133件中 91 - 100件表示
  • ファッション

    ファッションから見た

    それによると、この条約により各地のが開かれ、役人や通訳などの直接外国人と交渉をする立場の人間を中心として、服装の西洋化が広まっていくことになる。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た日米修好通商条約

    日本では服装の西洋化が広まっているが、その直接的な要因は1858年の日米修好通商条約だとする説がある。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たセレクトショップ

    1975年頃よりニュートラが全国的に流行。これにより海外高級ブランドユーザーの大衆化(若年齢化)やセレクトショップのブーム、ファッション誌のモデル大量起用など、時代の転換点となった。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た白木屋 (デパート)

    また、日本橋にあった「白木屋」デパート(旧・東急百貨店日本橋店の前身)にて、昔発生した大規模火災で、やはり和装の人々に被害が多かったことも相まって、従業員の服装を西洋式に改める百貨店が増加し、更にそれにならう形で、大衆の服装の洋式化も徐々に広まっていった。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た鎖国

    1543年に種子島へポルトガル船が漂着した時から鎖国までのしばらくの間にも、一部の大名などに贈呈されるなどして、少数ながらも西洋の服飾は流通しており、江戸時代末期には長崎の出島などでは特別珍しいものではなかった。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たニューヨーク

    世界的なファッションの中心地、あるいはファッションの都と呼ばれるいくつかの都市がある。そうした都市ではが開催され、デザイナーたちは観衆に新作の衣装コレクションを発表する。ロンドン・パリ・ミラノ・ニューヨーク・東京は多くの大ファッション企業やブランドの本拠地となっており、世界のファッションに多大な影響力を持っている。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た連合国軍最高司令官総司令部

    戦争による壊滅的な打撃を受けた日本は、敗戦後はアメリカなど連合国からの援助に頼ることになった。食料など様々な物資不足はもとより、衣服も不足し闇市でも入手できない立場の大衆は、1948年からGHQの放出衣料による古洋服の着用を始める。戦争からの開放感もあり、「占領軍ファッション」として中古アメリカ衣料への傾倒が起こり、戦後初めての流行感覚が生まれた。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た化学繊維

    ナイロンをはじめ化学繊維の統制撤廃の後、化学繊維を使用した衣服が作られ始めるのは1951年頃である。日本の繊維産業はすべて手探りの状態から、ビニロンやテトロン(ポリエステルの商品名)、レーヨンなどの化学繊維の開発、製造を始めた。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たモデル (職業)

    1975年頃よりニュートラが全国的に流行。これにより海外高級ブランドユーザーの大衆化(若年齢化)やセレクトショップのブーム、ファッション誌のモデル大量起用など、時代の転換点となった。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たイラストレーション

    20世紀初頭から、ファッション雑誌は写真やイラストレーションを盛り込みはじめ以前よりも一層強い影響力を持つようになった。世界中の都市でこれらの雑誌は大人気となり、一般人の嗜好に深い影響を及ぼした。最新のファッションと美容の変化を伝える出版物のために才能あるイラストレーターたちが洗練されたファッション画を描いた。こうした雑誌のうちで最も有名なのはおそらく、が1912年に創刊し、戦時中を除き1925年まで定期的に刊行された『』(『上品な雑誌』)であろう。ファッション フレッシュアイペディアより)

133件中 91 - 100件表示

「ファッション」のニューストピックワード