382件中 41 - 50件表示
  • トゲナシヌマエビ

    トゲナシヌマエビから見たフィジーフィジー

    日本から東南アジアを経てマリアナ諸島、フィジーまで、西太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布する。日本での分布域は、日本海側は島根県・隠岐諸島以西、太平洋側は千葉県以南の西日本とされる。分布域の北限付近では生息数も少ないが、南西諸島では生息数が多く普通種となる。トゲナシヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • バトゥイラ海峡

    バトゥイラ海峡から見たフィジーフィジー

    バトゥイラ海峡(Vatu-i-Ra Channel)は、南太平洋フィジーの首都スバがあるフィジーで一番大きいビティレブ島と、二番目に大きいバヌアレブ島との間にある海峡である。最深部は618mである。海峡の西は太平洋、東はフィジーの内海コロ海である。バトゥイラ海峡 フレッシュアイペディアより)

  • フィジー航空

    フィジー航空から見たフィジーフィジー

    フィジー航空(フィジーこうくう、Air Fiji)はフィジーにかつて存在した航空会社。フィジー国内の島嶼間をむすぶ航空サービスを提供しており、一日に65便程度を運航していた。スバのナウソリ国際空港とナンディのナンディ国際空港をハブ空港としていたが、2009年5月1日に運航を休止している。フィジー航空 フレッシュアイペディアより)

  • ブライアン・キース=ルーカス

    ブライアン・キース=ルーカスから見たフィジーフィジー

    戦後はノッティンガムで事務弁護士として働いていたが、1948年にオックスフォード大学で政治学と地方行政の上級講師となり、1950年に同大学ナフィールド・カレッジのフェローとなる。イギリス植民地独立への移行に向けて植民地の役人を整備することを目的とする研究を行い、シエラレオネ、モーリシャス、フィジーといった国々の独立のための憲法制定委員会のメンバーに加わり、かつてイギリス植民地だった国々へ地方行政面のアドバイスを行った。ブライアン・キース=ルーカス フレッシュアイペディアより)

  • ドウクツヌマエビ

    ドウクツヌマエビから見たフィジーフィジー

    生息地は南西諸島の南大東島、宮古島、伊良部島、竹富町黒島、小笠原諸島の西之島、ハワイ諸島、フィジー、ソロモン諸島、フィリピンのマクタン島、マダガスカル北西のEuropa Islands、紅海のEntedebir Islandの記録がある。インド太平洋熱帯域の島嶼に広く分布するが、その割りに知られている生息地は少ない。タイプ産地はフィジーのラウ諸島で、学名の種名"lauensis"もここに由来する。ドウクツヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • カーネギー図書館

    カーネギー図書館から見たフィジーフィジー

    1883年から1929年に資金援助を受けた2,509のカーネギー図書館のうち、1,689がアメリカ合衆国にあり、660がイギリスまたはアイルランドにあり、125がカナダに存在する。その他、オーストラリア、ニュージーランド、セルビア、西インド諸島、フィジーにも少数存在する。この寄付金の申請をした自治体の中で、寄付を拒否された自治体はほとんどない。1919年に最後の寄付金が下りた時点で、アメリカ合衆国には3,500の図書館があったが、その半分近くはカーネギーの寄付金で建てられたものであった。カーネギー図書館 フレッシュアイペディアより)

  • カリン・ホワイトサイド

    カリン・ホワイトサイドから見たフィジーフィジー

    カリン・ホワイトサイド(Karyn Whiteside、1984年7月30日-)はフィジーの女子バドミントン選手。妹のアンドラ・ホワイトサイドも同じくバドミントン選手。カリン・ホワイトサイド フレッシュアイペディアより)

  • ニューカレドニア駐屯フランス軍

    ニューカレドニア駐屯フランス軍から見たフィジーフィジー

    領土については主権と安全保障の維持、国益のためにフランス領ポリネシア駐屯部隊の司令官と連携して太平洋地域ダイアローグへの参加や、恒久責任地帯(la zone de responsabilité permanente:ZRP)内での介入能力の維持、災害救助や人道支援など緊急時の貢献、海上ではZRP内やウォリス・フツナを含む排他的経済水域の他、バヌアツ、フィジーおよびトンガなど島嶼国間での違法漁業の取締り、海難救助、FRANZ協定(:fr:Accords FRANZ)に基づく自然災害対策(2009年にはサモア沖地震の津波災害で10月に出動、2010年3月にはトマス・サイクロン(:en:Cyclone Tomas)でフィジーとトンガに出動している)がある。航空分野については住民援助が主たる任務となっている。他には1999年の東ティモール国際軍に参加している。ニューカレドニア駐屯フランス軍 フレッシュアイペディアより)

  • オバラウ島

    オバラウ島から見たフィジーフィジー

    オバラウ島(Ovalau)は、フィジーの島。フィジーで6番目に大きな島で、ロマイビチ諸島最大の島である。南緯17.70° 東経178.8°付近に位置し、首都スバから北東に60km、ビティレブ島東岸からは20km東に位置する。島は南北13km、東西10kmあり、面積は102.3平方キロである。島の人口は9000人で、中心都市は島の東岸にあり、かつてフィジーの首都であったレブカである。島には24の町や村がある。オバラウ島 フレッシュアイペディアより)

  • 世界旅行博

    世界旅行博から見たフィジーフィジー

    フィジーブースでは、現地の人との記念撮影の場が設けられた。世界旅行博 フレッシュアイペディアより)

382件中 41 - 50件表示