113件中 61 - 70件表示
  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たアビー・ロード・スタジオ

    2007年5月4日、ロンドンのアビー・ロード・スタジオで行われたストーム・ソーガソンの本の出版記念パーティーにギルモア、ライト、メイソンの3人が駆けつける。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た対 (アルバム)

    ピンク・フロイドは1993年秋頃に再始動し、1994年に『対(TSUI)』を発表。収録曲「孤立」はグラミー賞ベスト・ロック・インストゥルメンタル部門を受賞。そして再び大規模なコンサート・ツアーに出る。全112公演で、ツアーの総費用は2億ドルに及ぶものだった。このツアーでは『狂気』組曲を1975年以来19年ぶりに演奏し、このライブの模様を収めた『P.U.L.S.E』もリリースしたが再び沈黙に入る。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たヒプノシス

    ピンク・フロイドほか数多くのアーティストのアルバム・ジャケットを手掛けているデザイン・チーム「ヒプノシス」のリーダーであるストーム・ソーガソンは、ウォーターズとバレットの高校時代からの仲間である。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たイギリス

    ピンク・フロイド (Pink Floyd) は、イギリス出身のロック・バンド。サイケやブルース、フォークなどを織り交ぜたオーソドックスなロックにけだるい叙情と幻想的なサウンドを醸し出させた音楽性、大掛かりな仕掛けとスペクタクルに富んだライブ、現代社会における人間疎外や政治問題をテーマにした文学的、哲学的な歌詞で世界的に人気を博した。プログレッシヴ・ロックとしての芸術的な側面で評価を得る一方で、『狂気』は5,000万枚、『ザ・ウォール』は3,000万枚そして、『炎〜あなたがここにいてほしい』は2,300万枚のメガ・セールスを記録し、レコード・CD総売り上げは2億3,000万枚(2012年時点)におよぶ商業的にも大成功を収めたグループである。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たアイドル

    初期の頃はシド・バレットのルックスなどもあり、ややアイドル的な扱いを受けていた。メンバー全員で肩を組んで歩く姿や、笑顔で踊っている模様を収めた映像や写真が残されている。ニック・メイスンは当時を振り返り「最悪だったよ」と述べている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た

    同年9月15日、リチャード・ライトが65歳で死去。9月19日付タイムズによるとライトは2007年12月にと診断されていた。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た光〜PERFECT LIVE!

    1989 光〜PERFECT LIVE! - Pink Floyd in Concert Delicate Sound of Thunderピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たデヴィッド・ギルモア (アルバム)

    『アニマルズ』発表後のツアー「Pink Floyd : In The Flesh」はヨーロッパと北米を跨り、当時のフロイドでは最大級のコンサート・ツアーとなった。このツアーの最終日である7月6日のカナダ・モントリオール公演で、ウォーターズは前列で大騒ぎしていた観客に激怒し、演奏途中でツバを吐き掛けるという行為に及んだ。この自らの行為が発想の引き金となって、コンサート終了後ウォーターズは次のアルバム制作に没頭する。一方、他のメンバーはそれぞれのソロ活動を開始し、デヴィッド・ギルモアは1978年に『デヴィッド・ギルモア』を発表してヒットを記録する。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た鬱 (アルバム)

    新生ピンク・フロイドは1987年に『』を発表、大掛かりなツアーを敢行してピンク・フロイドの復活を印象付けた。ウォーターズも同年にソロアルバム『RADIO K.A.O.S.』を発表した。ウォーターズは『鬱』並びに新生フロイドを「フロイドの真似事をしただけのニセモノ」と手厳しく非難した。両者は同時期にアルバムを発売し、アメリカ・ツアーではいくつかの都市で両者がバッティングすることもあったが、観客動員や注目度ではフロイドの圧勝に終わっている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たモア (アルバム)

    1969年発表の『モア』は、バルベ・シュローダー監督の映画『モア』のサウンド・トラックとして制作された。この頃バンドはテレビ映画などのサウンド・トラックも担当していた。スタンリー・キューブリックが1968年に発表した映画『2001年宇宙の旅』ではフロイドに音楽制作の依頼が来ていたという話が伝わっている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

113件中 61 - 70件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード