251件中 81 - 90件表示
  • ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツ

    ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツから見たファイザーファイザー

    M&Aプラクティスが特に著名で、1980年代にリプトン弁護士がいわゆる「ポイズン・ピル」を敵対的買収の防衛策として開発した。AT&T、ファイザー、JPモルガン・チェース等の大手企業を代理したことがある。企業関連訴訟のスキルも評価され、デラウェア会社法の主要判例に係わったことがある。ワクテル・リプトン・ローゼン・アンド・カッツ フレッシュアイペディアより)

  • ミディクロリア

    ミディクロリアから見たファイザーファイザー

    ミディクロリアと思われる細菌は、1979年にイギリス・リーズ大学の研究者(その後ファイザーの動物衛生部門の責任者となった)David Lewisが初めて報告し、ミディクロリア フレッシュアイペディアより)

  • 勝隆一

    勝隆一から見たファイザーファイザー

    ファイザー製薬健康促進ソング勝隆一 フレッシュアイペディアより)

  • 曽蔭権

    曽蔭権から見たファイザー製薬ファイザー

    1964年に香港華仁書院大学予科卒業後、香港大学建築系に入学するも経済的事情で中退し、ファイザー製薬の販売員を2年間勤めた後、1967年にイギリス統治下にある香港政庁に入庁して公務員となる。入庁時はノンキャリアである二級行政主任であったが、1971年に幹部候補(キャリア)である政務主任試験に合格したのをきっかけに昇進を続ける。主に経済畑を歩み、1977年にはアジア開発銀行に出向した。アジ銀での経験が評価され、1981年にハーバード大学ケネディスクールに留学し、行政学修士を取得した。また、香港中文大学と香港理工大学、香港大学からは名誉博士号を授与された。その後、経済・財政政策の専門官として、通商局長などを歴任する。1995年には華人としては初めて財政長官に就任する。1997年の香港返還前日には、イギリス政府よりナイト・コマンダー(司令官騎士 KBE)を受勲し、サー(Sir)の称号が与えられた。曽蔭権 フレッシュアイペディアより)

  • トファシチニブ

    トファシチニブから見たファイザーファイザー

    トファシチニブ (Tofacitinib)は、ヤヌスキナーゼ阻害剤であり、免疫抑制剤・分子標的薬のひとつ。製品名はゼルヤンツ、XeljanzやJakvinus。ファイザーにより開発され、日本では武田薬品工業が販売している。トファシチニブ フレッシュアイペディアより)

  • イマガバリン

    イマガバリンから見たファイザーファイザー

    イマガバリン(Imagabalin)は、電圧依存性カルシウムチャネルのα2δサブユニットのリガンドとして作用する。α2δ2サブユニットと比べてα2δ1サブユニットに対する選択性がある。ファイザーによって医薬品として開発されていたには、抗不安薬、鎮痛剤、睡眠薬、抗てんかん薬の作用が非臨床試験で示されていた。現在は、全般性不安障害の治療についての、第三相臨床試験が実施されている。イマガバリン フレッシュアイペディアより)

  • 二宮星

    二宮星から見たファイザー製薬ファイザー

    ファイザー製薬 「禁煙啓発キャンペーン『しあわせ禁煙生活』」禁煙ファミリー篇(2012年2月23日-、)娘 役二宮星 フレッシュアイペディアより)

  • 脂質降下薬

    脂質降下薬から見たファイザーファイザー

    CETP阻害薬() ? リポタンパク質のLDLとHDLの間でコレステロールを交換するCETPを阻害し、HDLコレステロールを増やす薬。ファイザーのトルセトラピブ (torcetrapib) は血圧が上がり心血管事故が増え、投与群の方が死亡(トルセトラピブとリピトールの併用群82例対リピトール群51例、各群約7500名)が多かったので2006年(平成18年)12月開発が中止された。類薬に日本たばこのJTT-705(開発中止)、メルクのMK-0859、イーライ・リリーのLY2484595がある。脂質降下薬 フレッシュアイペディアより)

  • ソフィーの選択

    ソフィーの選択から見たファイザーファイザー

    ソフィーにはアウシュヴィッツ強制収容所にいた経験があると言う。 収容所から解放された1年半後、アメリカに暮らし始めていたのに、まだ案山子の様に衰弱していたソフィーは、或る日、ブルックリン大学の図書館でエミリー・ディキンソンの詩集を探している時、貧血で倒れてしまい、その場に偶然居合わせたネイサンに助けられ、2人は「奇跡の出会い」を果たす。 ネイサンはタクシーでソフィーを自分のアパートに連れて帰り、2人はそのまま一緒に暮らすようになる。 ネイサンは、ハーバード大学の修士号を持つ生物学者で現在製薬会社ファイザーの研究所に勤務しているという。 ポーランドで育ったソフィーは幼い日、母国語であるポーランド語以外にドイツ語、フランス語、ロシア語、ハンガリー語を父から教わったが、英語はと言うと、まだ完璧に話せないでいる。 スラブ系言語の話者が持つ訛りたっぷりに話し、時に英単語を間違えたり、記憶した単語を頭の奥から引っ張り出すのに少し時間を要したりすることもある。ソフィーの選択 フレッシュアイペディアより)

  • コネチカット州の歴史

    コネチカット州の歴史から見たファイザーファイザー

    ピクォート族の子孫がその居留地に数百万ドルのカジノ複合施設を建設する計画を始めた。フォックスウッズ・カジノは1992年に完成し、そこから上がる巨大な収益でマシャンタケット・ピクォートは国でも最も裕福な居留地になった。新しく得た金で、マシャンタケット・ピクォート博物館および研究センターのような大きな教育と文化の計画が遂行された。モヒガン居留地でもその後直ぐに政界の認識を得て、1994年にアンカスビル町の近くに別のカジノ、モヒガン・サンを始めた。カジノ・ギャンブルの成功によって、州の経済の中心は製造業から娯楽の方に移り、他にはケーブルテレビのESPN、金融面でヘッジファンドなどのサービス、およびファイザーのような薬品会社が伸びてきた。コネチカット州の歴史 フレッシュアイペディアより)

251件中 81 - 90件表示

「ファイザー」のニューストピックワード