466件中 91 - 100件表示
  • 川辺駿

    川辺駿から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2015年開幕直前に名波浩に見初められ、ジュビロ磐田へ期限付き移籍。4月10日にプロA契約を締結。第3節カマタマーレ讃岐戦では、途中出場途中交代を経験したが、第6節横浜FC戦で後半スタートから出場、初アシストを記録しチームの逆転勝利に貢献した。川辺は「丸亀があったからこそいい準備ができたし生かせた。今日のプレーを続けていきたい。」と話している。第27節ファジアーノ岡山FC戦で記録したリーグ戦初ゴールはJ2通算14000ゴール目であった。後半戦からはレギュラーに定着し磐田の3年ぶりのJ1復帰に貢献、U-22日本代表候補に選出されている。川辺駿 フレッシュアイペディアより)

  • 阪南大学

    阪南大学から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    李彰剛 - 元プロサッカー選手(ファジアーノ岡山- ファジアーノ岡山コーチ阪南大学 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜FC

    横浜FCから見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    開幕から4試合連続無敗で4位に浮上するものの、その後は5試合連続未勝利で18位まで順位を下げた。5試合連続未勝利の直後の第10節のアウェーの讃岐に勝利した後、第11節から再び5試合連続未勝利(4連敗と1分)で15節終了後には20位へ転落した。その後巻き返して、第18節から15試合連続負けなしで8位に上昇し、第4節以来およそ17節ぶりに1桁順位となった。しかし、その直後の第32節の長崎に敗れ、そこから、再び5試合連続未勝利。13位へ後退した。第40節の岡山との対戦で0-2で敗れて、プレーオフ進出の可能性が消滅(7位以下が確定)。最終順位は昨年(2013年)と同じく11位で終了。シーズン終了後、山口が契約満了で2015年の契約を更新しないこととなった。11月27日にスタッフの鄭容臺、芝田貴臣、中村亮太、12月1日には西嶋弘之の契約満了を発表した。天皇杯では初戦で富山に敗れた。横浜FC フレッシュアイペディアより)

  • 岩武克弥

    岩武克弥から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    大分市の強豪クラブチーム・カティオーラFCのU-12、U-15を経て、2012年に大分トリニータU-18へ入団(同期に坂井大将、姫野宥弥、佐藤昂洋)。2014年シーズン始動当初からトップチームの練習に参加し、2月に同期の坂井とともに2種登録選手としてトップチームに選手登録された。怪我で一時戦列を離脱したが、3月30日の第5節岡山戦でJリーグ初出場を果たす。その後は後半戦は出場機会を失うも、主にサイドバックでリーグ戦10試合に出場。岩武克弥 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿島アントラーズ

    鹿島アントラーズから見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    またこのシーズンをもって大岩剛が現役を引退した。さらに、笠井健太、ジウトンと契約を結ばず、マルキーニョスが仙台、船山祐二が山形、大道広幸が岡山へ完全移籍、川俣慎一郎が仙台、川島大地が山形、宮崎智彦が横浜FC、鈴木修人が栃木SC、佐々木竜太が湘南へレンタル移籍となった。鹿島アントラーズ フレッシュアイペディアより)

  • 竹内彬

    竹内彬から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2010年は千代反田充の加入もあって出場機会が激減、翌2011年にジェフユナイテッド千葉へ期限付き移籍。同年5月15日に岡山戦で、後半ロスタイム途中、左CKからの高いボールを頭で決めて逆転に成功し、プロ初決勝ゴールを拳げた。2011年はセンターバックのレギュラーとして36試合出場し、7ゴールを挙げた。竹内彬 フレッシュアイペディアより)

  • 廣永遼太郎

    廣永遼太郎から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    同年8月よりJ2・ファジアーノ岡山FCに期限付き移籍。2010年J2第26節北九州戦でJリーグデビュー。期限付き移籍期間満了により同年限りで退団。廣永遼太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛引政敏

    櫛引政敏から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2017年1月5日、鹿島への期限付き移籍満了と、ファジアーノ岡山FCへの期限付き移籍が発表された。しかし同じく新加入の一森純との正守護神争いに敗れ、リーグ戦6試合の出場にとどまり、シーズン終了後に期限付き移籍満了が発表された。また12月9日には清水からも契約満了の発表があった。櫛引政敏 フレッシュアイペディアより)

  • 林容平

    林容平から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2014年、ファジアーノ岡山へ期限付き移籍。キャンプで抜群の得点力を発揮し、シャドーストライカーとしてJ2第1節富山戦で早速先発出場を果たした。後方まで下がっての守備が求められたこともあって得点は伸びず、徐々に控えへと追いやられた。林容平 フレッシュアイペディアより)

  • ブラウブリッツ秋田

    ブラウブリッツ秋田から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    補強として、岡山から野本安啓を、柏からエフラインリンタロウを期限付き移籍で獲得。また、大卒ルーキーとして二戸将、北森陽介、土屋健太が加入した。また、シーズン途中7月には仙台から島川俊郎を期限付き移籍で獲得した。ブラウブリッツ秋田 フレッシュアイペディアより)

466件中 91 - 100件表示

「ファジアーノ岡山」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]