133件中 31 - 40件表示
  • ファッション

    ファッションから見たアメリカ合衆国

    戦争による壊滅的な打撃を受けた日本は、敗戦後はアメリカなど連合国からの援助に頼ることになった。食料など様々な物資不足はもとより、衣服も不足し闇市でも入手できない立場の大衆は、1948年からGHQの放出衣料による古洋服の着用を始める。戦争からの開放感もあり、「占領軍ファッション」として中古アメリカ衣料への傾倒が起こり、戦後初めての流行感覚が生まれた。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たファッションショー

    服飾(被服)の他、装いに関係する装身具(装飾品、アクセサリー)、美容(理容、髪型、化粧)、香水などもファッションの範疇である。販売促進のためファッション写真、ファッション雑誌、ファッションモデルが発達し華やかなファッションショーも行われ、大きな産業を形成している。さらに広義には音楽などの文化やまでをも包括しうる。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た日本

    頻繁に変化するファッションという西洋の現象は概して古代には見られなかったし、他の大文明でも数十年前まではあまり類を見ないものであった。ペルシア・トルコ・日本・中国などへ旅した初期の西洋人旅行家たちは現地のファッションの変化のなさをしばしば報告したし、逆にそれらの他文化圏から西洋に来た観察者は西洋ファッションの見苦しいペースでの変化を西洋文化の不安定さと無秩序さの現れではないかと報告していた。日本の征夷大将軍のは1609年にスペイン人の来訪者に、日本の衣服は1000年以上もの間変化していないと語った。しかしながら、例えば中国の明では漢服に頻繁に変化するファッションが存在したとする注目に値する証拠がある。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たデザイン

    多くのスタイルは多くの文化においていつでも受け入れられているが、デザインやファッションの流れは文化全体よりも速く移り変わるという点が重要である。「ファッショナブル」(である、でない)という表現はある人や物が最新の、もしくは最新ではなくとも評判の良い表現方法に沿っているか否かを指し示すのに用いられる。ファッションデザイナーはその中にあって「着られる芸術作品」を作ろうと試みる。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た洋服

    西洋の衣服(洋服)の歴史については、洋服の歴史を参照ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たオートクチュール

    仕立屋や裁縫師たちが多くの革新に関与してきたことは間違いないし、織物産業も確かに数多くの流行を先導したが、ファッションデザインの歴史が始まったとされるのは1858年、イギリス出身のが最初のオートクチュール店をパリに開いた日である。以降、プロのデザイナーが徐々に支配的な存在となってゆく――多くのファッションはストリートファッションを起源としているにもかかわらず。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た

    原材料である綿などから商品の材料となる生地やを製造する段階。素材メーカー、テキスタイルメーカー、織物・染色業者などがこの段階に入る。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たヴェネツィア

    16世紀のドイツもしくはイタリアの紳士の肖像画が10枚あれば10個の全く違った帽子が描かれているであろう。この時期は国ごとの違いが最も顕著であり、これはアルブレヒト・デューラーが15世紀末にニュルンベルクとヴェネツィアのファッションを(実録または合成で)対比させた記録にも現れている(右図)。16世紀末の「スパニッシュ・スタイル」はヨーロッパの上流階級でのファッションの共時性への回帰の始まりとなり、17世紀中葉の葛藤の後、フランスのスタイルが決定的に指導的位置を占め、18世紀にはこの過程は完結した。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見たニューヨーク・コレクション

    日本語で「コレクション」と呼ばれるファッションショーがあり、2月から4月、9月から12月までの間に、東京、ニューヨーク、ロンドン、ミラノ、パリの順で開催されている(東京コレクション、ニューヨーク・コレクション、ロンドン・コレクション、ミラノ・コレクション、パリ・コレクション)。ファッション フレッシュアイペディアより)

  • ファッション

    ファッションから見た禁門の変

    1864年には、禁門の変を理由に長州征伐の兵を挙げた幕府が、その時の軍服を西洋式にすることを決め、小伝馬町の商人である守田治兵衛が2000人分の軍服の製作を引き受け、試行錯誤しながらも作り上げた。ファッション フレッシュアイペディアより)

133件中 31 - 40件表示

「ファッション」のニューストピックワード