162件中 71 - 80件表示
  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見たカマタマーレ讃岐

    キム・テヨン(東京V⇒Kリーグ・大田シチズンへ完全移籍)、喜山康平(東京V⇒JFL・讃岐)ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見たガンバ大阪

    植田龍仁朗(G大阪)、保坂一成(甲府)、西野晃平(水戸)、青木孝太(途中加入、千葉)、三木良太(途中加入、G大阪)、野田紘史(途中加入、浦和)、廣永遼太郎(途中加入、FC東京)ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見た名古屋グランパス

    天皇杯では、ホームで開催された2回戦富山戦で、後半のチアゴ、後藤圭太のゴールにより2-0で勝利。3回戦ではJ1名古屋と対戦し、仙石廉のゴールで先制、その後逆転されるが後半30分に関戸健二のゴールで同点に追いついた。しかし同点とした直後に服部公太が2回目のイエローカードで退場処分を受け、その後は1人少ない状態で耐えていたものの、後半ロスタイムに植田龍仁朗がペナルティエリア内で小川佳純に対するファウルを取られ2枚目のイエローカードで2人目の退場、同時に与えられたPKを田中マルクス闘莉王に決められ、2-3で惜敗した。ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見た鹿島アントラーズ

    後藤圭太(鹿島)、近藤徹志(浦和)、キム・テヨン(水戸)、岸田裕樹(神戸)、山中誠晃(ジェフリザーブズ)、篠原弘次郎(新卒)、福本尚純(新卒)、宮田直樹(新卒)、中野裕太(途中加入、横浜FC)、イ・ドンミョン(途中加入、Kリーグ・釜山)、白谷建人(途中加入、水戸)ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見たベガルタ仙台

    桑田慎一朗(広島)、ストヤノフ(広島、元ブルガリア代表でチーム初の欧州出身選手)、一柳夢吾(仙台、元世代別日本代表)、大道広幸(鹿島)、仙石廉(柏、レンタル移籍)、久木田紳吾(新卒、昨シーズンの特別指定選手)、チアゴ(途中加入、元広島)ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見たセレッソ大阪

    昨年のレギュラーの内、真子・後藤・近藤・田所といった守備陣、岸田・白谷・三木といったFW陣は残留し、特別指定選手であったFW久木田が正式なメンバーとなった。しかし、:獲得した選手の多くが怪我により序盤から離脱、開幕戦の湘南戦は0-5と大敗した。ホーム開幕戦を前に、東日本大震災の影響でリーグ戦が中断。中断期間中に、ブラジル人FWチアゴ(元広島)を獲得した。10月30日の横浜FC戦で、植田龍仁朗が57.8メートルのヘディングシュートを決めるなど話題もあり、順位は昨年度の17位から13位へと上げ、PRIDE OF 中四国で初優勝を飾った。天皇杯は3回戦でセレッソ大阪に敗退した。ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見た浦和レッドダイヤモンズ

    植田龍仁朗(G大阪)、保坂一成(甲府)、西野晃平(水戸)、青木孝太(途中加入、千葉)、三木良太(途中加入、G大阪)、野田紘史(途中加入、浦和)、廣永遼太郎(途中加入、FC東京)ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見た神戸市

    川崎製鉄水島サッカー部(1966年創部)の調整者およびOBによる外部クラブとして、水島で活動していたリバー・フリー・キッカーズ(River Free Kickers、略称:RFK)が前身。そのため、神戸市に在するJリーグチームヴィッセル神戸と共に、川崎製鉄水島サッカー部の流れを組むチームのひとつである。ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見たツエーゲン金沢

    馬場悠(JFL・金沢)、宮田直樹(松本山雅)ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

  • ファジアーノ岡山

    ファジアーノ岡山から見た鳥取市

    とりぎんバードスタジアム (鳥取市、16,033人) - 2009年10月7日、J2第44節栃木戦に使用。ファジアーノ岡山 フレッシュアイペディアより)

162件中 71 - 80件表示

「ファジアーノ岡山」のニューストピックワード