64件中 11 - 20件表示
  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たフェリシアーノ・ロペス

    9月、デビスカップ準決勝の対ロシア戦で、デル・ポトロはシングルスの試合で2勝をあげ、アルゼンチンの決勝進出に大きく貢献した。10月のジャパン・オープン・テニス選手権では決勝に進出。決勝戦ではトマーシュ・ベルディハ(チェコ)に 1-6, 4-6 で敗れて準優勝になった。この年の快進撃を受けて、デル・ポトロは年間ランキング上位8名しか出場資格を得られない男子ツアー最終戦「テニス・マスターズ・カップ」の出場権を初めて手にした。11月、デビスカップ決勝の対スペイン戦では第2試合のシングルスに出場するが、フェリシアーノ・ロペスに敗れる。最終結果はアルゼンチンの2勝3敗となり、アルゼンチンのホームグラウンドでの優勝は叶わなかった。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たダビド・フェレール

    全豪オープンでは2回戦でマルコス・バグダティス(キプロス)に 1-6, 3-6, 6-4, 3-6 で敗退した。2月のデルレイビーチ大会でヤンコ・ティプサレビッチを 6?4, 6?4 で破り全米オープン以来のツアー8勝目を挙げた。全仏オープンは、3回戦でノバク・ジョコビッチに 3-6, 6-3, 3-6, 2-6 で敗れた。ウィンブルドンは4回戦でラファエル・ナダルに6-7(6), 6-3, 6-7(4), 4-6 で敗れた。全米オープンでも3回戦でジル・シモンに 6-4, 6-7(5), 2-6, 6-7(3) で敗れたが、最終ランキングは11位まで戻し、ATPアワードのカムバック賞を受賞した。12月のスペインとのデビスカップ決勝では、ダビド・フェレールに 2-6, 7-6(2), 6-3, 4-6, 3-6 のフルセットで敗れた。1勝2敗で後がなくなった第4試合のラファエル・ナダル戦でも 6-1, 4-6, 1-6, 6-7(0) で敗れアルゼンチンは悲願の初優勝を逃した。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たジャパン・オープン・テニス選手権

    デル・ポトロは父親が元セミプロのラグビー選手で獣医、母親が教師という家庭に育ち、7歳からテニスを始めた。ジュニア選手時代は、2002年に「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の14歳以下の部で優勝がある。2003年から男子ツアー下部組織の大会群を転戦し始め、2006年の全仏オープンで4大大会にデビューする。同年10月の「ジャパン・オープン」で初来日し、ティム・ヘンマン(イギリス)との3回戦まで勝ち進んだ。2007年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアルゼンチン代表選手に選ばれる。デ杯代表入りの後、7月のアメリカ・インディアナポリス大会で男子ツアーのダブルス初優勝を達成。この年は全米オープン3回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に挑戦した。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たロビン・セーデリング

    全米優勝後の大会では調子を落とし初戦敗退、途中棄権が続くが、昨年に引き続き出場権を手にしたテニス・マスターズ・カップでは予選を突破し、準決勝でロビン・セーデリング(スウェーデン)を6?7(1), 6?3, 7?6(3)で下し決勝に進出。決勝戦ではニコライ・ダビデンコ(ロシア)に3?6, 4?6で敗れ準優勝となった。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たティム・ヘンマン

    デル・ポトロは父親が元セミプロのラグビー選手で獣医、母親が教師という家庭に育ち、7歳からテニスを始めた。ジュニア選手時代は、2002年に「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の14歳以下の部で優勝がある。2003年から男子ツアー下部組織の大会群を転戦し始め、2006年の全仏オープンで4大大会にデビューする。同年10月の「ジャパン・オープン」で初来日し、ティム・ヘンマン(イギリス)との3回戦まで勝ち進んだ。2007年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアルゼンチン代表選手に選ばれる。デ杯代表入りの後、7月のアメリカ・インディアナポリス大会で男子ツアーのダブルス初優勝を達成。この年は全米オープン3回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に挑戦した。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たミカエル・ロドラ

    全豪オープンでは3年ぶりにベスト8に進出。準々決勝でロジャー・フェデラーに 4-6, 3-6, 2-6 で敗れた。2月にマルセイユで開催された大会ではミカエル・ロドラを下し、キャリア10勝目を飾った。5月のエストリル・オープンではリシャール・ガスケを下しシーズン2勝目を挙げた。全仏オープンでは準々決勝でフェデラーに6-3, 7-6, 2-6, 0-6, 3-6と2セットアップとするも敗れた。ウィンブルドンでは4回戦でダビド・フェレールにストレートで敗退し、2年連続4回戦敗退となった。8月のロンドンオリンピックでは準決勝でフェデラーに6-3, 6-7, 17-19の大接戦で敗れるも、3位決定戦でノバク・ジョコビッチを破り銅メダルを獲得した。全米オープンでは4回戦でアンディ・ロディックに勝利しロディックの現役引退試合を受け持った。準々決勝ではジョコビッチにストレートで敗れベスト8敗退となった。10月開催のバンク・オーストリア・テニス杯ではグレガ・ゼムラを破りシーズン3勝目を挙げ、翌週のスイス・インドアでは決勝で、7連敗を喫していたフェデラーを6-4, 6-7, 7-6の接戦の末破り、2週連続トーナメント優勝を果たした。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たマリン・チリッチ

    以前から痛めていた手首の症状が悪化し、全豪オープン4回戦でマリン・チリッチ(クロアチア)に敗れて以降は戦線離脱し、5月に右手首の手術を受けた。9月のタイ・オープン、10月のジャパン・オープン・テニス選手権で復帰したが初戦敗退となり、来シーズンまでは練習に専念することを発表した。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見た全米オープン (テニス)

    フアン・マルティン・デル・ポトロ(Juan Martín del Potro, 1988年9月23日 - )は、アルゼンチン・タンディル出身の男子プロテニス選手。2009年の全米オープン男子シングルス優勝者である。198cmの長身から放たれる高速サーブが武器で、ハードコートを最も得意とする。これまでにATPツアーでシングルス13勝、ダブルス1勝を挙げる。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。シングルス自己最高位は4位。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見た男子プロテニス協会

    フアン・マルティン・デル・ポトロ(Juan Martín del Potro, 1988年9月23日 - )は、アルゼンチン・タンディル出身の男子プロテニス選手。2009年の全米オープン男子シングルス優勝者である。198cmの長身から放たれる高速サーブが武器で、ハードコートを最も得意とする。これまでにATPツアーでシングルス13勝、ダブルス1勝を挙げる。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。シングルス自己最高位は4位。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・マルティン・デル・ポトロ

    フアン・マルティン・デル・ポトロから見たデビスカップ

    デル・ポトロは父親が元セミプロのラグビー選手で獣医、母親が教師という家庭に育ち、7歳からテニスを始めた。ジュニア選手時代は、2002年に「オレンジボウル選手権」(ジュニアテニス選手の登龍門と言われる大会)の14歳以下の部で優勝がある。2003年から男子ツアー下部組織の大会群を転戦し始め、2006年の全仏オープンで4大大会にデビューする。同年10月の「ジャパン・オープン」で初来日し、ティム・ヘンマン(イギリス)との3回戦まで勝ち進んだ。2007年から男子テニス国別対抗戦・デビスカップのアルゼンチン代表選手に選ばれる。デ杯代表入りの後、7月のアメリカ・インディアナポリス大会で男子ツアーのダブルス初優勝を達成。この年は全米オープン3回戦でノバク・ジョコビッチ(セルビア)に挑戦した。フアン・マルティン・デル・ポトロ フレッシュアイペディアより)

64件中 11 - 20件表示