前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示
  • ロジャー・フェデラー

    ロジャー・フェデラーから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    続く欧州クレーコート・シーズンは、マドリード・マスターズ決勝でナダルのクレーコート連勝数を33勝で止めて優勝。続く2009年全仏オープンは、ラファエル・ナダルが4回戦でロビン・セーデリングに敗れた事で、フェデラーにキャリア・グランドスラムの達成が期待された。そんな中で準々決勝でガエル・モンフィスを下し、四大大会準決勝連続進出記録を20大会連続に伸ばし、準決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロを下して四大大会決勝進出回数でイワン・レンドルの19大会目に並んだ。決勝でセーデリングを 6-1, 7-6, 6-4 で破り、悲願の全仏オープン初優勝を果たし、史上6人目となるキャリア・グランドスラムを達成。サンプラスの歴代1位と並ぶ四大大会14度目の優勝を挙げた。ロジャー・フェデラー フレッシュアイペディアより)

  • マリン・チリッチ

    マリン・チリッチから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2009年は1月のチェンナイ・オープンと2月のPBZザグレブ・インドアでシングルス優勝を果たす。この年は全仏オープンで初の4回戦進出を果たした後、全米オープンのベスト8進出があった。4回戦で前年度準優勝者のアンディ・マレー(イギリス)を 7-5, 6-2, 6-2 で破ったチリッチは、続く準々決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)に 6-4, 3-6, 2-6, 1-6 で敗れた。マリン・チリッチ フレッシュアイペディアより)

  • フアンマルティン・デルポトロ

    フアンマルティン・デルポトロから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアンマルティン・デルポトロ フレッシュアイペディアより)

  • 2011年デルレイビーチ国際テニス選手権

    2011年デルレイビーチ国際テニス選手権から見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロ def. ヤンコ・ティプサレビッチ, 6?4, 6?42011年デルレイビーチ国際テニス選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 2009年全米オープン (テニス)

    2009年全米オープン (テニス)から見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロ def. ロジャー・フェデラー, 3?6, 7?6(5), 4?6, 7?6(4), 6?22009年全米オープン (テニス) フレッシュアイペディアより)

  • アグスティン・カレリ

    アグスティン・カレリから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2年後の2008年、アルゼンチンはデビスカップでスペインとの決勝戦に勝ち進んだが、ここでもカレリとナルバンディアンが第3試合のダブルス戦を落とし、フェリシアーノ・ロペスとフェルナンド・ベルダスコの組に 7-5, 5-7, 6-7, 3-6 で敗れた。第1試合をナルバンディアンが取った後、20歳のフアン・マルティン・デル・ポトロが第2試合を落とし、アルゼンチンはホームコートで波に乗れずに、またしてもデビスカップ初優勝を逃した。(2度の決勝戦の結果:2006・2008)アグスティン・カレリ フレッシュアイペディアより)

  • ロビン・セーデリング

    ロビン・セーデリングから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    ウィンブルドン以後、彼の名前はスウェーデン語読みにより近い「ロビン・セーデリング」と表記されるようになる。ここでは4回戦でフェデラーと顔を合わせ、4-6, 6-7(5), 6-7(5) のストレートで敗れた。この後、彼は7月にスウェーデン・バスタッド大会の決勝でフアン・モナコ(アルゼンチン)を 6-3, 7-6(4) で破り、ツアー4勝目を獲得した。2009年は前半の10大会でわずか9勝しかあげられなかったが、全仏オープン以降は地元スウェーデンの大会で優勝するなど40勝10敗と驚異的なペースで勝ち星を重ね、ランキングを9位まで上げる。アンディ・ロディックが負傷により辞退したために、その年のランキング上位8名しか出場できないATPワールドツアー・ファイナルにも繰り上がりで出場する。大会では最下位シードながらもナダル、ジョコビッチをストレートで破り、グループBを1位で通過する。準決勝ではフアン・マルティン・デル・ポトロに逆転で敗れた。ロビン・セーデリング フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルス

    ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルスから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2回戦のジョー=ウィルフリード・ツォンガとミロシュ・ラオニッチの試合では 6-3, 3-6, 25-23 の合計66ゲームの五輪最多ゲーム記録を更新した。準決勝のロジャー・フェデラーとフアン・マルティン・デル・ポトロの試合では 3-6, 7-6(5), 19-17 試合時間4時間26分の3セットマッチでの史上最長試合となった。ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • ティムラズ・ガバシュビリ

    ティムラズ・ガバシュビリから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2007年はシングルスで2月のリージョンズ・モーガン・キーガン選手権で予選を勝ち上がると、1回戦で第5シードのグザビエ・マリスを下す活躍で準々決勝のマーディ・フィッシュ戦まで進出し、初のツアーベスト8進出を果たす。更に3月のインディアンウェルズ・マスターズでも予選を勝ち上がり、第9シード、当時世界ランク9位のトミー・ハースとの3回戦まで進出。続くマイアミ・マスターズでも予選を勝ち上がり2回戦のミハイル・ユージニー戦まで進出するなど、3大会連続でツアーで好成績を残す。またダブルスでもイボ・カロビッチと組んでノーシードで出場したRCA選手権では、1回戦で第3シードのジェフ・クッツェー(南アフリカ)&トッド・ペリー(オーストラリア)組を4-6,7-6(6),11-9の接戦で下す活躍でそのまま勝ち上がり決勝に進出。決勝ではフアン・マルティン・デル・ポトロ&トラビス・パロット組に6-3,2-6,1のフルセットで惜敗し準優勝となったが、自身初のツアー決勝進出を果たした。ティムラズ・ガバシュビリ フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    テニスも盛んである。多くの有名なテニス・プレーヤーが南米出身で、グランドスラムで通算4勝を成し遂げたギレルモ・ビラス、全米オープン優勝のガブリエラ・サバティーニ、フアン・マルティン・デル・ポトロ、全仏オープン優勝のガストン・ガウディオ、2004年のアテネオリンピックでシングル、ダブルス共に金メダルを獲得したニコラス・マスーなどがいる。マルセロ・リオスとグスタボ・クエルテンはATPランキング1位をマークした。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
29件中 1 - 10件表示