前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示
  • ファイザー

    ファイザーから見たエーザイ

    リリカ® (プレガバリン) - 末梢性神経障害性疼痛治療薬(発売当初は帯状疱疹後神経痛治療薬であった)。神経接合部のカルシウムチャネル阻害剤。(日本ではエーザイと共同販売)ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見た中孝介

    2008年 - 日本法人設立55周年を記念してCMが制作され、楽曲には中孝介の「風よ」が起用された。ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見た医薬情報担当者

    1950年?1970年代 - 当時は外為法の規制によって、外国の製薬会社は日本の大手製薬会社との合弁会社を通して、自社製品を合弁先である日本の製薬会社によって販売していたが、台糖ファイザーは当初から独自にMR(医薬情報担当者)を多く雇用し、自社で納入・販売先を開拓してきた。そのため多くのMRを擁していることが特徴である。ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見たワーナー・ランバート

    2003年 - 米ファイザー (Pfizer Inc.) が2000年に米ワーナー・ランバート、2003年に米ファルマシア を買収したのに併せて、日本法人もそれぞれ事業を統合した。ファルマシア日本法人との事業統合を機に、ファイザー製薬株式会社より現在のファイザー株式会社へ商号変更(社名変更)した。ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見た三井製糖

    1955年6月 - 台糖ファイザーを設立。台糖(現在の三井製糖)が独自のペニシリンの培養技術をもって発売していた一方で、パートナーとして外国の医薬品メーカーとの提携を模索しており、当時のファイザーと利害が一致。1955年にファイザー田邊の田辺製薬持ち株分を台糖へ譲渡し、台糖ファイザーが誕生(実際は後に社名変更を実施)した。ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見た田辺三菱製薬

    1953年 - 田辺製薬(現在の田辺三菱製薬)との合弁によって、ファイザー田邊を設立し日本へ進出した。当時の主力製品テラマイシン(抗生物質)などの販売を開始するも、テラマイシン国産品の増産が出来ず当時の厚生省の方針によって合弁契約の解消を迫られた。ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見たラクオリア創薬

    2007年7月 - 医薬営業部門を対象とした先着電話受付リストラを実施し、本社・MRを含む約700名が早期退職した。愛知県の中央研究所は閉鎖となり、その中の研究員約70名がEBOにより研究所施設を利用した新会社「ラクオリア創薬株式会社」を2008年7月に設立、独立した。ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見たクラフトフーヅ

    2000年 - アメリカのワーナー・ランバート社(医薬品のパーク・デービス (Parke-Davis) 、カプセル剤のカプスゲル、カミソリのシック、含嗽剤のリステリン、お菓子のアダムス(現クラフトフーヅ キャンディ・ガム菓子部門)、観賞魚製品のテトラ・ベルケ(現テトラ)などを保有)を買収。ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見たジョンソン・エンド・ジョンソン

    なお、ワーナー・ランバートの菓子ブランド「アダムス」(リカルデント、ホールズ、メントスなど)はキャドバリージャパンへ譲渡した。また旧ファイザー、旧ワーナー・ランバート、旧ファルマシアでそれぞれ展開してきた一般用医薬品ブランド(アネトン、リステリン、ニコレット、ブラックス、バイシンなど)もジョンソン・エンド・ジョンソンに譲渡した。ファイザー フレッシュアイペディアより)

  • ファイザー

    ファイザーから見たアステラス製薬

    2004年度では世界の上位銘柄一位となり、ファイザーのワーナー・ランバート買収資金がリピトールの売上で充分に回収出来た、とされている。日本ではアステラス製薬(旧山之内製薬)が共同販売を行っている。ファイザー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
87件中 1 - 10件表示

「ファイザー」のニューストピックワード