612件中 51 - 60件表示
  • 金澤侑生

    金澤侑生から見たファッション雑誌ファッション雑誌

    2000年9月 英知出版発行のギャル系ファッション雑誌であるHappieでモデルデビュー。金澤侑生 フレッシュアイペディアより)

  • 大城友佳

    大城友佳から見たファッション雑誌ファッション雑誌

    2007年10月25日に、“元有名ファッション雑誌専属モデル”の触れ込みで、BEAUTY専属女優としてAVデビュー。大城友佳 フレッシュアイペディアより)

  • 成宮雄三

    成宮雄三から見たファッション誌ファッション雑誌

    他社メーカーの参入で「ジュニア市場」が活性化され1997年、少女向けファッション誌の草分け「ニコラ」が創刊。商品の提供、モデルオーディションなど全面的に協力。これを機に多ブランド展開、また積極的にメディアとのタイアップを図りトップシェアを確保した。成宮が開拓した「ジュニア市場」は、その世代の娘と、その母親にもスポットを当てることとなり、単純に服だけではないマーケットの裾野を拡げることとなった。「ニコラ」以降の少女向けファッション誌の増加は勿論、そのモデルからタレントを生んだり、ヤングミセスをターゲットにした女性誌の増加にも影響を与えた。結果的に女性ファッション全体の活性化に貢献したことになる。またセガのゲーム機オシャレ魔女 ラブandベリーなど関連商品を増やした。成宮雄三 フレッシュアイペディアより)

  • 東京ガールズブラボー

    東京ガールズブラボーから見たファッション雑誌ファッション雑誌

    ファッション誌である『CUTiE』(宝島社)にて、1990年12月号から1992年12月号までの2年間連載された。東京ガールズブラボー フレッシュアイペディアより)

  • GOSSIPS

    GOSSIPSから見たファッション誌ファッション雑誌

    日本で初めて海外セレブリティを専門として取り扱う女性誌として、2007年6月18日にトランスメディア社から第1号が発行される。当初はトランスメディア社が発行する女性ファッション誌『GLITTER』の増刊号として発売されていたが、3号目の2007年11月18日に月刊誌として創刊された。2010年2月号より、誌名が『GOSSIPS PRESS』(ゴシップス・プレス)から『GOSSIPS』(ゴシップス)に変更された。編集長の大柳によると、当初は2005年に創刊を予定されていたが、パパラッチ撮影によるゴシップ写真を1枚につき数百万円を提示された為、採算が合わないと断念した。しかし、その後パパラッチの人数が増え、ゴシップ写真の相場が下がった。この環境の変化が創刊から月刊化に踏み切った理由の1つだった。GOSSIPS フレッシュアイペディアより)

  • 松崎奈波

    松崎奈波から見たファッション雑誌ファッション雑誌

    2008年、ファッション雑誌『ラブベリー』(徳間書店)の第7回専属モデルオーディションに応募し、準グランプリを獲得。同年5月号より専属モデルとして活動していた。2011年3月号で卒業。松崎奈波 フレッシュアイペディアより)

  • 五明祐子

    五明祐子から見たファッション誌ファッション雑誌

    1992年、集英社の雑誌「non-no」にてデビュー。以降、ファッション誌・CM等で活躍している。2004年、テレビプロデューサーの辻村たろうと結婚。特技はボウリング。五明祐子 フレッシュアイペディアより)

  • Fine

    Fineから見たファッション雑誌ファッション雑誌

    Fine(ファイン)は日之出出版発行の男性・女性向け月刊ファッション雑誌。毎月1日発売。2008年に創刊30周年を迎えた。Fine フレッシュアイペディアより)

  • 各務沙羅

    各務沙羅から見たファッション雑誌ファッション雑誌

    1999年から2002年までファッション雑誌『non-no』の専属モデルとなる(29代目ノンノモデル)。各務沙羅 フレッシュアイペディアより)

  • ガッキーブック

    ガッキーブックから見たファッション雑誌ファッション雑誌

    新垣結衣が当時専属モデルとして所属していた女子中学生向けファッション雑誌『ニコラ』の企画によるもので、同誌2004年4月号の増刊号という扱いで出版された。同誌から特定モデルだけを扱った増刊号が出たのは後にも先にも『ガッキーブック』のみで、当時表紙起用回数が最多だった新垣結衣の人気を表している。また、『ニコラ』の増刊号もこれ以外に出たことがない。ガッキーブック フレッシュアイペディアより)

612件中 51 - 60件表示

「ファッション雑誌」のニューストピックワード