466件中 51 - 60件表示
  • 野田紘史

    野田紘史から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    しかし、浦和では7月まででベンチ入りはナビスコ杯での2試合のみ、出場はなし(サテライトで4試合に出場)と、ボランチからコンバートされた細貝萌や、同じくルーキーの永田拓也、高橋峻希にポジション争いで後塵を拝した。7月23日、J2のファジアーノ岡山FCへの期限付き移籍が発表された。移籍直後の8月2日、対アビスパ福岡戦でフル出場し、これがプロ公式戦デビューとなった。以後、岡山のスタメンに定着。野田紘史 フレッシュアイペディアより)

  • 上里一将

    上里一将から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2009年は新監督に就任した石崎信弘に指名されキャプテンに就任。クラブ史上最年少での主将抜擢だった。リーグ戦が開幕するとレギュラーとして主にボランチや左サイドバックで起用され、チーム最多の48試合に出場(うち先発出場は47試合)し、出場時間もチームトップの西嶋弘之に次ぐ4,013分に到達するなど上里にとって飛躍の年となった。リーグ戦が始まると序盤こそ勝てない時期が続き、3月25日のJ2第4節湘南戦では試合開始早々にチームメイトのキリノと接触し裂傷を負い負傷退場してしまう不運にも見舞われたが、続く3月29日J2第5節岡山戦で豪快なミドルシュートでシーズン初ゴールを挙げると、4月からはチームも13試合連続で不敗を続けるなど好調を維持し攻守の要としてチームを牽引した。また、得点能力の向上も見せており、上述の岡山戦でのゴールをはじめ、6月27日J2第24節仙台戦では左サイドの深い位置からゴールを決め、8月5日J2第32節の福岡戦では自陣側センターサークル手前の推定65mの位置からロングループシュートを決めるなど、持前の視野の広さとキックの精度を活かしたゴールも多く挙げ、9月20日のJ2第40節福岡戦ではプロ入り後初となる直接フリーキックを決めており、最終的に自身最多となる6得点でシーズンを終えた。上里一将 フレッシュアイペディアより)

  • 岩政大樹

    岩政大樹から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2015年、J2のファジアーノ岡山に完全移籍。初年度よりキャプテンに就任し、リーグ戦全42試合にフル出場を果たし、精神的支柱として活躍した。岩政大樹 フレッシュアイペディアより)

  • 濱田水輝

    濱田水輝から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    濱田 水輝(はまだ みずき、1990年5月18日 - )は、アメリカ・ニュージャージー州出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ファジアーノ岡山所属。ポジションはDF(センターバック)、守備的MF。濱田水輝 フレッシュアイペディアより)

  • 岡山ダービー

    岡山ダービーから見たファジアーノ岡山ファジアーノ岡山FC

    ファジアーノ岡山と三菱水島FCは、共に岡山県内にホームタウンを持ち、2008年にファジアーノが日本フットボールリーグ (JFL) に昇格したことによって実現した。しかし、ファジアーノが日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟した2009年以降、両チームの対戦は無い。岡山ダービー フレッシュアイペディアより)

  • 陰陽ダービー

    陰陽ダービーから見たファジアーノ岡山ファジアーノ岡山FC

    陰陽ダービー(いんやんダービー)とは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するガイナーレ鳥取(鳥取県)およびファジアーノ岡山(岡山県)の両クラブが対戦する試合の呼称である。陰陽ダービー フレッシュアイペディアより)

  • 岡本英也

    岡本英也から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2015年、大分トリニータに完全移籍したが、チームが低迷する中で出場機会が十分に得られず、同年7月よりファジアーノ岡山に期限付き移籍。翌2016年シーズンは岡山に完全移籍するが、前半戦4試合の出場にとどまり、7月4日にレノファ山口FCへの期限付き移籍が発表された。2016年12月24日、レノファ山口FCに完全移籍することが発表された。岡本英也 フレッシュアイペディアより)

  • 金山隼樹

    金山隼樹から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    金山 隼樹(かなやま じゅんき、1988年6月12日 - )は、島根県出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ファジアーノ岡山所属。ポジションは、ゴールキーパー。金山隼樹 フレッシュアイペディアより)

  • 小山内貴哉

    小山内貴哉から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2013年は新監督に就任した財前恵一の下、右サイドバックでレギュラーを務める日高拓磨が負傷離脱した事もあって、シーズン序盤から出場機会を掴み、4月7日J2第7節岡山戦でリーグ戦初出場初先発を果たし、以降4試合続けて先発で起用されていたが、5月12日J2第14節山形戦で負傷退場してしまい、以降シーズン終盤まで試合出場は適わなかった。11月20日の天皇杯4回戦甲府戦でセンターバックとしてフル出場。延長後半に1失点を喫し敗退してしまうものの、格上相手を試合終盤まで無失点に抑えるなど善戦した。小山内貴哉 フレッシュアイペディアより)

  • 菅沼駿哉

    菅沼駿哉から見たファジアーノ岡山ファジアーノ岡山FC

    2011年、シーズン途中の8月に出場機会を求めてJ2・ロアッソ熊本へ半年間の期限付き移籍で加入した。移籍直後の8月6日、J2リーグ第3節の岡山戦でJリーグ初出場を果たし、リーグ後半戦の20試合のうち17試合すべてで先発出場した。移籍期間満了につき同年限りで熊本を退団。菅沼駿哉 フレッシュアイペディアより)

466件中 51 - 60件表示

「ファジアーノ岡山」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]