1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示
  • ニコライ・ダビデンコ

    ニコライ・ダビデンコから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2009年は手首の怪我で出遅れたが全仏オープン前に復帰し、ロビン・セーデリングとの準々決勝まで進出した。全米オープンでは4回戦で敗退したが、その後上海マスターズではラファエル・ナダルを破って優勝した。さらに年末のツアー最終戦ではこれまでツアーで1度も勝てなかったロジャー・フェデラーを準決勝で下し、決勝では当年の2009年全米オープン覇者であるフアン・マルティン・デル・ポトロを 6-3,6-4 で下し初優勝を果たした。この年は同郷の先輩で元世界1位のマラト・サフィンが引退した年であり、さらにツアー最終戦ではこの年の四大大会優勝者を全員破っての優勝だったため、ロシアテニス界の第一人者であることを印象づける勝利にもなった。ニコライ・ダビデンコ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレアス・セッピ

    アンドレアス・セッピから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2012年5月のセルビア・オープンでは決勝でブノワ・ペアに 6?3, 6?2 で勝利しツアー2勝目を挙げた。全仏オープンでは3回戦でフェルナンド・ベルダスコを 7-5, 3-6, 6-3, 4-6, 6-2 で破り4大大会で初めて4回戦に進出した。4回戦では世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチと対戦し第1、2セットを先取したが 6-4, 7-6(5), 3-6, 5-7, 3-6 の逆転で敗れた。ロンドン五輪で2度目のオリンピックに出場し2回戦でフアン・マルティン・デル・ポトロに 3-6, 6-7(2) で敗れた。 10月のクレムリン・カップでは決勝でトマス・ベルッシを 3?6, 7?6(3), 6?3 で破りツアー3勝を挙げた。10月22日付のランキングで自己最高のシングルス22位を記録した。アンドレアス・セッピ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・フェレール

    ダビド・フェレールから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2012年は1月にオークランドの大会で優勝。全豪オープンでは、準々決勝でノバク・ジョコビッチにストレートで敗れた。2月のブエノスアイレスの大会とアカプルコの大会で2週連続優勝を果たし、シーズン3勝目を挙げた。全仏オープンでは準々決勝で第4シードのアンディ・マレーを 6-4, 6-7, 6-3, 6-2 で破り全仏で自身初のベスト4に進出したが、準決勝ではラファエル・ナダルにストレートで敗れた。6月のスヘルトーヘンボスの大会で優勝しシーズン4勝目を挙げるとともに、自身の1シーズンにおけるタイトル獲得数を更新。ウィンブルドンでは4回戦でフアン・マルティン・デル・ポトロに快勝し、準々決勝でマレーと対戦するも 7-6, 6-7, 4-6, 6-7 で敗れている。7月のボースタードの大会で優勝しシーズン5勝目を挙げた。ロンドンオリンピック3回戦では、日本の錦織圭に敗れている。全米オープンでは、準決勝でジョコビッチに 6-2, 1-6, 4-6, 2-6 で敗れベスト4となった。2012年は全てのグランドスラムでベスト8以上と自身最高の成績を残している。その後10月に地元バレンシアの大会で優勝。翌週のパリ・インドアでは予選から決勝に勝ち上がってきたジャージー・ヤノッビッチをストレートで下し2週連続優勝し、マスターズ1000シリーズの大会で自身初の優勝を飾った。ATPワールドツアー・ファイナルではラウンド・ロビン2勝1敗で敗退したが、2012年シーズンはツアー最多の7タイトル、またマッチ勝利数76勝もシーズン最多となった。ダビド・フェレール フレッシュアイペディアより)

  • フェリシアーノ・ロペス

    フェリシアーノ・ロペスから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2008年のデビスカップで、フェリシアーノ・ロペスはダビド・フェレール、フェルナンド・ベルダスコとともに、スペイン・チームを4年ぶり3度目の優勝に導いた。11月21日-23日にかけて行われたアルゼンチンとの決勝戦は、敵地アルゼンチンのコートで行われた。ロペスはシングルス第2試合で新鋭フアン・マルティン・デル・ポトロを下すと、ダブルス第3試合でも親友ベルダスコとのコンビで、ダビド・ナルバンディアン&アグスティン・カレリ組に勝利を収め、スペイン・チームの優勝に大きく貢献した。フェリシアーノ・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • ラファエル・ナダル

    ラファエル・ナダルから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    その後のロジャーズ・カップにて第2シードで復帰を果たしたものの、第6シードのフアン・マルティン・デル・ポトロにストレートで敗れた。これにより、2009年8月17日付けのランキングでは2005年7月18日以来、およそ4年1ヶ月ぶりに3位に後退することとなった。翌週に開催されたシンシナティ・マスターズでも準決勝でノバク・ジョコビッチに圧倒され敗退。ラファエル・ナダル フレッシュアイペディアより)

  • ノバク・ジョコビッチ

    ノバク・ジョコビッチから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2012年ロンドンオリンピックの開会式ではセルビア選手団の旗手を務めた。シングルス準決勝で金メダルを獲得したアンディ・マレーに 5-7, 5-7 で敗れ、銅メダル決定戦でもフアン・マルティン・デル・ポトロに 5-7, 4-6 で敗れメダルを逃した。その後のカナダ・マスターズでは、決勝でリシャール・ガスケをストレートで下しシーズン3勝目を挙げた。ノバク・ジョコビッチ フレッシュアイペディアより)

  • アンディ・ロディック

    アンディ・ロディックから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    。同大会4回戦にて、フアン・マルティン・デル・ポトロに 7-6(1), 6-7(4), 2-6, 4-6 で敗退し、現役を引退した。アンディ・ロディック フレッシュアイペディアより)

  • マラト・サフィン

    マラト・サフィンから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    2009年はほとんどの大会で早々の敗退が続き、母国ロシアのサンクトペテルブルクの大会で準決勝に進んだのが最高だった。BNPパリバ・マスターズでの対フアン・マルティン・デル・ポトロ戦が現役最後の試合となり、61位でそのキャリアを終えた。マラト・サフィン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のスポーツ

    2009年のスポーツから見たフアン・マルティン・デル・ポトロフアン・マルティン・デル・ポトロ

    男子シングルス優勝:フアン・マルティン・デル・ポトロ(アルゼンチン)(初優勝)2009年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
29件中 21 - 29件表示

「フアンマルティン・デルポトロ」のニューストピックワード