466件中 81 - 90件表示
  • 渡大生

    渡大生から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2012年3月11日の第2節ファジアーノ岡山FC戦にてJリーグ初出場を果たすと、同年3月20日の第4節水戸ホーリーホック戦でJリーグ初得点を決めた。6月、AFC U-22選手権予選に出場するU-19日本代表に選出。三菱化成黒崎サッカー部・ニューウェーブ北九州時代も通じてクラブ史上初めての代表招集となった。渡大生 フレッシュアイペディアより)

  • 竹田忠嗣

    竹田忠嗣から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2005年に ジェフユナイテッド市原・千葉に加入。2008年途中に移籍したファジアーノ岡山で不動のディフェンスリーダーとして活躍した。2018年よりFC岐阜に移籍。竹田忠嗣 フレッシュアイペディアより)

  • 石毛秀樹

    石毛秀樹から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2017年、ファジアーノ岡山に期限付き移籍。5月7日、第12節の徳島ヴォルティス戦で初先発をしてアシストを記録した。2018年シーズンは、岡山との期限付き移籍期間満了し、清水に復帰。石毛秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • AC長野パルセイロ

    AC長野パルセイロから見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    美濃部体制3年目。旗手真也、野澤健一、高野耕平が引退、松尾昇悟、川邊裕紀、田中恵太、下村悠太、畑田真輝、川鍋良祐がチームを去った。補強は、長崎から金久保彩、相模原から菅野哲也、盛岡から土井良太、京都から内野貴志を完全移籍で、岡山から仙石廉を期限付き移籍で獲得。鮫島晃太の期限付き移籍期間が延長され、山田晃平が期限付き移籍から完全移籍に移行した。AC長野パルセイロ フレッシュアイペディアより)

  • 大宮アルディージャ

    大宮アルディージャから見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    リーグ戦は、前年後半からの無敗を継続。第7節浦和戦で鹿島が持っていたJ1連続無敗記録を更新すると、次の柏戦で首位に立ち、第11節仙台戦で敗北を喫するまでにJ1記録を21(13勝8分)に伸ばした。ナビスコカップはグループリーグ敗退。J1リーグ戦でも、コンフェデレーションズカップによる中断明けの7月、第16節から連敗を喫し、5連敗目となった第20節の翌日の8月11日にベルデニックを解任して、小倉勉が監督に就任。なお、カルリーニョスが磐田へ、清水慎太郎が岡山へレンタル移籍したが、仙台から和田拓也、元シドニーFCでオーストラリア代表のニールを補強した。しかし、小倉指揮下でもJ1リーグ戦で連敗を止めることができず、結果的に連敗は8まで伸びたが、第24節横浜F・マリノス戦で連敗を止めた。第25節から第32節までシーズン2度目の8連敗を喫したが、第33節・第34節と連勝して最終順位は14位。なお、第34節湘南戦の勝利により、J1通算100勝を達成した。シーズン終了後に小倉が監督を退任した。また、岡本武行がGM、古矢武士が強化部長をそれぞれ退任した。大宮アルディージャ フレッシュアイペディアより)

  • 後藤圭太

    後藤圭太から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    後藤 圭太(ごとう けいた、1986年9月8日 - )は、茨城県坂東市出身のサッカー選手。Jリーグ・ファジアーノ岡山FC所属。後藤圭太 フレッシュアイペディアより)

  • 李彰剛

    李彰剛から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    大学卒業後、当時中国サッカーリーグ所属だったファジアーノ岡山に入団した。加入初年度は地域リーグに所属するチームで控え選手として過ごしたが、チームのJFL昇格を経験した。JFL参入した入団2年目のシーズン途中にレギュラーとしてプレーするようになり、JFL1年目でのJリーグ参入に貢献した。李彰剛 フレッシュアイペディアより)

  • 李東明

    李東明から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    韓国・富平(プピョン)高校、Kリーグ・済州ユナイテッドFC、釜山アイパークを経て、2010年4月よりファジアーノ岡山FCに加入した。李東明 フレッシュアイペディアより)

  • 矢島慎也

    矢島慎也から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    2015年、ファジアーノ岡山へ期限付き移籍。同年後半からは長澤徹によってボランチへコンバートされ、中盤の守備を徹底して叩き込まれた。監督が長澤でなかったら自身がボランチで起用されることはなかったと語り、2016年は同ポジションでのプレー確立のため岡山残留を選択。ボランチとしてレギュラーを確立するも、J1昇格プレーオフでセレッソ大阪に敗れた。矢島慎也 フレッシュアイペディアより)

  • 六反勇治

    六反勇治から見たファジアーノ岡山FCファジアーノ岡山FC

    福岡に加入して4年目、2009年9月2日のJ2第37節ファジアーノ岡山戦でJリーグ初出場。それまで正GKだった吉田宗弘から定位置を奪い、このシーズンは15試合に出場した。六反勇治 フレッシュアイペディアより)

466件中 81 - 90件表示

「ファジアーノ岡山」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]