581件中 21 - 30件表示
  • 2007年の気象・地象・天象

    2007年の気象・地象・天象から見たフィジーフィジー

    3月12日 - フィジーで洪水、6人が死亡。サトウキビの農地にも被害。2007年の気象・地象・天象 フレッシュアイペディアより)

  • ラピタ人

    ラピタ人から見たフィジーフィジー

    ラピタ土器のうち古期のものは、紀元前1350年から同750年の間にビスマルク諸島で作られたものが見つかっている。その後紀元前250年ごろまでに、次第に多様化した。バヌアツやニューカレドニアには、その地方独自の様式が見られる。メラネシアやパプアニューギニアのウンボイ島 (en) でも見つかっているが、それらが絶えた後もフィジーでは作られ続けた。ラピタ人 フレッシュアイペディアより)

  • 大嶋英一

    大嶋英一から見たフィジーフィジー

    大嶋 英一(おおしま えいいち)は、日本の外交官。2012年(平成24年)1月17日から2014年(平成26年)まで、フィジー駐箚特命全権大使。大嶋英一 フレッシュアイペディアより)

  • インド系移民と在外インド人

    インド系移民と在外インド人から見たフィジーフィジー

    1830年代から、プランテーションでのサトウキビ栽培を目的とした出稼ぎ労働者として、単数年契約でモーリシャスやフィジーなどへ移住した。ただし、当時のインドはイギリスの植民地であり(イギリス領インド帝国)、その扱いは奴隷並みで契約期間が切れても帰国できない者が多かった。その他、19世紀半ばにインド洋の覇権をイギリスと争ったザンジバル・スルターン国でインド出身のジェイラム・シヴジが巨大な財力を握り、国政を左右する影響力を保持したため、ザンジバルへのインド人の移住も進んだ。しかし、1870年代以後、肉体労働を目的としたものだけではなく、技術者、商人、その他専門職として南アフリカ連邦(現在の南アフリカ共和国)やマレーシアなどで成功した印僑が現れ始める。インド独立の父マハトマ・ガンディーも、インド民族主義運動に参画する以前は、南アフリカで活動していた弁護士であった。他にもイギリス植民地であった西インド諸島のトリニダード・トバゴや南アメリカのガイアナ、東アフリカのタンガニーカ、ケニア、ウガンダなどにインド系移民の移住が行われた。インド系移民と在外インド人 フレッシュアイペディアより)

  • 第二段作戦

    第二段作戦から見たフィジーフィジー

    第二段作戦の計画は以下の通り。1942年5月、東部ニューギニアのポートモレスビー攻略作戦(MO作戦)。6月、ミッドウェー攻略作戦(MI作戦)、アリューシャン攻略作戦(AL作戦)。7月、フィジーおよびサモア攻略作戦(FS作戦)。第二段作戦 フレッシュアイペディアより)

  • リトルアンバサダー

    リトルアンバサダーから見たフィジー諸島共和国フィジー

    ファイル:Littleamba-fiji.jpg|フィジー諸島共和国大使館とのリトルアンバサダーの様子リトルアンバサダー フレッシュアイペディアより)

  • ポリネシア

    ポリネシアから見たフィジー諸島フィジー

    ポリネシア人の祖先はオーストロネシア語を話すモンゴロイド系の民族で、その祖先は台湾に定住していた。紀元前2500年頃、一部のグループが台湾から南下を開始し、フィリピンを経て紀元前2000年頃にインドネシアのスラウェシ島に到達した。ラピタ人と称される原ポリネシア人は、ここからニューギニア島沿岸およびメラネシアへと東進し、紀元前1100年頃にはフィジー諸島に到達した。現在、ポリネシアと呼ばれる地域への移住は紀元前950年頃からで、サモアやトンガからもラピタ人の土器が出土している。サモアに到達した時点でラピタ人の東への移住の動きは一旦止まるのだが、その間にポリネシア文化が成立していったと考えられている。ポリネシア フレッシュアイペディアより)

  • 遠い海から来たCOO

    遠い海から来たCOOから見たフィジー諸島フィジー

    南太平洋、フィジー諸島のひとつ「パゴパゴ島」が主な舞台。パゴパゴ島のトンベルア酋長の許可をもらい、日本から移住した海洋生物学者の小畑徹郎とその息子である洋助(12歳)が主人公。遠い海から来たCOO フレッシュアイペディアより)

  • インド

    インドから見たフィジーフィジー

    印僑は華僑・ユダヤ人・アルメニア人に並ぶ世界四大移民集団で、インド国外で成功を収めている。大英帝国の植民地時代から世界各国の国へ移民し、特にイギリスの支配下であった英語圏に圧倒的に多いのが特徴である。在外インド人(NRI=印僑)は、インド外務省によれば、2500万人以上と世界各地に存在しており、その一部は上祖の出身地たるインドへの投資にも積極的である。特にインド系移民の存在感が大きな諸国として東アフリカのタンザニアや、ケニア、モーリシャス、南アメリカのガイアナ、西インド諸島のトリニダード・トバゴ、オセアニアのフィジーなどが挙げられる。インド フレッシュアイペディアより)

  • 留学

    留学から見たフィジーフィジー

    そして、グローバル化が進むなかで、先進国から途上国への留学もみられるようになり、今日の留学は相互交通的、多元的な時代に入っている。文化や制度や習慣・常識は国によって大きく違うことから、留学する際には事前調査と計画をしっかり立て、カルチャーショックなどにも備えておく必要があるとされるが、また、逆にそうしたことから自国の文化や制度、価値観や常識を見つめなおすことができるのも留学の利点とされ、近代化の枠組みを超えた、外国語の習得や様々な人脈の形成、自己啓発、自己鍛錬などを動機とした留学が後進国でも増えている。語学留学の場合、アメリカ、イギリスを中心にした英語留学(その他の国にカナダ、アイルランド、ニュージーランド、オーストラリア、フィジーなど)や、フランスでのフランス語習得、中国、台湾での中国語習得などを目的としたものが一般的となっている。留学 フレッシュアイペディアより)

581件中 21 - 30件表示