前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
581件中 1 - 10件表示
  • 2011年の地震

    2011年の地震から見たフィジーフィジー

    マグニチュード 6.6 フィジーの南 2月21日2011年の地震 フレッシュアイペディアより)

  • キリバス

    キリバスから見たフィジーフィジー

    タラワを含む4つの地区は、ギルバート諸島にあり、住民の多くはここに住んでいる。ライン諸島には3つの島だけに人が住んでおり、フェニックス諸島ではカントン島に住民がおり、ライン&フェニックス地区を代表している。バナバの2001年の人口は約200人であるが、フィジーのランビ島に移り住んだ人々を代表するランビ指導者評議会 (Rabi Council of Leaders) がフィジーのランビ島に設立されておりバナバ及びキリバス政府と緊密な関係を保っている。キリバス フレッシュアイペディアより)

  • テンジクアジ

    テンジクアジから見たフィジーフィジー

    テンジクアジ(学名:Carangoides oblongus )はアジ科に属する海水魚である。インド太平洋に広く分布し、その分布域は西は南アフリカ、東はフィジーや日本まで広がっている。比較的大型の種で最大で全長46cmに達した記録がある。非常によく似るイトヒラアジなどの近縁他種とは鰭条や鱗など形態上の特徴から区別することができる。しばしば沿岸域で見られ、エスチュアリーによく現れることも多くの地域で知られている。繁殖や食性についてはほとんど分かっておらず、漁業においてもほとんど重要ではない。テンジクアジ フレッシュアイペディアより)

  • 西澤ヨシノリ

    西澤ヨシノリから見たフィジーフィジー

    同年4月10日にポーラ・トゥイロー(フィジー)を5回2分59秒KO勝ちで破りOPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座の3度目の獲得に成功した。防衛1度の後、同年12月1日に返上。西澤ヨシノリ フレッシュアイペディアより)

  • ツバル

    ツバルから見たフィジーフィジー

    オセアニアの地域区分において、ツバルの北方キリバスはミクロネシア、南方フィジーはメラネシアに区分されるが、ツバルはポリネシアに区分される。ツバル フレッシュアイペディアより)

  • グルクマ

    グルクマから見たフィジーフィジー

    英名Short mackerel。インドシナ半島・大スンダ列島からソロモン諸島・フィジーまで分布する。グルクマ フレッシュアイペディアより)

  • イトウオニヒラアジ

    イトウオニヒラアジから見たフィジーフィジー

    イトウオニヒラアジ(学名:Caranx heberi)はアジ科に分類される大型の海水魚である。インド洋と西太平洋の熱帯、亜熱帯域に広く生息し、分布は西は南アフリカから東はフィジー、日本、オーストラリア北部にまで広がっている。生息域の全域において沿岸海域でみられ、岩礁などのある比較的深く透明度の高い海域を好む。鰭が黄色であることや尾鰭上部が黒味を帯びること、その他の解剖学的特徴などから近縁他種と容易に区別できる。最大で全長88cmに達する。しばしば小さな群れを形成し様々な種類の魚類、頭足類、甲殻類を捕食する。繁殖について分かっていることはわずかであるが、産卵は生息域のうち熱帯域で行われ、幼魚は湾や大きなエスチュアリーに生息することが知られている。様々な漁法によりしばしば漁獲されるが市場にはそれほど出回らない。引きが強く、また美味であることから釣りの対象魚としても人気がある。イトウオニヒラアジ フレッシュアイペディアより)

  • ミナミギンガメアジ

    ミナミギンガメアジから見たフィジーフィジー

    ミナミギンガメアジ(学名:Caranx tille)はアジ科に分類される大型の海水魚である。インド太平洋地域の熱帯、亜熱帯域に広く生息し、分布域は西は南アフリカ、東はフィジー、日本、オーストラリアまで広がっている。他種とは丸みを帯びた頭部や、その他の解剖学的特徴によって区別される。最大で全長80cm、体重7.2kgに達することが記録されてる。沿岸性の種であり、岩礁やサンゴ礁、ラグーンなどでみられるが、深い外洋において海山付近からも記録がある。肉食魚であり、様々な種の魚類や甲殻類を捕食する。繁殖についてはほとんど分かっていない。漁業における重要性は高くないが、様々な漁法によって捕獲されることがある。釣りの対象魚として人気があり、また食用としても美味である。ミナミギンガメアジ フレッシュアイペディアより)

  • ミールの軌道離脱

    ミールの軌道離脱から見たフィジーフィジー

    軌道離脱は3段階で行われた。第1段階は軌道が大気の抗力で平均220kmの高度までを起こすことを待った。これはプログレスM1-5のドッキング後に始まった。第2段階はミールを165×220kmの軌道に移動させた。これは2001年3月23日の0時32分(UTC)と2時1分(UTC)に行われたプログレスM1-5の制御エンジンの2回の噴射によって行われた。この軌道で一度休止した後、第3段階として5時8分(UTC)にプログレスM1-5の制御エンジンとメインエンジンによるによるミールの軌道離脱が始まり、22分強で終了した。高度100kmの大気圏再突入は5時44分(UTC)にフィジーのナンディ付近上空で起こった。ミールの軌道離脱 フレッシュアイペディアより)

  • フィジーウォーター

    フィジーウォーターから見たフィジーフィジー

    フィジーウォーター (FIJI Water) は、フィジー共和国のミネラルウォーターのブランドである。背面ラベルの内側に南国風のイメージが印刷されており、前面から透かして見ることができる独特なパッケージデザインを採用している。フィジーウォーター フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
581件中 1 - 10件表示