523件中 51 - 60件表示
  • ゼブラーマン (漫画)

    ゼブラーマン (漫画)から見たファンファン

    本作の主人公。小学校教諭。42歳。学級も家庭も崩壊しているが、それを良しとして自分を変えようとしない、事なかれ主義のダメ人間。家族には内緒にしているが特撮マニアで、特に30年以上昔の番組『ゼブラーマン』は手作りでコスチュームを作ってしまうほどの大ファン。ある日、そのコスプレで出歩いているところで女子高生を襲うカニ男と遭遇する。その後、同じくゼブラーマンマニアの生徒・浅野晋平と会い周辺の怪奇事件が『ゼブラーマン』のストーリーに沿っていること、自分の家族がそれに巻き込まれつつあることに気付き、ゼブラーマンとして戦う決心をする。家族・恋人・自分の命を抱え、ヒーローとしての戦いといった葛藤に苦悩しながらも立ち向かう。「間違える人はさびしい人だ」というゼブラーマンのセリフに共感しており、闇を抱えた人間や怪人たちをも救いたいと考えるようになる。ゼブラーマン (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • シボレー・C/K

    シボレー・C/Kから見たファンファン

    丸みを帯びたそれまでのスタイルから、直線的なスタイルに変更。フェイスリフトで、「シェビートラックマスク」ともいわれる、力強いフロントマスクが付けられ、日本でもファンの中では人気が高い。4ドアのアクセスキャブ仕様も登場。シボレー・C/K フレッシュアイペディアより)

  • ジャニーズファミリークラブ

    ジャニーズファミリークラブから見たファンファン

    ジャニーズファミリークラブ は、ジャニーズ事務所に所属する各タレントの公式ファンクラブの母体となる組織である。通称・JFC、ファミクラ、ファミリー、ファミ、家族。本部は東京都渋谷区渋谷。ジャニーズファミリークラブ フレッシュアイペディアより)

  • ファンアート

    ファンアートから見たファンファン

    ファンアートとは、他者が創作したキャラクター、衣装、道具、もしくはストーリーをもとにした作品のことである。この用語は、小説のキャラクターのファンが作成した作品にも適用できるが、通常は漫画、映画、テレビゲームのような視覚媒体からの二次創作を指すために使われる。通常、アマチュア作者やその二次創作に関して報酬を得ていない作者の作品を指す。--したがって、たとえば、映画『スターウォーズ』の商業的な漫画化はファンアートとはみなされないが、無関係なファンが漫画化したものはファンアートである。この区別はいつも明確に決定できるわけではなく、特定の作品が実際にファンアートとみなされるかどうかはしばしばグレーゾーンにある。ファンアート フレッシュアイペディアより)

  • ブリチラ

    ブリチラから見たファンファン

    1980年代中頃より当時の芸能月刊誌である「明星」や「平凡」などで、アイドルの低年齢化が進むと共に、それまで男性アイドルの私生活の公開がタブーとされていた中で、男性アイドルの紹介記事に下着の色にまで言及する記事が掲載されるようになるなど、下着の露出に対する社会的許容度は増していた。1987年に当時の人気絶頂の男性アイドルグループであった光GENJIの2枚目のシングル「ガラスの十代」で、メンバーが短パンだけの半裸で激しく歌い踊る姿が若い十代の女性を虜にして大ヒットした。その中で激しく踊るメンバーの短パンの裾から下着(ブリーフ)が見えたとファンの目撃情報が当時のアイドル雑誌に投稿されたりするようになり、若い女性が男性下着に関心が向かうようになっていた。ブリチラ フレッシュアイペディアより)

  • MYこれ!クション おニャン子クラブBEST

    MYこれ!クション おニャン子クラブBESTから見たファンファン

    ポニーキャニオンから単独でシリーズ化されている『MYこれ!クション』の1作としてリリースされた作品で、1980年代に発売した全シングルA面曲が収録されたほか、ファンに人気の高いアルバム曲や、全部で3パターンあるスタジオ録音版「会員番号の唄」シリーズが網羅された。デジタル・リマスタリングが実施され、音質が向上している。MYこれ!クション おニャン子クラブBEST フレッシュアイペディアより)

  • 妙本寺 (宮代町)

    妙本寺 (宮代町)から見たファンファン

    1973年(昭和48年)同年1月交通事故で逝去した大場政夫(戒名拳王院法政信士)の墓が建てられプロボクシングファンや大場のファンが今でも訪れている。妙本寺 (宮代町) フレッシュアイペディアより)

  • 中村宗十郎

    中村宗十郎から見たファンファン

    明治10年 (1877) 以後、名興行師十二代目守田勘彌の招きでしばしば東京の舞台に出た。「團菊左」と舞台を共に勤めたり、黙阿弥作の『夜討曾我狩場曙』(夜討曾我)『天衣粉上野初花』(河内山)などに出るなどして、東京での人気も上がったが、九代目市川團十郎とはそりが合わず問題児ぶりを披露した。『夜討曽我』初演時には團十郎に「お前は下手糞だ。左團次もだ。菊五郎のほうがよっぽど上手い」と面罵し、仲裁に入った左團次とももめたり、團十郎の活歴志向が気に入らず、彼が勤める五郎が烏帽子に鎧脛当てという時代考証にのっとった写実的な装いだったのに対して、宗十郎の十郎はあえて従前同様の小袖姿で登場し、そのちぐはぐなとりあわせは「火事見舞いに水見舞い」「兄は川へ洗濯に、弟は山へ芝刈りに」と嘲笑されるほどだった。この公演では勘彌が仲裁にはいるが、團十郎とは双方折り合いがつかず、二人の仲はこれまでにないほどこじれた。さらに菊五郎や左團次にも團十郎側の味方についていると思い、劇場に来ても二人にあいさつもせずさっさっと自分の楽屋に閉じこもっていた。当然のこと東京の贔屓の怒りを買ったが、宗十郎は一歩も引くことがなかった。それほど自身の芸に誇りを持っていたのである。中村宗十郎 フレッシュアイペディアより)

  • 利用者・トーク:Akane700

    利用者・トーク:Akane700から見たファンファン

    ひいきについては、ファンに変更させていただきました。--くっちゃめ 2010年3月29日 (月) 09:20 (UTC)利用者・トーク:Akane700 フレッシュアイペディアより)

  • 天晴な青空

    天晴な青空から見たファンファン

    カップリング曲にはオリジナル・カラオケの他にファンへ向けた感謝のメッセージが収録されている。天晴な青空 フレッシュアイペディアより)

523件中 51 - 60件表示

「ファン情報」のニューストピックワード

おすすめ画像

おすすめ動画