1032件中 21 - 30件表示
  • リメイク

    リメイクから見たファッションファッション

    リメイクは、元来は映画を対象とした語であるが、現在はテレビドラマ、テレビアニメ、コンピュータゲーム、音楽、ファッションなどの分野でも広く使われている。リメイク フレッシュアイペディアより)

  • MEN'S KNUCKLE

    MEN'S KNUCKLEから見たファッションファッション

    誌面はストリートスナップやヘアカタログなど、ファッション関係の記事が中心だが、高校生から20代前半の若い男性読者の関心が強い性やサブカルチャーに関する記事も豊富に取り上げられている。MEN'S KNUCKLE フレッシュアイペディアより)

  • Chloma

    Chlomaから見たファッションファッション

    chloma(クロマ)は、鈴木淳哉・佐久間麗子によるファッションレーベル。Chloma フレッシュアイペディアより)

  • 被服

    被服から見たファッションファッション

    第二次世界大戦後、既製服の本格的な普及が始まり被服は消費財へと大きくその価値を変えることになる。消費者は、小売店で既製品を選択、購入し、着用および手入れを繰り返した後、これを廃棄するようになった。また、当時、織物が主体であった外衣であるが、1970年頃になるとTシャツやポロシャツなどの素材となるイージーケアな編物がカジュアル、スポーティーなどのイメージとともに生活に浸透してくる。現在の被服は、ファッションの影響を強く受ける消費財として定着している。その典型としては、ファッションブランドに対する意識をあげることができる。また、1980年代以降には、製品としての被服の生産拠点が中国などに移行し、産業形態のひとつとして、製造小売業SPAが成功をおさめ注目された。21世紀に入り、被服の製造・流通・着用・廃棄の各過程において更に多様化が進んでいる。たとえば入手の方法では、通信販売(ネットショッピングなど電子商取引を含む)、競売(ネットオークション)など、商品もいわゆるブランド品やアウトレット商品、中古などと選択肢の拡張がなされている。保管に際しては、ファッションの変化速度が増し、物理的には着用可能な被服が退蔵、死蔵の状態に陥ることもしばしば認められる。廃棄の時点では、環境問題に配慮して様々なリサイクルも試みられている。また、情報産業の側面にも注目が集まり、本格的なウェアラブルコンピュータの研究開発 (en:wearable computing) なども行われている。服の種類としてはほぼどの文化圏においても洋服がもっとも一般的なものとなったが、民族衣装もいまだ完全に衰退してはおらず、祝祭などのハレの日などにおいては着用例がみられる。被服 フレッシュアイペディアより)

  • NAVI

    NAVIから見たファッションファッション

    創刊当初より徳大寺有恒や吉田匠、清水和夫などの自動車評論家による記事に留まらず、泉麻人やえのきどいちろう、神足裕司らによるコラム、田中康夫や渡辺和博、矢作俊彦、笠井潔、村上春樹、栗本慎一郎などの作家や学者による評論や対談、小説の連載があった。その後も、放送作家のテリー伊藤やファッション評論家のドン小西(小西良幸)、ミュージシャンの近田春夫による対談評論などが掲載された。自動車マニアの間で使われている「エンスー」(「エンスージアスト」の略)という表現は、渡辺和博が本誌の連載のなかで初めて使ったものであった。NAVI フレッシュアイペディアより)

  • プレスアート

    プレスアートから見たファッションファッション

    COLOR(カラー)は、若者(男女)向けの地域限定ファッション誌。偶数月発売。仙台の若者のファッションや音楽などを扱っている。仙台には服飾関連の専門学校が多いほか、仙台を拠点とするファッション・ブランドもあり、独自の傾向を持っている。また、音楽に於いてインディーズ系バンドは活動範囲が狭いため、東京と仙台では人気バンドに違いが出る。この様な仙台独自の文化に着目し、仙台都市圏から情報発信をしている。プレスアート フレッシュアイペディアより)

  • 陽生

    陽生から見たファッションファッション

    好きなファッションブランドは『DOLCE & GABBANA』。陽生 フレッシュアイペディアより)

  • 仙台フォーラス

    仙台フォーラスから見たファッションファッション

    「仙台フォーラス」は、仙台市都心部の中心商店街「一番町」(歩行者専用道路のアーケード街)において最も有名なファッションビルであり、一番町の中心に位置する。ビルの一番町側入口付近は待ち合わせ場所としても有名で、「フォーラス前」または略して「ラス前」と呼ばれる。また、ビルのぶらんどーむ一番町側は、近年ブランド街となりつつあり、藤崎(百貨店)までの間に数々の有名ブランド店が並ぶほか、土日の歩行者の数は5万人/日以上で、市内では最も歩行者数が多い。仙台フォーラス フレッシュアイペディアより)

  • ラバーフェティシズム

    ラバーフェティシズムから見たファッションファッション

    ゴムでできた衣服は、このようなフェティシストにとって数多くの魅力的な要素を備えており、現在まで世界中に多くの愛好者を抱えている。現在では、外見における特異性の強さから一般層をターゲットにした衣服でもゴム素材を使用したものが登場している。主にゴムを使用した衣服として製作されるものに、キャットスーツ、グローブ、ストッキング、ブーツ、ガスマスク、コルセット、ドレスなどが上げられる。ゴムをはじめ、主にフェティシズムの対象となる素材を使用したファッションをフェティッシュファッションと言い、従来のファッションとは異なる支持層を持っている。また2000年代初頭には、身体に塗るために作られた液状のゴム素材(リキッド・ラテックス)も販売されたが、大きな普及を見ぬまま現在に至っている。ラバーフェティシズム フレッシュアイペディアより)

  • ゴシック・アンド・ロリータ

    ゴシック・アンド・ロリータから見たファッションファッション

    ゴシック・アンド・ロリータ (Gothic & Lolita) は、本来異なるゴシックとロリータの要素を結びつけた日本独自のファッションスタイル。またそのようなサブカルチャーを指して言う語。略称はゴシック&ロリータもしくはゴスロリ。カルチャーとしてのゴシック・アンド・ロリータは、ヴィジュアル系バンド、嶽本野ばらの提唱する「乙女」、ドール文化などの要素を内包する。ゴシック・アンド・ロリータ フレッシュアイペディアより)

1032件中 21 - 30件表示

「ファッション」のニューストピックワード