前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    しかし続く欧州クレーコート・シーズンは、マドリード・マスターズで、決勝でナダルのクレーコート連勝数を33勝で止めて優勝。続く全仏オープンでは、4回戦でナダルを破ったロビン・セーデリングを6-1, 7-6, 6-4で破り、悲願の全仏オープン初優勝を果たし、史上6人目となるキャリア・グランドスラムを達成、併せてサンプラスと並び歴代1位となる四大大会14度目の優勝を挙げた。また同大会では、準々決勝でガエル・モンフィスを下し、四大大会準決勝連続進出記録を20大会連続に伸ばし、準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを下して、四大大会決勝進出回数でイワン・レンドルの19大会目に並んだ。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    この年、4大大会で優勝こそできなかったが、全米オープン準決勝でフェデラーと互角に戦う等実力を発揮。急速に台頭してきた若手選手達(2009年全仏準優勝セーデリング、2009年最終戦優勝ダビデンコ、2009年全米優勝デル・ポトロ、2008年全米準優勝マリー)と共に次世代No.1候補として、 フェデラー/ナダル2強を目指す位置を確保している。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ナダル

    ラファエル・ナダルから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    直後の全仏オープンではフアン・マルティン・デル・ポトロ、フラビオ・チポッラ、アルベルト・モンタニェス、レイトン・ヒューイット、カルロス・モヤ、ジョコビッチに勝利し決勝進出。決勝でフェデラーを6-3, 4-6, 6-3, 6-4で下し、大会3連覇を達成する。ウィンブルドンでは3回戦で相次ぐ降雨順延・中断に悩まされるなど、ハードなスケジュールの中で決勝に勝ち進む。フェデラーとの2年連続の決勝対決では6-7, 6-4, 6-7, 6-2, 2-6でまたも敗れたが、芝においても王者に肉薄しつつあることを十分に示す激闘だった。ラファエル・ナダル フレッシュアイペディアより)

  • 錦織圭

    錦織圭から見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    全米オープンでは世界ランク32位、第29シードのフアン・モナコを途中インジャリータイムをとりながらも6-2, 6-2, 5-7, 6-2で破り、2005年全豪オープンの鈴木貴男以来の日本人4大大会1回戦突破となった。続く2回戦はロコ・カラヌシッチを相手に2セット先取の後にカラヌシッチの棄権で突破、日本人では神和住純以来の男子シングルスでの3回戦進出となった。3回戦では世界ランク4位のダビド・フェレールを相手に6-4, 6-4で2セット先取、その後4-6, 2-6と2セットを挽回されるが、第5セットを7-5で奪い、勝利を挙げた(錦織は、試合後に「自分の体力を考慮し第4セットは捨てた」と語っている)。日本人では1937年の山岸二郎・中野文照以来(当時は全米プロとアマチュア用の全米オープンで分かれていたので完全にオープン化してからは日本人初)の男子シングルスでの4回戦進出となった。しかしベスト8をかけて戦った4回戦では、アルゼンチンの新鋭、19歳のフアン・マルティン・デル・ポトロに3-6, 4-6, 3-6とストレートで敗北し、95年の松岡修造以来となるグランドスラムベスト8入りを逃した。錦織圭 フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・マリー

    アンディ・マリーから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    5月のインディアンウェルズ・マスターズでは第4シードで出場。トミー・ロブレド、イワン・リュビチッチ、第2シードのフェデラーを破り決勝でラファエル・ナダルに敗れ準優勝。第4シードで出場したマイアミ・マスターズではフェルナンド・ベルダスコ、フアン・マルティン・デル・ポトロ、ジョコビッチを破り優勝。マスターズ3勝目を挙げる。ウィンブルドン選手権では、地元の期待を背負いながら初の準決勝に進出したが、第6シードのロディックに4-6, 6-4, 6-7(7), 6-7(5)で敗れて決勝進出を逃した。アンディ・マリー フレッシュアイペディアより)

  • マリン・チリッチ

    マリン・チリッチから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2009年は1月のチェンナイ・オープンと2月のPBZザグレブ・インドアでシングルス優勝を果たす。この年は全仏オープンで初の4回戦進出を果たした後、全米オープンのベスト8進出があった。4回戦で前年度準優勝者のアンディ・マリーを7-5, 6-2, 6-2で破ったチリッチは、続く準々決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロに6-4, 3-6, 2-6, 1-6で敗れた。マリン・チリッチ フレッシュアイペディアより)

  • ロベルト・バウティスタ・アグート

    ロベルト・バウティスタ・アグートから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    ハイネケン・オープンでベスト4に進出。全豪オープンでは2回戦で第5シードのフアン・マルティン・デル・ポトロに4-6, 6-3, 5-7, 6-4, 7-5で勝利。3回戦でブノワ・ペールを破り4回戦進出。4回戦でグリゴール・ディミトロフに敗れるもグランドスラム自己最高成績を残す。デビスカップ2014ではドイツ戦でスペイン代表に選ばれるも2敗。オープン13では2回戦敗退。ドバイ・テニス選手権では2回戦で世界2位のノバク・ジョコビッチに敗れる。ロベルト・バウティスタ・アグート フレッシュアイペディアより)

  • スタン・ワウリンカ

    スタン・ワウリンカから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2005年以降、BIG4以外では2009年全米のフアン・マルティン・デル・ポトロ以来2人目のグランドスラム優勝者となった。さらにグランドスラム1大会でナダルとジョコビッチ両方に勝利した初の選手となる。また、4大大会において、第1シードと第2シードの2選手に勝利しての優勝は1993年全仏オープンのセルジ・ブルゲラ以来の快挙であった。大会後のランキングでは自己最高の3位となり、長年スイスNo.1プレーヤーであったフェデラーを抜き、スイスNo.1の座を手にした。スタン・ワウリンカ フレッシュアイペディアより)

  • 2009年全米オープン (テニス)

    2009年全米オープン (テニス)から見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロ def. ロジャー・フェデラー, 3?6, 7?6(5), 4?6, 7?6(4), 6?22009年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ベルディハ

    トマーシュ・ベルディハから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2008年、ベルディハは初秋のジャパン・オープン・テニス選手権決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを6-1, 6-4のストレートで下し、大会初優勝を挙げた。彼のATPツアーシングルス優勝は、2007年6月のゲリー・ウェバー・オープン以来1年4か月ぶりとなる。トマーシュ・ベルディハ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
59件中 1 - 10件表示