581件中 91 - 100件表示
  • ヴァイツプ島

    ヴァイツプ島から見たフィジーフィジー

    ヴァイツプ島はツバルでも2番目に居住者の多い島となっており、2002年の調査では1,591人が住んでいる。Motufouaにはツバルで唯一の中等教育を行う学校があり、13歳から21歳までの600人が国内の島々からやってきている。比較的大きな島であるにも関わらず、過密状態となった1940年代には、一部の住民たちがフィジーに渡っている。ヴァイツプ島 フレッシュアイペディアより)

  • ママヌザ諸島

    ママヌザ諸島から見たフィジーフィジー

    ママヌザ諸島(Mamanuca Islands)は、フィジーの諸島。火山性の諸島で、ナンディの西沖合いに浮かび、ヤサワ諸島の南に浮かぶ。快晴が多く降雨が少ない気候のため水源の確保が難しく、諸島最大の島マロロ島など数島にしか居住者がいなかったが、美しい海と、フィジーの玄関口であるナンディ国際空港に近いこと、温暖で快晴の多い気候などから観光開発が進められ、現在ボモ島、トコリキ島、マタマノア島、マナ島、カリト島(キャストアウェイ島)、マロロ島、マロロライライ島、ナモツ島、タバルア島、ナビニ島、マラマラ島、カンダブライライ島(バウンティ島)、ビーチコンバー島など、20以上の島にリゾートが建設されている。いくつかの島は満潮時には海面下となる。諸島のうちのひとつであるモヌリキ島は、2000年に映画「キャスト・アウェイ」の舞台となった。ママヌザ諸島 フレッシュアイペディアより)

  • レモンザメ

    レモンザメから見たフィジーフィジー

    インド太平洋の広範囲で見られる。インド洋では南アフリカから紅海・モーリシャス・セーシェル・マダガスカル・インド亜大陸に沿って東南アジアまで。太平洋では台湾・フィリピンからニューギニア島・オーストラリア北部と太平洋諸島(ニューカレドニア・パラオ・マーシャル諸島・ソロモン諸島・フィジー・バヌアツ・フランス領ポリネシア)に分布する。本種は島伝いに太平洋中部へ広がっていったようではあるが、オーストラリア東部を中心とする個体群とフランス領ポリネシアを中心とする個体群は最低でも750km離れており、これらの間には顕著な遺伝的差異が存在することが分かっている。このため、長距離を移動することは非常に稀だと考えられる。日本では八重山諸島以南、西表島や石垣島などで見られる。レモンザメ フレッシュアイペディアより)

  • タバルア島

    タバルア島から見たフィジーフィジー

    タバルア島(Tavarua island)は、南太平洋フィジーにあるハートの形をした120,000m2(29エーカー)の面積を持つリゾート島である。フィジー本島のビティレブ島の近くにあり、珊瑚礁に囲まれている。タバルア島 フレッシュアイペディアより)

  • タブア

    タブアから見たフィジーフィジー

    タブア(Tavua)は、フィジーの都市。ビチレブ島北部に位置し、西部地区のバ県に属する。人口2388人(2007年) 。ナンディからは91km東に位置し、バツコウラの金鉱山からは9?北に位置する。タブアは1992年に市に昇格した。タブア フレッシュアイペディアより)

  • 西野久子

    西野久子から見たフィジーフィジー

    夫である西野照太郎(国立国会図書館職員/政治経済学者/位階勲等は従三位勲三等)の海外視察・研究に同行し、1960年代?1980年代にかけてまだ政情が不安定であった国々を含めケニア、エチオピア、ウガンダ、バヌアツ、フィジー、ニューカレドニア、インドネシア・オーストラリア・ニュージーランド等の南太平洋・アジア・アフリカ諸国を訪れる、そこで見た輝く太陽のもとで生きる女性や子供たちを通して、人間の生きる喜びや尊さを、力強く描き続けている。 その強烈な原色の世界が西野久子の画く絵画の原点である。西野久子 フレッシュアイペディアより)

  • シンガトカ

    シンガトカから見たフィジーフィジー

    シンガトカ(Sigatoka)は、フィジーの都市。フィジー語の発音に従い、シガトカではなくシンガトカと記述する方が原音に近い。ビティレブ島南西部に位置し、シンガトカ川の河口に位置する。都市名は河川名に由来する。ナンディから69km離れている。人口7940人(1996年)。ナドロガ・ナボサ州の中心都市である。シンガトカ フレッシュアイペディアより)

  • メラネシア人

    メラネシア人から見たフィジーフィジー

    メラネシア人(メラネシアじん、Melanesian)は、西南太平洋のメラネシアに住む人々の総称。広義にはパプア人を含める場合もある。人種的にはオーストラロイドと混血したモンゴロイド系の民族であるが、島嶼間の交流の結果、様々な移住者が入ったことから体格・風貌も様々であり、人種的特徴を一概に挙げることは困難である。彼らは約5000年前にメラネシア水域の島々にやってきたと考えられており、ソロモン諸島、ニューヘブリディーズ諸島、フィジー諸島、ニューカレドニア島などに居住する。顔立ちはポリネシア人に近く、皮膚の色にはパプア人のような統一性は無く、濃い者も薄い者もいる。しばしばアフリカの民族と比較されるが、モンゴロイドと混血しているメラネシア人は複合人種であり、表現型が非常に多様な集団である。メラネシア人 フレッシュアイペディアより)

  • ロインクロス

    ロインクロスから見たフィジーフィジー

    サイズや素材、下着と表着の違いのほか、織り上がった布をそのまま腰に結びとめたり、ベルトで固定する(フィジー・スルなど)腰紐を縫いつけ結びとめる(近世日本・腰巻など)などの固定方法での違い。股下にくぐらせる(インド・ドウティなど)、襞を寄せる(古代エジプト・シェンティなど)の着装方法の違いなどで地域ごとに差異がある。ロインクロス フレッシュアイペディアより)

  • サクセス (補給艦)

    サクセス (補給艦)から見たフィジーフィジー

    2006年11月初頭、ライセニア・ガラセ首相に対する軍のクーデターが差し迫ったフィジーに先行して派遣された「FFG 06 ニューカッスル」に続いて、輸送艦「L-51 カニンブラ」と共に派遣された。サクセス (補給艦) フレッシュアイペディアより)

581件中 91 - 100件表示