293件中 81 - 90件表示
  • 四人囃子

    四人囃子から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1969年、森園勝敏と岡井大二が高等学校在学時に出会い、彼らと中村真一を加えた「ザ・サンニン」として活動を開始。その後、坂下秀実が加入し「四人囃子」としての活動を始める。最初のポニーキャニオンからの再発シリーズのライナーによれば、当時の風聞では「18歳の若さでピンク・フロイドの大曲"Echoes"を完璧に演奏できるバンド」として、名の知れた存在だったという。四人囃子 フレッシュアイペディアより)

  • リェーナ・カーチナ

    リェーナ・カーチナから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    2006年の Telehit のインタビューで、彼女は子供時代にレッド・ツェッペリン、ディープ・パープル、ピンク・フロイドのファンであったと語っている1。リェーナ・カーチナ フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ダウンワード・スパイラル

    ザ・ダウンワード・スパイラルから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    同じようなテーマを持った作品にピンク・フロイドが1979年に発表した「ザ・ウォール」があり、その類似性についてはレズナー本人が「ザ・ウォール」からインスピレーションを受けて作成したと公言している。ザ・ダウンワード・スパイラル フレッシュアイペディアより)

  • 空飛ぶ豚

    空飛ぶ豚から見たピンクフロイドピンク・フロイド

    ピンクフロイド『アニマルズ』:アルバムのジャケットに、翼を持った豚が登場する。アルバムの最初と最後に「翼を持った豚」という楽曲が配置されており、重要なモチーフとなっている。また、翼を持った豚の人形はライブにも登場し、会場を飛び回るという大掛かりな演出が行われる。空飛ぶ豚 フレッシュアイペディアより)

  • グッバイ・ブルー・スカイ

    グッバイ・ブルー・スカイから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    グッバイ・ブルー・スカイ (Goodbye Blue Sky) は、1979年に発表されたピンク・フロイドのアルバム『ザ・ウォール』の収録曲。グッバイ・ブルー・スカイ フレッシュアイペディアより)

  • アーケイディア

    アーケイディアから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1985年に結成し、アルバム「情熱の赤い薔薇」(So Red The Rose)を1枚残している。アルバムにはデヴィッド・ギルモア(ピンク・フロイド)、スティング(「The Promise」のバック・コーラス)、アンディ・マッケイ(ロキシー・ミュージック)、ジャズピアニストのハービー・ハンコック、グレイス・ジョーンズ(「The Flame」のバック・コーラス)、土屋昌巳など大物ゲストの参加も話題を呼んだ。アーケイディア フレッシュアイペディアより)

  • バーベット・シュローダー

    バーベット・シュローダーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1969年、満を持して長編劇映画『モア』で監督デビュー。ルクセンブルクと西ドイツ資本との合作。シュローデル自身がプロデューサーのほかアソシエイト・プロデューサーにコトレル、撮影監督ネストール・アルメンドロス、音楽ザ・ピンク・フロイド。ローザンジュ社異色のロック映画となる。バーベット・シュローダー フレッシュアイペディアより)

  • ピロウ・オブ・ウインズ

    ピロウ・オブ・ウインズから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    「ピロウ・オブ・ウインズ」(A Pillow of Winds)は、ピンク・フロイド(Pink Floyd)の1971年のアルバム「おせっかい」の2番目の楽曲。ピロウ・オブ・ウインズ フレッシュアイペディアより)

  • 時空の舞踏

    時空の舞踏から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    時空の舞踏(A Collection Of Great Dance Songs)は、1981年に発表されたピンク・フロイドのアルバム。デヴィッド・ギルモア監修のもと発売されたコンピレーション・アルバムである。時空の舞踏 フレッシュアイペディアより)

  • ワイヤー (バンド)

    ワイヤー (バンド)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1977年、パンクのオムニバス・アルバム『ロキシー・ライブ』でレコードデビューした(他に収録されているバンドにはバズコックスなどがいる)。パンクバンドとしては異色で、知的かつファンタスティックな要素を持ち、「初期のピンク・フロイドを思わせる」とも評された。その影響もあってか、ピンク・フロイドと同じEMI傘下のハーヴェスト・レコードとの契約を果たし、1stアルバム『Pink Flag』(日本版は未発売)を発表。当時の彼らのキャッチフレーズは「ロックでなければなんでもいい」というもので、初期ロンドン・パンクにおける名台詞のひとつとされている。1978年に『消えた椅子 - chairs Missing』、1979年に『154』を発表。彼らのアルバムは大手レーベルからリリースされたこともあって、海を超えてアメリカのオルタナティヴ・ロックに大きな影響を与えた。その後一旦解散し、コリン・ニューマンはポップスターを目指したソロ活動、ルイスとギルバートはアンビエント・ミュージック、インダストリアル・ミュージックにのめり込んだ。1985年に再結集。2011年現在はブルース・ギルバートを除いたメンバーで活動を続けている。ワイヤー (バンド) フレッシュアイペディアより)

293件中 81 - 90件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード