363件中 81 - 90件表示
  • スティーヴ・ヒレッジ

    スティーヴ・ヒレッジから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1975年から彼は本格的にソロ活動に転向する。彼のソロ作品は主にゴングにおける作曲と連続性を持っており、1970年代におけるジミ・ヘンドリックス以降の展開、及びパンク・ロック直前の雰囲気の中で、ギタリストとして、あるいはプログレッシブ・ロック/フュージョンの作曲家・演奏家として、着実にキャリアを積んでいった。彼のアルバム"L"はトッド・ラングレンのユートピアのメンバーと録音されたものであり、さらにGreenはピンク・フロイドのニック・メイスンがプロデュースに当たった。スティーヴ・ヒレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 帽子が笑う…不気味に

    帽子が笑う…不気味にから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1968年にピンク・フロイドを脱退したシド・バレットは、同年5月13日、ピーター・ジェナーのプロデュースの下で最初のデモ・レコーディングを行う。「夜もふけて」はその時に最初のテイクが録音されたが、アルバムに収録されたのは5月28日録音のヴァージョン。その後ハーヴェスト・レコードの社長であるマルコム・ジョーンズのプロデュースで、本格的なレコーディングが開始された。「むなしい努力」と「ラヴ・ユー」では、ソフト・マシーンのメンバー3人による演奏がオーバー・ダビングされる。マルコムの下で6曲が完成し、その後、ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアとロジャー・ウォーターズも合流して、プロデュースと演奏で参加。ジャケット・デザインは「ヒプノシス」のストーム・ソーガソンとオーブリー・パウエルが担当し、写真撮影はミック・ロックによる。帽子が笑う…不気味に フレッシュアイペディアより)

  • その名はバレット

    その名はバレットから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    1970年2月24日、シドはBBCの番組『The John Peel Show』のために5曲を録音し、3月14日にオン・エアされるが、その中には本作収録曲「ジゴロおばさん」「ベイビー・レモネード」「興奮した象」も含まれていた。この時の録音は、1987年に『The Peel Sessions』というタイトルでCD化される。そして、2月26日に本格的なレコーディングを開始。プロデュースは、ピンク・フロイドのデヴィッド・ギルモアが中心となり、前作『帽子が笑う…不気味に』に参加したロジャー・ウォーターズは「もう誰もシドをプロデュースできない」と発言して、本作には関与しなかった。その名はバレット フレッシュアイペディアより)

  • アーノルド・レーン

    アーノルド・レーンから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アーノルド・レーン(Arnold Layne)は、1967年に発表されたピンク・フロイドのデビュー・シングル。アーノルド・レーン フレッシュアイペディアより)

  • アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール

    アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォールから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール (Another Brick in the Wall) は、1979年に発表されたピンク・フロイドのアルバム『ザ・ウォール』の収録曲。アルバムからの先行シングルとして発売され、英米を始めとする世界各国のチャートで第1位を獲得した。作詞・作曲はロジャー・ウォーターズ。アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール フレッシュアイペディアより)

  • カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ)

    カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ)から見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    Pink Floyd「Another Brick in the Wall Part.1」(第3話)カラマーゾフの兄弟 (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

  • ロジャー

    ロジャーから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    ロジャー・キース・バレット→シド・バレット - イギリスのミュージシャン(元ピンク・フロイドロジャー フレッシュアイペディアより)

  • New Beginnings

    New Beginningsから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    キリング・ジョークのベーシストであり、過去4回ブリット・アワードにノミネートされたザ・ヴァーヴの『アーバン・ヒムス』やピンク・フロイドの『The Endless River』などのプロデュースも手がけた、ブライアン・イーノのコラボレーターであり、パオロ・ヌティーニ&ワイルド・ビーストやカール・バラーのプロデュースなどを手がけている、ジェフ・ベックやポール・マッカートニー、ホイットニー・ヒューストン、映画『アメイジング・スパイダーマン2』や『マン・オブ・スティール』のサウンドトラックなどの作品に携わりプロデューサーとして数多くの作品でグラミー賞を受賞している、 のメンバーにして布袋の友人であり『SUPERSONIC GENERATION』など過去の布袋作品でも共演していると、4名のイギリス人プロデューサーが本作に携わっている。なお布袋を含めたプロデューサー5人のうち、ユース以外の4人はギタリストという共通点がある。New Beginnings フレッシュアイペディアより)

  • オン・アン・アイランド

    オン・アン・アイランドから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    『オン・アン・アイランド』(On an Island)は、イギリスのロックバンド、ピンク・フロイドのギタリスト/ヴォーカリストであるデヴィッド・ギルモアが2006年に発表したアルバム。ギルモアの3枚目のソロ・アルバムで、全米6位、全英1位を記録したヒット作となった。オン・アン・アイランド フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ダウンワード・スパイラル

    ザ・ダウンワード・スパイラルから見たピンク・フロイドピンク・フロイド

    同じようなテーマを持った作品にピンク・フロイドが1979年に発表した「ザ・ウォール」があり、その類似性についてはレズナー本人が「ザ・ウォール」からインスピレーションを受けて作成したと公言している。ザ・ダウンワード・スパイラル フレッシュアイペディアより)

363件中 81 - 90件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード