前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たYahoo!

    近年ではYahoo!等のポータルサイトにおいて、インターネットオークション会員やウォレット等の様々なサービスが、一つのIDとパスワードに集約されて提供されている事情もあり、日本国内でもこれらのアカウント乗っ取りを目的としたフィッシング詐欺と見られる無差別送信のメールや、偽のサイトが報告されている。この場合、アカウントが乗っ取られれば、自分の名前で嘘のオークション出品物が出されたり、正当な出品者から出品物を騙し取るのに利用されたりといった、二次的にオークション詐欺の片棒を担がされる事態に陥る危険性がある。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見た公衆無線LAN

    しかし近年では、特に脆弱性が放置されたままのようなDNSサーバに干渉し、真正のホスト名に対して偽のIPアドレスを返すように動作を変更することにより、本来のサイトに対して有効なリンクを辿っている(すなわち、ブラウザのアドレスバーには正しいアドレスが表示されている)にもかかわらず、攻撃者の設置した予期しないサイトに誘導されるファーミングが指摘されている。同じ原理の攻撃として、近年急速に普及した無線LANのホットスポットに紛れ、偽のDNSサーバに接続するよう設定された罠のアクセスポイントを設置する手口も成立しうる。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たクラッキング (コンピューター用語)

    また、技術的可能性としてはルーターをクラックしてインターネット上でルーティングされるIPパケットを恣意的に制御する悪用の可能性、およびそれのフィッシングへの応用の可能性もある。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たマルウェア

    さらに、マルウェアの中には、パソコン内の通信制御(ルーティングテーブル、ネームリゾルバAPI等、あるいは単なるhostsファイル)を乗っ取ったり書き換えたりし、リンク先とは違うサイトを開かせるトロイの木馬も発見されており、実際に特定の銀行サイトに対する操作のみに反応して、所定のフィッシング詐欺サイトへと誘導する物も確認されている。またhostsファイルを書き換えて、偽のDNSサーバを参照させ、偽のサイトへ誘導しようと試みるワームの存在も確認されているため、コンピュータウイルス対策を含めて、これらフィッシング詐欺への警戒を行う必要がある。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たセキュリティホール

    なお、Webブラウザのセキュリティホールなどによりアドレス欄などに表示されるURLが偽装されている場合があるので、アドレス欄だけで確認するのでは不十分である。表示されているウェブページのプロパティを確認することがより有効である。また、ウェブブラウザのセキュリティホールを改善するために利用しているウェブブラウザを最新版にする必要もある(ただし、一部にはプロパティ表示の場合でも偽装の可能性があるセキュリティホールもある)。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たルーター

    また、技術的可能性としてはルーターをクラックしてインターネット上でルーティングされるIPパケットを恣意的に制御する悪用の可能性、およびそれのフィッシングへの応用の可能性もある。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たクレジットカード

    この行為は、悪意の第三者が会員制ウェブサイトや有名企業を装い、「ユーザーアカウントの有効期限が近づいています」や「新規サービスへの移行のため、登録内容の再入力をお願いします」などと、本物のウェブサイトを装った偽のウェブサイトへのURLリンクを貼ったメールを送りつけ、クレジットカードの会員番号といった個人情報や、銀行預金口座を含む各種サービスのIDやパスワードを獲得することを目的とする。また、DNS書き換えなどにより、正しいURLを入力しているのに偽のウェブサイトに誘導されてしまうファーミングという類似手法もある。その結果として架空請求詐欺や預金の引き下ろし・成り済ましなどに利用され、多重に被害者となってしまう、または間接的に加害者になってしまうケースも目立ってきている。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見た企業

    この行為は、悪意の第三者が会員制ウェブサイトや有名企業を装い、「ユーザーアカウントの有効期限が近づいています」や「新規サービスへの移行のため、登録内容の再入力をお願いします」などと、本物のウェブサイトを装った偽のウェブサイトへのURLリンクを貼ったメールを送りつけ、クレジットカードの会員番号といった個人情報や、銀行預金口座を含む各種サービスのIDやパスワードを獲得することを目的とする。また、DNS書き換えなどにより、正しいURLを入力しているのに偽のウェブサイトに誘導されてしまうファーミングという類似手法もある。その結果として架空請求詐欺や預金の引き下ろし・成り済ましなどに利用され、多重に被害者となってしまう、または間接的に加害者になってしまうケースも目立ってきている。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見た無線LAN

    しかし近年では、特に脆弱性が放置されたままのようなDNSサーバに干渉し、真正のホスト名に対して偽のIPアドレスを返すように動作を変更することにより、本来のサイトに対して有効なリンクを辿っている(すなわち、ブラウザのアドレスバーには正しいアドレスが表示されている)にもかかわらず、攻撃者の設置した予期しないサイトに誘導されるファーミングが指摘されている。同じ原理の攻撃として、近年急速に普及した無線LANのホットスポットに紛れ、偽のDNSサーバに接続するよう設定された罠のアクセスポイントを設置する手口も成立しうる。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たインターネットオークション

    近年ではYahoo!等のポータルサイトにおいて、インターネットオークション会員やウォレット等の様々なサービスが、一つのIDとパスワードに集約されて提供されている事情もあり、日本国内でもこれらのアカウント乗っ取りを目的としたフィッシング詐欺と見られる無差別送信のメールや、偽のサイトが報告されている。この場合、アカウントが乗っ取られれば、自分の名前で嘘のオークション出品物が出されたり、正当な出品者から出品物を騙し取るのに利用されたりといった、二次的にオークション詐欺の片棒を担がされる事態に陥る危険性がある。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「フィッシング詐欺」のニューストピックワード