581件中 71 - 80件表示
  • モリツバメ科

    モリツバメ科から見たフィジーフィジー

    主にオーストラリア区、1種ずつが東洋区とフィジーに生息する。モリツバメ科 フレッシュアイペディアより)

  • ネブトクワガタ属

    ネブトクワガタ属から見たフィジーフィジー

    フィジーのビティレブ島。大アゴの根元に2本の内歯がある。ヒペルプンクタトゥスネブトクワガタA. hyperpuncutatus Boucher, 1996と大歯型は似ている。ちなみにヒペルプンクタトゥスネブトクワガタの大歯型は2頭しか知られていないそうである。ネブトクワガタ属 フレッシュアイペディアより)

  • トゲナシヌマエビ

    トゲナシヌマエビから見たフィジーフィジー

    日本から東南アジアを経てマリアナ諸島、フィジーまで、西太平洋の熱帯・亜熱帯域に広く分布する。日本での分布域は、日本海側は島根県・隠岐諸島以西、太平洋側は千葉県以南の西日本とされる。分布域の北限付近では生息数も少ないが、南西諸島では生息数が多く普通種となる。トゲナシヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • ニジョウサバ

    ニジョウサバから見たフィジーフィジー

    紅海から日本の南西諸島、オーストラリア北部、フィジーまで、インド太平洋の熱帯海域に広く分布する。オーストラリア北部周辺海域では同属種 Shark mackerel (G. bicarinatus) と分布域が重複している。ニジョウサバ フレッシュアイペディアより)

  • ドウクツヌマエビ

    ドウクツヌマエビから見たフィジーフィジー

    生息地は南西諸島の南大東島、宮古島、伊良部島、竹富町黒島、小笠原諸島の西之島、ハワイ諸島、フィジー、ソロモン諸島、フィリピンのマクタン島、マダガスカル北西のEuropa Islands、紅海のEntedebir Islandの記録がある。インド太平洋熱帯域の島嶼に広く分布するが、その割りに知られている生息地は少ない。タイプ産地はフィジーのラウ諸島で、学名の種名"lauensis"もここに由来する。ドウクツヌマエビ フレッシュアイペディアより)

  • ニューギニアヤリガタリクウズムシ

    ニューギニアヤリガタリクウズムシから見たフィジーフィジー

    外来種として問題になっているアフリカマイマイの駆除のために、太平洋やインド洋の各地の島々(オーストラリア、フィリピン、ハワイ、グアム、マリアナ諸島、フィジー等)に導入され、定着している。ニューギニアヤリガタリクウズムシ フレッシュアイペディアより)

  • イガイダマシ

    イガイダマシから見たフィジーフィジー

    日本では東京都、千葉県、愛知県、大阪府、静岡県、和歌山県、富山県、福岡県に移入分布している。海外では、インド、フィジー、アフリカ西岸、ベトナム、台湾、香港などに外来種として定着している。イガイダマシ フレッシュアイペディアより)

  • クマエビ

    クマエビから見たフィジーフィジー

    西日本から、朝鮮半島南部、台湾、オーストラリア、フィジー、紅海、南アフリカまでのインド太平洋沿岸に広く分布する。日本近海での分布北限は日本海側が富山湾付近、太平洋側は千葉県以南とされており、クルマエビよりも高温の海域を好む。クマエビ フレッシュアイペディアより)

  • カントン島

    カントン島から見たフィジーフィジー

    カントン島 (Kanton Island, also known as Canton Island or Abariringa Island) は南太平洋、ハワイとフィジーのほぼ中間(南緯2度50分、西経171度40分)に位置するキリバス領の島。カントン島 フレッシュアイペディアより)

  • アシヒダナメクジ

    アシヒダナメクジから見たフィジーフィジー

    台湾では低地に普通に見られるとするが、フィジーでは低地から標高のより高い地域まで、森林から農地、草地まで生息するとある。夜行性で、小型個体は夜しか動かず、大きい個体は涼しい時間なら昼間も活動するが、夜間に活動する傾向が強い。アシヒダナメクジ フレッシュアイペディアより)

581件中 71 - 80件表示