89件中 41 - 50件表示
  • ドメインキー

    ドメインキーから見たフィッシング詐欺フィッシング (詐欺)

    DomainKeysはフィッシング詐欺に対抗する技術としても有効である。何度もフィッシングの標的にされるドメインでは、そのドメインから送信するメールが真正な物であることを表明するために署名を使える。メール受信者は、それらのドメインから届いたメールに署名がなければ、それは詐称された可能性が高い物であるという目安として扱える。ホワイトリストに載せるドメインをDomainKeysとの連携に値する精度で決定する最良の方法は、未解決のままである。DomainKeysの後継であるDKIMでは、送信者に全ての送信メールに自己識別のための署名をさせるセンダー・サイニング・ポリシー(SSP: Sender Signing Policy)と呼ばれる選択機能を持つと考えられるが、SSPの有効性についてはまだ試されていないままである。ドメインキー フレッシュアイペディアより)

  • Internet Explorer 7

    Internet Explorer 7から見たフィッシング (詐欺)フィッシング (詐欺)

    フィッシング詐欺被害を抑えるためのフィッシング詐欺検出機能を実装した。フィッシング詐欺防止のためのExtended Validation 証明書にウェブ ブラウザで初めて対応した。Internet Explorer 7 フレッシュアイペディアより)

  • パスワードクラック

    パスワードクラックから見たフィッシング (詐欺)フィッシング (詐欺)

    フィッシングによって取得された MySpace のパスワードを調査したところ、それらの 3.8% は辞書に載っている一単語であり、他の 12% は一単語の末尾に数字を一個加えたものだった。その数字の 2/3 は "1" だった。パスワードクラック フレッシュアイペディアより)

  • ウリィ銀行

    ウリィ銀行から見たフィッシング (詐欺)フィッシング (詐欺)

    インターネットバンキングについては、SSL認証に加え、ブラウザに応じXecurewebという韓国製のソフトやTouchEn keyというキーボードハッキング防止プログラムの常駐によるセキュリティ方式を取っている。かつてはSSL認証を行っていなかったため、逆にフィッシングやスパイウェア等の不正アクセスの可能性が高く、またインターネットブラウザやOSが限定されていた。(これはウリィ銀行に限らず、他の韓国系外国銀行にも言えた。)ウリィ銀行 フレッシュアイペディアより)

  • ノートン インターネットセキュリティ

    ノートン インターネットセキュリティから見たフィッシング (詐欺)フィッシング (詐欺)

    2007以降。フィッシング詐欺サイト閲覧制限機能。ノートン インターネットセキュリティ フレッシュアイペディアより)

  • ウイルスバスター

    ウイルスバスターから見たフィッシング詐欺フィッシング (詐欺)

    ネットサーフィン時、ウイルスなどが埋め込まれたサイト、またフィッシング詐欺サイトなどの危険・悪質なサイトの閲覧を防ぐ。ウイルスバスター フレッシュアイペディアより)

  • Pinterest

    Pinterestから見たフィッシング (詐欺)フィッシング (詐欺)

    2012年3月、セキュリティ会社のシマンテックは引っかかる可能性の高い無料商品のアンケートをばら撒いている詐欺師によるPinterestユーザーのソーシャル・エンジニアリングに対する警告を発した。詐欺に使われている画像は多数の場合スターバックスのような著名企業を語りギフトカードで釣ることでアンケートに答えさせるもので、説明の中にあるリンクを一度クリックすると、外部サイトにアクセスすると同時に詐欺に使われている画像をリピンすることになり、被害者は個人情報を抜かれる上約束された無料商品が贈られずじまいになる。Pinterest フレッシュアイペディアより)

  • スパム (メール)

    スパム (メール)から見たフィッシング (詐欺)フィッシング (詐欺)

    国際機関、OECDでは2006年にスパム対策のツールキットを作成している。またスパムへの技術対策の一つとして送信認証技術を取り上げている。アメリカでは、2004年1月に連邦法としてCAN-SPAM法(CAN-SPAM Act of 2003)が成立している。基本的な考えはオプト・アウトだが携帯電話に向けたメールについてはオプト・インを採用していることや、悪質な迷惑メールに関する規制がなされている。2012年1月には、メール送信事業者等15社からなる迷惑メール対策やフィッシング対策などを目的とする「DMARC.org」が設立、SPF, DKIM等の技術を活用し、送信者認証を行うための仕組みを策定している。欧州では、2002年7月の「電子通信個人データ保護指令」の13条が電子メールのダイレクトマーケティング目的での利用については、顧客の同意がある場合にのみ認められるオプト・インを採用している。この指令を受けてEUの各構成国でもオプト・イン規制を整備してきている。スパム (メール) フレッシュアイペディアより)

  • ボットネット

    ボットネットから見たフィッシング (詐欺)フィッシング (詐欺)

    違法サイトの構築:スパムメールによって宣伝しても宣伝先に足がつくと摘発される可能性がある。そのため、ボットネットによるサイト構築も行われている。多くはHTTPのリクエストを本当のコンテンツを持っているサイトに中継するリバースプロキシサーバと見られる。これによってフィッシングサイトや、勃起不全治療薬等の販売、住宅金融や出会い系サイトを構築している例が存在する。一つの手口では、ボットネットの幾つかのノードをDNSラウンドロビンさせて生存状況によって適宜入れ換えられるようになっている。この手法はFast Fluxと呼ばれる。1ボットネット フレッシュアイペディアより)

  • 地下経済

    地下経済から見たフィッシング (詐欺)フィッシング (詐欺)

    ウェブサービスの偽造対策として、非対称鍵と電子署名を組み合わせたHTTPSが使われている。また、企業の実在性を認証するEV SSL証明書が使われるようになってきている。また、ソフトウェアにおいては、海賊版対策にシリアルナンバーが使われる。地下経済 フレッシュアイペディアより)

89件中 41 - 50件表示

「フィッシング詐欺」のニューストピックワード