382件中 81 - 90件表示
  • クラーク (駆逐艦)

    クラーク (駆逐艦)から見たフィジーフィジー

    就役後は大西洋岸、カリブ海で活動し、1940年4月1日からは真珠湾を母港として活動した。1940年3月3日から4月10日までサモア、オーストラリア、フィジーへの巡航を行う。日本軍による真珠湾攻撃時、クラークはカリフォルニア州サンディエゴでオーバーホールの途中であった。12月27日に西海岸を出航し、2つの船団を護衛して真珠湾に向かった。その後はサモアのパゴパゴ沖で対潜哨戒を行い、1942年2月および3月にはニューギニア空襲に向かう空母任務部隊に加わった。クラーク (駆逐艦) フレッシュアイペディアより)

  • コパヒー (護衛空母)

    コパヒー (護衛空母)から見たフィジーフィジー

    コパヒーは真珠湾で訓練を行った後、1943年2月25日にサンディエゴを出航し、航空機、兵員、物資をニューヘブリディーズ諸島、フィジー、ニューカレドニアの前線基地に運搬する。任務は6月7日まで継続した。コパヒー (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • オルタマハ (護衛空母)

    オルタマハ (護衛空母)から見たフィジーフィジー

    11月24日にエスピリトゥサントに到着し、積み荷の一部を陸揚げするとニューカレドニアへ向かう。11月28日にヌーメアに到着し、パイロットの飛行訓練及び乗組員の訓練演習を行う。12月30日にエスピリトゥサントに帰還するが続けてフィジーへ向かい、1943年1月13日にナンディに到着、その後訓練に従事する。オルタマハ (護衛空母) フレッシュアイペディアより)

  • ネットボール世界選手権

    ネットボール世界選手権から見たフィジーフィジー

    第12回はフィジーのスバで開催される予定だったが2006年12月にフィジーでクーデターが発生したため、ニュージーランドのオークランドで開催されることになった。ネットボール世界選手権 フレッシュアイペディアより)

  • 世界の記憶

    世界の記憶から見たフィジーフィジー

    韓国 (9)、中国 (7)、インド (6)、オーストラリア (5)、イラン (5)、マレーシア (4)、フィリピン (4)、インドネシア (2)、カザフスタン (2)、モンゴル (2)、ニュージーランド (2)、タイ (2)、ウズベキスタン (2)、フィジー (1)、カンボジア (1)、日本 (1)、パキスタン (1)、スリランカ (1)、タジキスタン (1)、ベトナム (1)。世界の記憶 フレッシュアイペディアより)

  • チヴォ (潜水艦)

    チヴォ (潜水艦)から見たフィジーフィジー

    1947年8月、模擬哨戒を開始しフィジーのスバ、グアム、日本を訪れ、11月にサンディエゴに帰還した。西海岸での任務は1949年中頃まで続き、その後、大西洋艦隊に配属されると1949年7月4日に新たな母港のキーウェストに到着する。チヴォは訓練と僚艦との演習を継続し、1950年10月30日にニューロンドンで GUPPY IA 改修が開始された。チヴォ (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • '87未来の東北博覧会

    '87未来の東北博覧会から見たフィジーフィジー

    東北の50年後の暮らしをマジックビジョンによる映像で紹介。ストーリーは、東北に住む太郎君一家(パパと太郎君は宇宙基地、おじいさんとおばあさんはフィジーへ旅行中)の留守をロボットたちが守っているという設定。'87未来の東北博覧会 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎大学熱帯医学研究所

    長崎大学熱帯医学研究所から見たフィジーフィジー

    長崎大学熱帯医学研究所は長崎県長崎市坂本にある熱帯医学の研究を主眼とした長崎大学の医学研究所である。フィジー、ケニア、ベトナムにも海外研究拠点をもつ。長崎大学熱帯医学研究所 フレッシュアイペディアより)

  • タベウニ島

    タベウニ島から見たフィジーフィジー

    タベウニ島は、フィジーの島。面積435平方キロで、フィジーで3番目に大きな島である。バヌアレブ島からソモソモ海峡を挟んで6.5km東に位置する。フィジー北部地方に属する。人口9000人(1996年)で、そのうち75%が原住フィジー系である。緑が多く、ガーデンアイランドと呼ばれ、観光客が多くやってくる。タベウニ島 フレッシュアイペディアより)

  • ママヌザ諸島

    ママヌザ諸島から見たフィジーフィジー

    ママヌザ諸島(Mamanuca Islands)は、フィジーの諸島。火山性の諸島で、ナンディの西沖合いに浮かび、ヤサワ諸島の南に浮かぶ。快晴が多く降雨が少ない気候のため水源の確保が難しく、諸島最大の島マロロ島など数島にしか居住者がいなかったが、美しい海と、フィジーの玄関口であるナンディ国際空港に近いこと、温暖で快晴の多い気候などから観光開発が進められ、現在ボモ島、トコリキ島、マタマノア島、マナ島、カリト島(キャストアウェイ島)、マロロ島、マロロライライ島、ナモツ島、タバルア島、ナビニ島、マラマラ島、カンダブライライ島(バウンティ島)、ビーチコンバー島など、20以上の島にリゾートが建設されている。いくつかの島は満潮時には海面下となる。諸島のうちのひとつであるモヌリキ島は、2000年に映画「キャスト・アウェイ」の舞台となった。ママヌザ諸島 フレッシュアイペディアより)

382件中 81 - 90件表示

「フィジー」のニューストピックワード