1032件中 31 - 40件表示
  • セレブリティ

    セレブリティから見たファッションファッション

    日本初のセレブ雑誌は、海外セレブ・マガジンの『GOSSIPS』。2007年6月18日にトランスメディア社発行・オウトグラフ社編集で創刊され、毎月1万部の高ペースで部数を増やしている同誌は、海外セレブのゴシップ、ファッション、ビューティー、ライフスタイルなどを扱っている。これまでの映画誌とは違い、セレブの表の姿よりもプライベートでのゴシップやファッションなど裏の姿にフォーカスしている。また同誌は、海外セレブ・マガジンのパイオニアとして、テレビやラジオなど他のメディアに出演協力や情報提供を多数おこなっている。セレブリティ フレッシュアイペディアより)

  • 大阪大谷大学短期大学部

    大阪大谷大学短期大学部から見たファッションファッション

    大阪大谷大学短期大学部には生活創造学科が設置されており、ファッション・食生活・住居・インテリア・教養総合の専攻領域のカリキュラムと、13 品目のキャリアアッププログラムが自由に組み合わせるシステムが特徴となっていた。大阪大谷大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷系

    渋谷系から見たファッションファッション

    具体的なアーティストとしては、ピチカート・ファイヴ(小西康陽・野宮真貴)、ORIGINAL LOVE(田島貴男)、フリッパーズ・ギター(小山田圭吾・小沢健二)などが挙げられる。ミュージシャン自身は「渋谷系」への区分を喜ばないことが多かったが、多くの音楽的要素を取り込んだ彼らの音楽を表現する言葉としてよく用いられた。また彼らのCDのジャケットデザインやファッションは、1960・70年代のデザインを引用し解釈しなおした斬新なものであり、これらの音楽のファン層に強い影響を及ぼした。渋谷系 フレッシュアイペディアより)

  • マーズ・シックスティーン

    マーズ・シックスティーンから見たファッションファッション

    マーズ・シックスティーン(MARS SIXTEEN)は、日本のファッションブランド。MARS16とも。マーズ・シックスティーン フレッシュアイペディアより)

  • 繊維学

    繊維学から見たファッションデザインファッション

    繊維学(せんいがく)は、繊維を中心に研究を行う学問分野である。繊維科学ともいい、英語では「Textile Science」や「Fiber Science」、「Textiles」、「Fabric Science」等と訳される。また、繊維に関する工学に関するの分野を、繊維工学と呼ぶ。一方で、化学をベースとした場合には、染色化学や繊維化学、特に英語では統括してtextile chemistryとも呼ばれる。蚕糸研究や繊維工業を背景に成立した学問で、研究は工学、生物学、化学、化学工学、物理学、感性工学及び統計学をベースとすることが多い一方で、テキスタイルデザインやファッションデザインといった芸術分野、ブランディングなどの経営分野も含む。繊維学 フレッシュアイペディアより)

  • カラーコーディネーター

    カラーコーディネーターから見たファッションファッション

    カラーコディネーターは、主に住宅やホテル、レストランなどのインテリアや、ファッション、デパート、ショップの商品デザインやディスプレイ、建築、土木景観などで色彩、配色などについて助言をする専門家、コーディネーターのこと。カラーアドバイザー、カラーコンサルタントとも言う。カラーコーディネーター フレッシュアイペディアより)

  • ファーギー (歌手)

    ファーギー (歌手)から見たファッションファッション

    2006年9月、7歳の頃からの夢であった1stソロアルバム『プリンセス・ファーギー』を発売。2007年2月、アメリカのファッション・ブランドのキャンディーズの2007年スプリング・キャンペーン・ガールに抜擢され、「グラマラス」がイメージ・ソングとなった。ファーギー (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • ビバリーヒルズ高校白書

    ビバリーヒルズ高校白書から見たファッションファッション

    ストーリーは、寒冷なミネソタ州ミネアポリスで暮らしていた双子の中流家庭が温暖で華やかな上流家庭の子弟が多く住むカリフォルニア州ビバリーヒルズに引っ越し、中流家庭の高校生兄妹がウェストビバリーハイスクールに転校するところから始まる。主人公の双子とそのまわりの友人たちとの思春期から青年期にかけての恋愛、悩み、離婚・再婚や親の犯罪といった複雑な家庭事情、ドラッグ・銃・自殺・人種差別などの現代のアメリカ合衆国を象徴する社会問題と葛藤を描いた点がリアリティあるアメリカの若者像として評価を受け、世界的に人気を呼んだ。製作終了後も再放送が繰り返されるなど、ティーンドラマの伝説となっており、特に『高校白書』の評価が高く、アメリカではブレンダ役のシャナン・ドハーティーが出演したシーズン4までを「ブレンダ・イヤーズ」と呼び、シーズン4までのみ再放送する放送局もあった。日本でも当時大ブームを巻き起こした。ティーン向け女性ファッション雑誌では登場人物の着る西海岸風のアメリカンカジュアルな服装が多く取り上げられ、現在のセレブカジュアル風の着こなしは、一時は『ビバカジ』と称され流行していた。また日本語吹き替え版ではセリフの独特な言い回しや決まり文句(「ちょい待ち」「やっこさん」「 - でやんす」「ワーオです」など)が個々のキャラクターの個性を際立たせ、この作品を特徴付ける一要素となっている。スウェーデンでは、ドラマの人気絶頂期とも言うべき1992年から1994年にかけて、ブランドンとディランという二大登場人物の名が、新生児の名前として突然ポピュラーになったことさえある。ビバリーヒルズ高校白書 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元玲子

    辻元玲子から見たファッションファッション

    辻元玲子(つじもと れいこ、1972年 - は、神奈川県横浜市生まれの日本の画家・イラストレーター、ファッション・アドバイザー、翻訳家。旧名:田村玲子。夫は詩人で戦史・服飾史研究家の辻元よしふみ。2018年に導入の陸上自衛隊の制服(16式常装)改正にかかわり、山崎幸二・陸上幕僚長より陸上幕僚長感謝状を受けた。辻元玲子 フレッシュアイペディアより)

  • 御木惇史

    御木惇史から見たファッションファッション

    2017年(平成29年)より、シンガーソングライターMichaelKanekoのバンドメンバーとしてフジロックフェスティバルをはじめ日本国内の音楽フェスティバルへ多数出演する。同年、サーフィン・スケートボード・スノーボードのボードカルチャーのみならず、アートや音楽など様々なカルチャーをバックボーンに持つファッションブランド<VOLCOM・ボルコム>が開催した世界同時グローバルコンテスト ThisFirst で、この地球上で最も情熱を持った15名(日本からは1名)に選ばれ、日本代表・グランプリを受賞。 一定期間、<VOLCOM>他、関連会社とスポンサー契約を結ぶ。御木惇史 フレッシュアイペディアより)

1032件中 31 - 40件表示

「ファッション」のニューストピックワード