581件中 41 - 50件表示
  • ニューカレドニア駐屯フランス軍

    ニューカレドニア駐屯フランス軍から見たフィジーフィジー

    領土については主権と安全保障の維持、国益のためにフランス領ポリネシア駐屯部隊の司令官と連携して太平洋地域ダイアローグへの参加や、恒久責任地帯(la zone de responsabilité permanente:ZRP)内での介入能力の維持、災害救助や人道支援など緊急時の貢献、海上ではZRP内やウォリス・フツナを含む排他的経済水域の他、バヌアツ、フィジーおよびトンガなど島嶼国間での違法漁業の取締り、海難救助、FRANZ協定(:fr:Accords FRANZ)に基づく自然災害対策(2009年にはサモア沖地震の津波災害で10月に出動、2010年3月にはトマス・サイクロン(:en:Cyclone Tomas)でフィジーとトンガに出動している)がある。航空分野については住民援助が主たる任務となっている。他には1999年の東ティモール国際軍に参加している。ニューカレドニア駐屯フランス軍 フレッシュアイペディアより)

  • クラーク (駆逐艦)

    クラーク (駆逐艦)から見たフィジーフィジー

    就役後は大西洋岸、カリブ海で活動し、1940年4月1日からは真珠湾を母港として活動した。1940年3月3日から4月10日までサモア、オーストラリア、フィジーへの巡航を行う。日本軍による真珠湾攻撃時、クラークはカリフォルニア州サンディエゴでオーバーホールの途中であった。12月27日に西海岸を出航し、2つの船団を護衛して真珠湾に向かった。その後はサモアのパゴパゴ沖で対潜哨戒を行い、1942年2月および3月にはニューギニア空襲に向かう空母任務部隊に加わった。クラーク (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • オレンジバト

    オレンジバトから見たフィジー諸島フィジー

    フィジー諸島の固有種。森林に生息する。オレンジバト フレッシュアイペディアより)

  • バートホルト・カール・ジーマン

    バートホルト・カール・ジーマンから見たフィジーフィジー

    ハノーファーに生まれた。1844年にイギリスに渡り、キューガーデンで、植物学を学んだ。ウィリアム・ジャクソン・フッカーの推薦で1847年から行われた、ヘンリー・ケレットのヘラルド号によるアメリカ西海岸、太平洋岸の探検航海に、トーマス・エドモンドソン、ジョン・グッドリッジとともに博物学者として参加した。帰途の途中で、しばらく南アフリカに留まり、テーブルマウンテンに登頂するなどした後、1851年にイギリスに戻った。航海のまとめは"Voyage of HMS Herald"として出版され、1853年にゲッティンゲン大学から博士号を得た。1859年にフィジー諸島を訪れ、フィジーの植物に関する著書を発表した。1853年から1862年の間に植物学雑誌、"Bonplandia"(1853?1862)と"Journal of Botany, British and Foreign"を創刊、編集した。、バートホルト・カール・ジーマン フレッシュアイペディアより)

  • モクマオウ科

    モクマオウ科から見たフィジーフィジー

    オーストラリア、マレーシア、ニューカレドニア、フィジー、マスカレン諸島に分布する。日本には元来自生しないが、南西諸島、小笠原諸島に導入されたものが野生化している。モクマオウ科 フレッシュアイペディアより)

  • 南太平洋委員会

    南太平洋委員会から見たフィジーフィジー

    年1回南太平洋会議を開催する。後に、旧植民地から独立した政府・自治政府(サモア、ナウル、フィジー、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ツバル、クック諸島、ニウエ)が参加。本部はニューカレドニアのヌーメア。南太平洋委員会 フレッシュアイペディアより)

  • コンウェイ暗礁プレート

    コンウェイ暗礁プレートから見たフィジーフィジー

    コンウェイ暗礁プレート(英語:Conway Reef Plate)とは、南太平洋のフィジーの西に位置するプレート。基本的に収束型境界に囲まれており、北をバルモーラル暗礁プレート(一部に横ずれ型境界あり)、東及び南をオーストラリアプレートに、西をニューヘブリデスプレートに囲まれている。コンウェイ暗礁プレート フレッシュアイペディアより)

  • バルモーラル暗礁プレート

    バルモーラル暗礁プレートから見たフィジーフィジー

    バルモーラル暗礁プレート(英語:Balmoral Reef Plate)とは、南太平洋のフィジー北部に位置するプレートである。北側から右回りに太平洋プレート、オーストラリアプレート、コンウェイ暗礁プレート、ニューヘブリデスプレートと接している。プレートの北側及び東側のみは断裂帯であり、その他は横ずれ型若しくは収束型境界となっている。バルモーラル暗礁プレート フレッシュアイペディアより)

  • 南太平洋収束帯

    南太平洋収束帯から見たフィジーフィジー

    熱帯収束帯と同じように、強い対流を伴う地域である。本来そこにあるべき亜熱帯高圧帯の間に割って入り、オセアニアの多くの地域にモンスーン(雨季)の雨をもたらす。7?8月を中心とした冬は赤道のやや南付近にあるが、春、夏と暖かくなるにつれて南下し、1?2月を中心とした夏はオーストラリア北東部やフィジー南方沖付近にまで達する。南太平洋収束帯 フレッシュアイペディアより)

  • ローレンス・トムズ

    ローレンス・トムズから見たフィジーフィジー

    ローレンス・トムズ(Laurence Thoms、1980年3月26日-)はフィジーの男子アルペンスキー選手。ローレンス・トムズ フレッシュアイペディアより)

581件中 41 - 50件表示