130件中 31 - 40件表示
  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たジャズ

    プログレッシヴ・ロックの代表格として扱われることが多いが、クラシック音楽やジャズをバックグラウンドに卓抜したテクニックを披露する技巧派ではなく、その音楽のもつ浮遊感・倦怠感・幻想的なサウンドは、独自の緊張感と高揚に結びついたものだった。彼らの音楽性は、後進のKLFなどのアーティストにも大きな影響を与えている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た箱根町

    8月6日,7日 箱根アフロディーテ、9日 大阪フェスティバルホールピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たギター

    1965年、建築学校(リージェント・ストリート・ポリテクニック、現ウェストミンスター大学)の同級生であったロジャー・ウォーターズ、リチャード・ライト、ニック・メイスンの3人は、現代音楽に関して論争を交わしたことがきっかけで「シグマ6」というバンドを結成した。当初はロジャーがギターを担当し、前述の3人の他にクライヴ・メットカーフ(ベース)、キース・ノーブルとジュリエット・ゲイル(共にボーカル)がメンバーに加わっていた。その後、バンド名をティー・セット、アーキテクチュラル・アブダブス、アブダブスと次々に変えながら活動を続けるが、行き詰りから活動休止。同年後半、ウォーターズ、ライト、メイスンの3人は旧友のシド・バレットとギタリストのボブ・クロースを誘い、バンド名をピンク・フロイド・サウンドに改めて再出発を図る(これはバレットが好きだったピンク・アンダーソン(Pink Anderson)とフロイド・カウンシル(Floyd Council)という二人のアメリカのブルースミュージシャンの名前から拝借したもの)。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たカール16世グスタフ

    2008年8月26日、ポーラー音楽賞を受賞する。スウェーデンのストックホルムで行われた授賞式にウォーターズ、メイソンの2人が参加。2人はカール16世グスタフ国王から盾と花束を渡され、賞金100万クローナが贈られた。メイソンは、賞金について「メンバー間で分けて、それぞれ寄付する」とコメント。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た離婚

    新たなアルバム作りは困難を極めた。『狂気』の成功で注目を集めたことによる重圧、『狂気』でやりたいことをやりつくしたという満足感、メンバーの個人的問題(ウォーターズ、メイスンがそれぞれ離婚の危機を抱えていた)などが原因であった。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た大阪市

    8月6日,7日 箱根アフロディーテ、9日 大阪フェスティバルホールピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たオーケストラ

    1970年には『原子心母』を発表。本作は全英1位を記録し、批評家筋からも絶賛されるなど音楽的、商業的に成功を収める。タイトル曲は収録に前衛音楽家のロン・ギーシンを招き、オーケストラ(正確にはブラスアンサンブルにチェロを加えた編成)を全面的に取り入れた23分にわたるロック・シンフォニーである。本作以降、フロイドはプログレッシヴ・ロックを代表するバンドとして認知されるようになる。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たベスト・アルバム

    2001年にはベスト・アルバム『エコーズ〜啓示』をリリース。ウォーターズを含めた4人で選曲が行われ、ピンク・フロイドにとって初と言ってもいいベスト盤となった。全英・全米ともに2位を記録し、相変わらずの人気を示した。メンバーの和解による再結成の期待が高まったが、再びバンドとしての活動が無い時期が続く。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た学生運動

    ウォーターズの母親、メイスンの両親は共産党員だった。2人は大学時代に学生運動や反核運動に精を出したが、メイスン自身はそれほど左翼思想に傾倒することはなかった。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たクラシック音楽

    プログレッシヴ・ロックの代表格として扱われることが多いが、クラシック音楽やジャズをバックグラウンドに卓抜したテクニックを披露する技巧派ではなく、その音楽のもつ浮遊感・倦怠感・幻想的なサウンドは、独自の緊張感と高揚に結びついたものだった。彼らの音楽性は、後進のKLFなどのアーティストにも大きな影響を与えている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

130件中 31 - 40件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード