in Japan 2008』(発売は2009年)に続く作品で、同作のリリースを記念して行われた2009年12月12日のモントリオール公演の模様が収録された。当時の最新作『インフィニ』からの2曲も含まれているが、収録曲の大部分は、1984年から1991年にかけてリリースされたキャリア初期のアルバムからの選曲である。「アストロノミー・ドミネ」はピンク・フロイドがアルバム『夜明けの口笛吹き』(1967年)で発表した曲のカヴァーで、ヴォイヴォドのヴァージョンはアルバム『ナッシングフェイス』(1989年)に収録。ウォリアーズ・オヴ・アイス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・レッキー

    ジョン・レッキーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アビー・ロード・スタジオにおいてビートルズ(特にジョージ・ハリスン作品)やピンク・フロイドといった大御所ミュージシャンのレコーディングアシスタントとしてキャリアを積み重ねた。70年代後半、ビ・バップ・デラックスのプロデュースをビル・ネルソンと共に手がけた事から始まり、80年代に入ってからはXTCやパブリック・イメージ・リミテッド、ザ・フォールなどのポストパンク/ニュー・ウェイヴ系アーティストのエンジニアとして活躍し始める。ストーン・ローゼズの1stアルバムをプロデュースしたことで一躍有名プロデューサーとなり、その後はスウェード、レディオヘッド、クーラ・シェイカー、ザ・ヴァーヴ、ミューズといったUKビッグバンドのアルバムをいくつも手掛けている。ジョン・レッキー フレッシュアイペディアより)

  • サン・トロペ (ピンク・フロイドの曲)

    サン・トロペ (ピンク・フロイドの曲)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    「サン・トロペ」(San Tropez)は、ピンク・フロイドの1971年のアルバム「おせっかい」の4番目の楽曲。サン・トロペ (ピンク・フロイドの曲) フレッシュアイペディアより)

363件中 71 - 80件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード