29件中 11 - 20件表示
  • トラビス・パロット

    トラビス・パロットから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2007年7月、パロットは「インディアナポリス・テニス選手権」でフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)とペアを組み、4年ぶりのツアー2勝目を挙げた。2008年度は10月のサンクトペテルブルク・オープンでフィリップ・ポラセク(スロバキア)と組んだ優勝がある。2009年に入ってからは、パロットはポラセクとのコンビで大半のトーナメントに出場している。トラビス・パロット フレッシュアイペディアより)

  • ジレ・ミュラー

    ジレ・ミュラーから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2008年全米オープンで久々に予選会を通過したミュラーは、この大会でベスト8に進出し、ルクセンブルク出身のテニス選手として史上最高成績を出した。2回戦のトミー・ハース(ドイツ)、3回戦のニコラス・アルマグロ(スペイン)戦の2試合連続で、2セット・ダウン(先に相手に2セットを取られた状態)からの逆転勝利を収めると、4回戦でも第5シードのニコライ・ダビデンコを 6-4, 4-6, 6-3, 7-6 で倒した。初進出の準々決勝では、第2シードのロジャー・フェデラーに 6-7, 4-6, 6-7 のストレートで敗れた。この活躍により、彼は2年ぶりに世界ランキング100位以内にも復帰した。2009年全豪オープンでも初の3回戦に進み、第8シードのフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)に 7-6, 5-7, 3-6, 5-7 のスコアで敗れている。ジレ・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • ビクトル・トロイツキ

    ビクトル・トロイツキから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2008年は全豪オープンで4大大会初出場を果たし、2月には男子国別対抗戦デビスカップのセルビア代表に初選出される。4月にはツアー下部大会のバミューダチャレンジャー決勝で錦織圭(日本)と対戦し、トロイツキは 6-2, 5-7, 6-7 のスコアで錦織に敗れた。6月の全仏オープンではダブルスで好成績を収め、同じセルビアの先輩選手ヤンコ・ティプサレビッチとのペアでベスト8に進出している。8月にはアメリカ・ワシントンD.C.大会において自身初のツアーシングルス決勝に進出し、フアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)に 3-6, 3-6 のスコアで敗れた。ビクトル・トロイツキ フレッシュアイペディアより)

  • ファビオ・フォニーニ

    ファビオ・フォニーニから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    シングルスではノーシードで出場した1月のモビスター・オープン1回戦で、大会第2シードのフアン・イグナシオ・チェラを7-6(0), 6-2のストレートで破る活躍でとの準々決勝まで進出すると、続いてノーシードで出場したブラジル・オープンでは2回戦で大会第8シードのアルベルト・モンタネスを7-5, 6-3のストレートで、準々決勝ではノーシードのをそれぞれ破り、初のツアーシングルス準決勝に進出。準決勝では大会第2シードのニコラス・アルマグロと対戦したが1-6, 1-6のストレートで完敗。6月のでも準々決勝で大会第5シードのギレルモ・カニャスを7-5, 7-5のストレートで破り準決勝に進出。準決勝では当時世界ランク4位の大会第1シードニコライ・ダビデンコに挑戦したが、2-6, 3-6のストレートで敗退。第7シードで出場した7月のでは、3回戦で前年度優勝者の大会第3シードカルロス・モヤを6-4, 6-3のストレートで破る活躍で2ヶ月連続のツアーベスト4に進出。準決勝では当時世界ランク15位の大会第1シードフェルナンド・ベルダスコと対戦したが、1-6, 3-6のストレートで破れている。この年は他にもノーシードで出場した8月の2回戦で、大会第10シードのを6-2, 5-7, 6-4のフルセットで破り、大会第7シードのアンドレアス・セッピとの3回戦まで進出した他、ツアー下部のチャレンジャーシリーズでも2優勝を記録、ダブルスでもと組みノーシードで出場したクロアチア・オープンで準優勝した他、と組み出場したブラジル・オープン、フアン・マルティン・デル・ポトロと組み出場した8月のでもそれぞれベスト4に進出する好成績を収めたがシーズン終盤に左膝を負傷したことにより失速、10月のダブルス1回戦で敗退したのを最後に前シーズンよりも早くツアーを切り上げ、同月30日に左膝の手術に踏み切った。これにより前シーズン後半の獲得ポイントを防衛できなかった為シングルス年度末ランクは92位とわずかの上昇に留まったが、ダブルスでは前年末の490位から133位まで大幅に上昇した。これらの活躍により同年9月のデビスカップヨーロッパ/アフリカゾーン グループ Iプレーオフ、対ラトビア戦でイタリア代表に初選出。、シングルスナンバー2選手として初日のシングルスで起用されたが、ラトビアのシングルスナンバー1選手エルネスツ・グルビスに6-7(2), 1-6, 1-6のストレートで敗れた。ファビオ・フォニーニ フレッシュアイペディアより)

  • 1988年のスポーツ

    1988年のスポーツから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    9月23日 - フアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン、テニス)1988年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • エフゲニー・コロレフ

    エフゲニー・コロレフから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    シングルスではラッキールーザーで出場した2月のオープン13で初のATPツアー本戦出場を果たす。大会当時188位であったコロレフだったが、1回戦で主催者推薦のを2-6, 6-4, 6-1のフルセットで下しツアー初勝利を上げると、続く2回戦で大会第3シード、当時世界ランク6位のニコライ・ダビデンコを6-4, 7-6(6)のストレートで破る大番狂わせを演じ、セバスチャン・グロージャンとの準々決勝まで進出する。予選を勝ち上がり出場した5月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデルでは、1回戦で大会第15シードのカルロス・モヤを7-5, 6-4のストレートで、2回戦でを6-3, 6-0のストレートでそれぞれ破り3回戦に進出。3回戦ではイボ・カルロビッチと対戦したが7-6(4), 6-7(4), 6-7(5)のフルセットで惜敗。6月には予選会を勝ち上がり、グランドスラム本戦初出場となった全仏オープン1回戦でアンドレアス・セッピを6-4, 2-6, 3-6, 7-5, 6-1のフルセットで破り2回戦に進出。2回戦では当時世界ランク10位の大会第10シード、2004年全仏オープンシングルス優勝者のガストン・ガウディオに挑戦したが、試合時間3時間32分、3-6, 7-6(5), 4-6, 6-3, 4-6のフルセットの末惜敗した。この年は他にも予選を勝ち上がり本戦に出場した7月のスウェーデン・オープンでも当時世界ランク9位の大会第2シードトミー・ロブレドとの準々決勝まで進出した他、下部ツアーのチャレンジャー大会でも1度の優勝と1度の準優勝を挙げる好成績を残し、シングルス年度末ランキングも前年の184位から102位まで上昇。10代の選手としては同92位のフアン・マルティン・デル・ポトロに次ぐ順位でシーズンを終えた。エフゲニー・コロレフ フレッシュアイペディアより)

  • トミー・ロブレド

    トミー・ロブレドから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2009年の全仏オープンで、ロブレドはシングルス・ダブルスの両部門でベスト8に入った。シングルスの準々決勝は2年ぶり4度目で、第5シードのフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)に 3-6, 4-6, 2-6 でストレート負けした。男子ダブルスでは同じスペインのマルク・ロペスとペアを組み、初進出の準々決勝でボブ・ブライアン&マイク・ブライアン(アメリカ)組に 6-7, 6-4, 6-7 で敗れた。トミー・ロブレド フレッシュアイペディアより)

  • トマーシュ・ベルディハ

    トマーシュ・ベルディハから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2008年、ベルディハは初秋のジャパン・オープン決勝でフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)を 6-1, 6-4 のストレートで下し、大会初優勝を挙げた。彼の男子ツアー大会シングルス優勝は、2007年6月のドイツ・ハーレ大会以来1年4か月ぶりとなる。トマーシュ・ベルディハ フレッシュアイペディアより)

  • ヤンコ・ティプサレビッチ

    ヤンコ・ティプサレビッチから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2011年2月のデルレイビーチ大会で3度目の決勝に進出したが、フアン・マルティン・デル・ポトロに 4?6, 4?6 で敗れ3度目の準優勝となった。6月のイーストボーン大会でツアー4度目の決勝に進出したが、アンドレアス・セッピ(イタリア)との試合中で負傷し途中棄権した。全米オープンでは4大大会初のベスト8進出を果たしたが、セルビア対決となった準々決勝のノバク・ジョコビッチとの試合を途中棄権した。9月のクアラルンプール大会の決勝でマルコス・バグダティス(キプロス)に 6?4, 7?5 で勝利して、ティプサレビッチは5度目の決勝で悲願の初優勝を果たした。10月のモスクワ大会では男女を通して初めてのセルビア人同士による決勝対決となり、ビクトル・トロイツキを 6?4, 6?2 で破りツアー2勝目を挙げた。怪我で大会を途中棄権したアンディ・マリーの代役として、ATPワールドツアー・ファイナルに初出場を果たし、トマーシュ・ベルディハには 6-2, 3-6, 6-7(6) で敗れたが、世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチを 3-6, 6-3, 6-3 で破る殊勲を挙げた。2011年最終ランキングは9位となりトップ10入りを果たした。ヤンコ・ティプサレビッチ フレッシュアイペディアより)

  • 添田豪

    添田豪から見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    6月26日、ウィンブルドンのシングルス1回戦で世界ランク116位のイーゴリ・クニツィン(ロシア)を 6−3, 6−2, 6−1 のストレートで破り、4大大会のシングルスで初勝利を挙げた。錦織圭も1回戦を突破し、ウィンブルドンで2人の日本人男子選手がシングルス2回戦に進んだのは、1973年(昭和48年)の九鬼潤、坂井利郎以来39年ぶりの快挙となった。2回戦では第9シードのフアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)に 2-6, 3-6, 6-1, 4-6 で敗れた。アトランタ・テニス選手権では準々決勝で錦織圭を 6-2, 6-1 で破りベスト4に進出し大会後のランキングで自己最高の47位を記録した。添田豪 フレッシュアイペディアより)

29件中 11 - 20件表示

「フアンマルティン・デルポトロ」のニューストピックワード