113件中 41 - 50件表示
  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た驚異

    同じく2006年、『P.U.L.S.E』のDVD化(『驚異』という邦題が付けられた)に伴い、ギルモア、ライト、メイスンの3人が揃って発売記念イベントに参加。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た大阪

    8月6日,7日 箱根アフロディーテ、9日 大阪フェスティバルホールピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た炎〜あなたがここにいてほしい

    ピンク・フロイド (Pink Floyd) は、イギリス出身のロック・バンド。サイケやブルース、フォークなどを織り交ぜたオーソドックスなロックにけだるい叙情と幻想的なサウンドを醸し出させた音楽性、大掛かりな仕掛けとスペクタクルに富んだライブ、現代社会における人間疎外や政治問題をテーマにした文学的、哲学的な歌詞で世界的に人気を博した。プログレッシヴ・ロックとしての芸術的な側面で評価を得る一方で、『狂気』は5,000万枚、『ザ・ウォール』は3,000万枚そして、『炎〜あなたがここにいてほしい』は2,300万枚のメガ・セールスを記録し、レコード・CD総売り上げは2億3,000万枚(2012年時点)におよぶ商業的にも大成功を収めたグループである。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たシー・エミリー・プレイ

    1967年、シド・バレット作のシングル「アーノルド・レーン」でデビュー。歌詞が下着泥棒を示唆するものであったためラジオ・ロンドンでは放送禁止に指定されたが、全英20位のヒットとなる。続くセカンド・シングル「シー・エミリー・プレイ」は全英6位のヒットを記録する。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たブルース

    日本ではいわゆるプログレッシヴ・ロックの代表格として扱われることが多いが、クラシック音楽やジャズをバックグラウンドに卓抜したテクニックを披露する技巧派の類とは異なり、ブルースやサイケデリック・ロック、フォークなどをバックボーンに持つ。彼らの演奏は一般的なプログレッシブ・ロックに見られるテクニック志向とは無縁であるが、その音楽のもつ代替の利かない浮遊感・倦怠感のない交ぜになった幻想的なサウンドは、ロックのアグレッションから離れつつ独自の緊張感と高揚に結びついている革新的なものであった。彼らの音楽性はジ・オーブやKLFなどのいわゆるエレクトロニカ関連のアーティストにも大きな影響を与えている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たピンク・フロイド ザ・ウォール

    『ザ・ウォール』ツアーでは、演奏途中から観客席と舞台の間に実際に壁を構築し、それがクロジーング・ナンバー「Outside The Wall」の直前で完全に崩れ去るという大規模な演出で話題を呼んだ。また、アルバムのコンセプトを具現化した映画『ピンク・フロイド ザ・ウォール』がアラン・パーカー監督の下で制作され、1981年に公開された。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たヒッチハイクの賛否両論

    1984年、ギルモアは『狂気のプロフィール』を、ウォーターズは『ヒッチハイクの賛否両論』を発表し、アルバムに伴うコンサートツアーも行った。しかし、両者のアルバムの売り上げ並びにコンサートの観客動員は芳しいものではなく、空席の目立つ観客席を前に演奏することが多かった。ギルモアのコンサートはわずかに黒字を確保したが、ウォーターズは(エリック・クラプトンという大物が居たにも関わらず)チケットを売り切ることが全く出来ず、大幅な損失を被ってしまった。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たLIVE 8

    2005年7月2日に行われたアフリカ貧困撲滅チャリティー・イベント「LIVE 8」において、ウォーターズを含めた4人によるラインナップで再結成を果たし、復活ライブを披露。同イベントでも屈指の反響を得た。この一時的な再結成の後には、1億ポンド(約200億円)で全米ツアーを行わないかというオファーもあったが、ギルモアがこれを断ったことにより実現しなかった。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たアナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール

    1979年11月、2枚組アルバム『ザ・ウォール』を発表。シングル「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パート2)」とともに大ヒットを記録した。2枚組全26曲のうち、数曲を除きウォーターズが単独で作詞・作曲を行っている。共同プロデューサーとしてアリス・クーパーのプロデュースなどで知られるボブ・エズリンが招かれ、アルバムのレコーディングには多数のセッション・ミュージシャンが招かれている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たプログレッシヴ・ロック

    日本ではいわゆるプログレッシヴ・ロックの代表格として扱われることが多いが、クラシック音楽やジャズをバックグラウンドに卓抜したテクニックを披露する技巧派の類とは異なり、ブルースやサイケデリック・ロック、フォークなどをバックボーンに持つ。彼らの演奏は一般的なプログレッシブ・ロックに見られるテクニック志向とは無縁であるが、その音楽のもつ代替の利かない浮遊感・倦怠感のない交ぜになった幻想的なサウンドは、ロックのアグレッションから離れつつ独自の緊張感と高揚に結びついている革新的なものであった。彼らの音楽性はジ・オーブやKLFなどのいわゆるエレクトロニカ関連のアーティストにも大きな影響を与えている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

113件中 41 - 50件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード