180件中 51 - 60件表示
  • 2009年のアメリカ合衆国

    2009年のアメリカ合衆国から見たファイザーファイザー

    1月26日 - アメリカ大手企業が相次いで大型リストラを発表。人員削減数は、この日だけで約6万人に及んだ。削減数の内訳は、キャタピラー(建設機械)2万人、ファイザー(製薬)19,000人、スプリント・ネクステル(携帯電話)8千人、ホーム・デポ(日用品販売)7千人など 。2009年のアメリカ合衆国 フレッシュアイペディアより)

  • 潮田薬品

    潮田薬品から見たファイザー製薬ファイザー

    台糖ファイザー(現・ファイザー製薬潮田薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 幸燿

    幸燿から見たファイザーファイザー

    アステラス製薬、アルフレッサ、エーザイ、大塚製薬、キッセイ薬品工業、協和発酵キリン、グラクソ・スミスクライン、興和創薬、参天製薬、塩野義製薬、第一三共、大鵬薬品、田辺三菱製薬、ツムラ、テルモ、鳥居薬品、ノバルティス、ファイザー幸燿 フレッシュアイペディアより)

  • 笹菊薬品

    笹菊薬品から見たファイザーファイザー

    笹菊薬品株式会社(ささきくやくひん)は、1866年(慶応2年)、新潟県で創業し医薬品小売業を経て、1950年(昭和25年)医薬品卸売業を開業、加茂市を中心に医療機関を対象に塩野義製薬、日本ケミファ、山之内製薬、ファイザー等の特約店として新潟、長岡、上越、佐渡に営業所を設け事業を拡大した。1988年(昭和63年)、医薬分業制度に対応して調剤薬局経営に進出。同時に医薬品卸業を縮小、各地営業所を廃止、大部分を名古屋市スズケンに営業譲渡。調剤薬局は新潟市に第1号店を開設以来、下越地区中心に開設を続け、現在、24店舗を展開している。笹菊薬品 フレッシュアイペディアより)

  • 茂木薬品商会

    茂木薬品商会から見たファイザーファイザー

    武田薬品、ライオン、田辺製薬、第一三共ヘルスケア、塩野義製薬、ジョンソン・エンド・ジョンソン、エーザイ、大日本住友製薬、興和、大鵬薬品工業、森下仁丹、ファイザー、グラクソ・スミスクライン、明治製菓 など茂木薬品商会 フレッシュアイペディアより)

  • ウィラメット大学

    ウィラメット大学から見たファイザーファイザー

    アレックス・J.マンドル(ジェムアルトCEO、ヒューイット・アソシエイツ取締役、ファイザー取締役、デル取締役)ウィラメット大学 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対する義援金寄付

    東日本大震災に対する義援金寄付から見たファイザーファイザー

    ファイザー:義援金300万ドルを寄付。東日本大震災に対する義援金寄付 フレッシュアイペディアより)

  • 住友製薬

    住友製薬から見たファイザーファイザー

    住友化学の医薬事業と稲畑産業の医薬事業を統合して1984年10月1日に発足。インターフェロンα製剤「スミフェロン」や成長ホルモン製剤「ジェノトロピン」(現在はファイザーが販売)で急成長。現在はカルシウム拮抗剤の「アムロジン」やカルバペネム系抗生物質「メロペン」を主力製品とする。住友製薬 フレッシュアイペディアより)

  • アルフォン・ラレー

    アルフォン・ラレーから見たファイザーファイザー

    エルネスト・ボーが去ってからのラレー社は不振に喘ぐこととなった。ラレー社は、1926年にフランソワ・コティが設立した化粧品メーカー、コティに買収される。コティの一ブランドになると共に、コティは高級ブランドとして、ラレーの名を存続させようと地道に活動を続けたが、そのコティも1963年には、アメリカ・ニューヨークに本社を置く、総合医薬品メーカーのファイザーにより買収され、ラレーの名はここに潰えることとなった。アルフォン・ラレー フレッシュアイペディアより)

  • 台湾製糖

    台湾製糖から見たファイザーファイザー

    ファイザー - 日本法人はかつて当社との合弁で「台糖ファイザー」と名乗っていた台湾製糖 フレッシュアイペディアより)

180件中 51 - 60件表示

「ファイザー」のニューストピックワード