59件中 21 - 30件表示
  • 2014年全豪オープン男子シングルス

    2014年全豪オープン男子シングルスから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2009年全米オープンのフアン・マルティン・デル・ポトロ以来17大会4年半ぶりとなるBIG4以外の4大大会優勝2014年全豪オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルス

    ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルスから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2回戦のジョー=ウィルフリード・ツォンガとミロシュ・ラオニッチの試合では 6-3, 3-6, 25-23 の合計66ゲームの五輪最多ゲーム記録を更新した。準決勝のロジャー・フェデラーとフアン・マルティン・デル・ポトロの試合では 3-6, 7-6(5), 19-17 試合時間4時間26分の3セットマッチでの史上最長試合となった。ロンドンオリンピック (2012年) におけるテニス競技・男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • デビスカップアルゼンチン代表

    デビスカップアルゼンチン代表から見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    デビスカップアルゼンチン代表(Argentina Davis Cup team)は、アルゼンチンテニス協会(Asociación Argentina de Tennis)によって編成される男子テニス国別対抗戦デビスカップのチームである。1921年からデビスカップに参戦し(1921年の対戦では不戦敗を喫している)、1923年にデビスカップでは初試合を行った。そこから低迷を繰り返したものの、ギリェルモ・ビラスらの活躍によって、1981年大会で準優勝を果たしてのち、4度の準優勝を最高成績としている。その後フアン・マルティン・デル・ポトロらの活躍で2016年大会で初優勝を果たした。現在のITFランク(世界ランキング)は1位。デビスカップアルゼンチン代表 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年全米オープン男子シングルス

    2010年全米オープン男子シングルスから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    前回優勝のフアン・マルティン・デル・ポトロは出場しなかった。2010年全米オープン男子シングルス フレッシュアイペディアより)

  • マラト・サフィン

    マラト・サフィンから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2009年はほとんどの大会で早々の敗退が続き、母国ロシアのサンクトペテルブルク・オープンで準決勝に進んだのが最高だった。BNPパリバ・マスターズでの対フアン・マルティン・デル・ポトロ戦が現役最後の試合となり、61位でそのキャリアを終えた。マラト・サフィン フレッシュアイペディアより)

  • トラビス・パロット

    トラビス・パロットから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2007年7月、パロットはインディアナポリス・テニス選手権でフアン・マルティン・デル・ポトロとペアを組み、4年ぶりのツアー2勝目を挙げた。2008年度は10月のサンクトペテルブルク・オープンでフィリップ・ポラーシェクと組んだ優勝がある。2009年に入ってからは、パロットはポラーシェクとのコンビで大半のトーナメントに出場している。トラビス・パロット フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアール・ロジェ=バセラン

    エドゥアール・ロジェ=バセランから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2009年の楽天ジャパン・オープンでは予選から勝ち上がり1回戦で、当時5位のフアン・マルティン・デル・ポトロを6-4, 6-4で破る金星を挙げ、トップ10プレイヤーに初めて勝利した。エドゥアール・ロジェ=バセラン フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    テニスも盛んである。多くの有名なテニス・プレーヤーが南米出身で、グランドスラムで通算4勝を成し遂げたギレルモ・ビラス、全米オープン優勝のガブリエラ・サバティーニ、フアン・マルティン・デル・ポトロ、全仏オープン優勝のガストン・ガウディオ、2004年のアテネオリンピックでシングル、ダブルス共に金メダルを獲得したニコラス・マスーなどがいる。マルセロ・リオスとグスタボ・クエルテンはATPランキング1位をマークした。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • ニコライ・ダビデンコ

    ニコライ・ダビデンコから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    さらに年末のATPワールドツアー・ファイナルではこれまでツアーで1度も勝てなかったロジャー・フェデラーを準決勝で下し、決勝では当年の2009年全米オープン覇者であるフアン・マルティン・デル・ポトロを6-3, 6-4で下し初優勝を果たした。この年は同郷の先輩で元世界1位のマラト・サフィンが引退した年であり、さらにツアー最終戦ではこの年の四大大会優勝者を全員破っての優勝だったため、ロシアテニス界の第一人者であることを印象づける勝利にもなった。ニコライ・ダビデンコ フレッシュアイペディアより)

  • エフゲニー・コロレフ

    エフゲニー・コロレフから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    シングルスではラッキールーザーで出場した2月のオープン13で初のATPツアー本戦出場を果たす。大会当時188位であったコロレフだったが、1回戦でを2-6, 6-4, 6-1のフルセットで下しツアー初勝利を上げると、続く2回戦で大会第3シード、当時世界ランク6位のニコライ・ダビデンコを6-4, 7-6(6)のストレートで破る番狂わせを演じ、セバスチャン・グロジャンとの準々決勝まで進出する。予選を勝ち上がり出場した5月のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデルでは、1回戦で大会第15シードのカルロス・モヤを7-5, 6-4のストレートで、2回戦でを6-3, 6-0のストレートでそれぞれ破り3回戦に進出。3回戦ではイボ・カロビッチと対戦したが7-6(4), 6-7(4), 6-7(5)のフルセットで惜敗。6月には予選会を勝ち上がり、グランドスラム本戦初出場となった全仏オープン1回戦でアンドレアス・セッピを6-4, 2-6, 3-6, 7-5, 6-1のフルセットで破り2回戦に進出。2回戦では当時世界ランク10位で2004年全仏オープン男子シングルス優勝者のガストン・ガウディオに挑戦したが、試合時間3時間32分、3-6, 7-6(5), 4-6, 6-3, 4-6のフルセットの末惜敗した。この年は他にも予選を勝ち上がり本戦に出場した7月のスウェーデン・オープンでも当時世界ランク9位の大会第2シードトミー・ロブレドとの準々決勝まで進出した他、チャレンジャーツアーでも1度の優勝と1度の準優勝を挙げる好成績を残し、シングルス年度末ランキングも前年の184位から102位まで上昇。10代の選手としては同92位のフアン・マルティン・デル・ポトロに次ぐ順位でシーズンを終えた。エフゲニー・コロレフ フレッシュアイペディアより)

59件中 21 - 30件表示