466件中 11 - 20件表示
  • 中野裕太 (サッカー選手)

    中野裕太 (サッカー選手)から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2008年、横浜FCに入団。2010年3月よりファジアーノ岡山に期限付き移籍し、8月、ファジアーノ岡山ネクストへ登録変更された。中野裕太 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 高松健太郎

    高松健太郎から見たファジアーノ岡山ファジアーノ岡山FC

    岡山県作陽高校から吉備国際大学(一時期、リバー・フリー・キッカーズ(RFK)に所属。)を経て、2004年三菱水島FCに加入。2008年にFC琉球へ移籍し、2009年からは横河武蔵野FCに所属した。高松健太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚聡

    手塚聡から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2007年から2009年までファジアーノ岡山の監督に就任。1年目でクラブを日本フットボールリーグへ、2年目でJ2昇格に導いた。2009年はJ2リーグ最下位に終わり、この年限りで退任。手塚聡 フレッシュアイペディアより)

  • 富永康博

    富永康博から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    しかし、2008年も公式戦出場の機会を得られず、契約満了による2008年シーズン限りでの退団に伴い現役引退、2009年から大阪学院大学のGKコーチに就任。2015年からファジアーノ岡山FCのGKコーチに就任した。富永康博 フレッシュアイペディアより)

  • 杉原光大

    杉原光大から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2008年 - 2011年 ファジアーノ岡山FCジュニアユース杉原光大 フレッシュアイペディアより)

  • 松浦宏治

    松浦宏治から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2003年にサンフレッチェ広島に入団。プロ同期入団は、高木和正、大久保裕樹、河原正治、田中俊也、木村龍朗。2005年にベガルタ仙台に移籍するも同年末に戦力外通告を受けた。2006年から東京ヴェルディ1969に移籍。同年10月からJFL入りを目指したファジアーノ岡山に期限付き移籍、全国地域リーグ決勝大会では主力として活躍した。2007年からはザスパ草津へ移籍した。控え中心で40試合に出場したが、シーズン終了後に戦力外通告。トライアウトなどに参加するも満足なオファーが来ず、同年限りで現役を引退した。松浦宏治 フレッシュアイペディアより)

  • 関隆倫

    関隆倫から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    その後、2006年にステップアップのためコンサドーレ札幌へ移籍。札幌では主に左サイドの選手としてレギュラーの座を獲得した。その後、シーズン途中に加入した西谷正也とのポジション争いが起こったため、常時出場というわけにはいかなかったものの、攻撃面に優れるが守備やスタミナに課題のある西谷に対し、守備面と運動量で勝負する関はプレースタイルが違ったということもあり、出場機会を失うことはなく主力の一人としてチームに貢献した。しかし、2007年に三浦俊也監督が就任すると一転して出場機会を失い、出場は天皇杯1試合に終わり、シーズン終了後に戦力外通告を受け退団。Jリーグ合同トライアウトに参加するなどアピール活動が続いたがプロチームへの移籍は叶わず、2008年は、群馬県社会人リーグのtonan前橋へ入団した。シーズン途中にJFL・ファジアーノ岡山FCへ移籍、J2昇格に大きく貢献し、シーズン終了をもって退団した。2009年に九州サッカーリーグ・沖縄かりゆしFCへ移籍。かりゆしではエースナンバーを背負い、チームの中心選手として活躍。フリーキックのキッカーも務め、優勝のかかる第17週では2位のヴォルカ鹿児島にフリーキックを2本直接決めチームの勝利に貢献した。また、シーズン通算で13アシストを決め、九州リーグアシスト王に輝くなどエースナンバーに恥じない大きな結果を残した。2010年は沖縄かりゆしFCの解散に伴い、同じ沖縄県のJFL・FC琉球に移籍。同年シーズン終了後にFC琉球を退団。関隆倫 フレッシュアイペディアより)

  • 三木良太

    三木良太から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2009年、2年ぶりにG大阪に復帰したが、6月26日にファジアーノ岡山FCへの完全移籍が発表された。三木良太 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨川奨

    鴨川奨から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2008年7月、シーズン途中から当時JFL所属のファジアーノ岡山へ入団。チームのJ2昇格へ大きく貢献したが、シーズン終了をもって退団した。鴨川奨 フレッシュアイペディアより)

  • 西野晃平

    西野晃平から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    在学中の2004年に特別指定選手として大分トリニータに登録され、翌年に正式に入団した。2005年4月24日の対ヴィッセル神戸戦でプロとしてのリーグ戦初出場を果たし、後半ロスタイムにプロ初シュートが試合の決勝点となるという劇的なデビューを飾った。しかし、2005年の1年間限りで大分を離れ、長期にわたり期限付き移籍されることになる。2006年からの3年間は水戸ホーリーホックに在籍し、エースストライカーとして活躍した。2009年からはファジアーノ岡山に移籍し、4月19日にはカターレ富山に所属する実弟の西野誠との兄弟対決が実現した。西野晃平 フレッシュアイペディアより)

466件中 11 - 20件表示

「ファジアーノ岡山」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]