113件中 71 - 80件表示
  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たタイムズ

    同年9月15日、リチャード・ライトが65歳で死去。9月19日付タイムズによるとライトは2007年12月に癌と診断されていた。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たウマグマ

    続く1969年発表のアルバム『ウマグマ』は2枚組で、ライブとスタジオ・レコーディングで構成されている。当時バンドは精力的にライブ活動を繰り広げており、そのライブ・パフォーマンスの一端が窺える。スタジオアルバムは、バンドメンバー4人のソロ作品である。当時バンドはライブで『The Man/The Journey』なる組曲を演奏しているが、この組曲は既に発表されている曲を組み合わせたものであり『ウマグマ』収録のスタジオ・テイクの一部も組み込まれている。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たエコーズ (ピンク・フロイドの曲)

    続く1971年発表の『おせっかい』は、セールス面では前作『原子心母』に及ばなかったがバンドが音楽的に大きく飛躍するきっかけとなった作品である。23分を越える大作「エコーズ」が収録されている。バンドはこの「エコーズ」の誕生をもって「初めてバンドがクリエイティビティを獲得した」と認識している。1971年8月には初来日し、音楽フェスティバル「箱根アフロディーテ」などでコンサートを披露した。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た原子心母

    1970年には『原子心母』を発表。本作は全英1位を記録し、批評家筋からも絶賛されるなど音楽的、商業的に成功を収める。タイトル曲は収録に前衛音楽家のロン・ギーシンを招き、オーケストラを全面的に取り入れた23分にわたるロック・シンフォニーである。本作以降、フロイドはプログレッシヴ・ロックを代表するバンドとして認知されるようになる。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981

    2000年になって、1979年発表の『ザ・ウォール』に伴うツアーの模様を収録したライブ・アルバム『ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981』を発売。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たおせっかい (アルバム)

    続く1971年発表の『おせっかい』は、セールス面では前作『原子心母』に及ばなかったがバンドが音楽的に大きく飛躍するきっかけとなった作品である。23分を越える大作「エコーズ」が収録されている。バンドはこの「エコーズ」の誕生をもって「初めてバンドがクリエイティビティを獲得した」と認識している。1971年8月には初来日し、音楽フェスティバル「箱根アフロディーテ」などでコンサートを披露した。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見たイギリス共産党

    ウォーターズの母親、メイスンの両親は共産党員だった。2人は大学時代に学生運動や反核運動に精を出したが、メイスン自身はそれほど左翼思想に傾倒することはなかった。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た狂気のプロフィール

    1984年、ギルモアは『狂気のプロフィール』を、ウォーターズは『ヒッチハイクの賛否両論』を発表し、アルバムに伴うコンサートツアーも行った。しかし、両者のアルバムの売り上げ並びにコンサートの観客動員は芳しいものではなく、空席の目立つ観客席を前に演奏することが多かった。ギルモアのコンサートはわずかに黒字を確保したが、ウォーターズは(エリック・クラプトンという大物が居たにも関わらず)チケットを売り切ることが全く出来ず、大幅な損失を被ってしまった。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た京都府立体育館

    3月6日,7日 東京都体育館、8日,9日 大阪フェスティバルホール、10日 京都府立体育館、13日 札幌中島スポーツセンターピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

  • ピンク・フロイド

    ピンク・フロイドから見た海賊盤

    その後、6月にフランス、11月にイギリスでコンサートツアーを行った。新曲「Shine on you crazy diamond」「You've gotta be crazy」「Raving and drooling」などが披露され、次のアルバムではこの3曲を収録することが決まりかけていたが、これらの新曲を披露したコンサートを収録した海賊盤『British Winter tour』なるアルバムが大いに売れてしまったため「You've gotta be crazy」と「Raving and drooling」の収録は見送られた。ピンク・フロイド フレッシュアイペディアより)

113件中 71 - 80件表示

「ピンク・フロイド」のニューストピックワード