47件中 21 - 30件表示
  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たウイルス対策ソフト

    利用しているWebブラウザやウイルス対策ソフトに対策機能がある場合はそれを有効にすることフィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たウォレット

    近年ではYahoo!等のポータルサイトにおいて、インターネットオークション会員やウォレット等の様々なサービスが、ひとつのIDとパスワードに集約されて提供されている事情もあり、日本国内でもこれらのアカウント乗っ取りを目的としたフィッシング詐欺と見られる無差別送信のメールや、偽のサイトが報告されている。この場合、アカウントが乗っ取られれば、自分の名前で嘘のオークション出品物が出されたり、正当な出品者から出品物を騙し取るのに利用されたり、二次的にオークション詐欺の片棒を担がされる事態に陥るおそれがある。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たアメリカ合衆国

    フィッシング詐欺は、主にアメリカ国内を中心に被害が急増し、例として10万ドルをフィッシングサイトに振り込んでしまった被害者がいる。イギリスのメッセージラボ社の調査によれば、2003年9月には月間約280件の発見であったのが、2004年3月には月間約22万件にまで増えているといい、迷惑メールの新たな形態としても目立つようになってきている。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見た性善説

    これから利用しようとしているサービスのセキュリティーの仕組みを理解すること。インターネットは基本的に性善説に基づいて設計されている仕組みである。ウェブについては TLS などのセキュリティーを確保する仕組みが一般的になっているが、これらの技術は後から拡張した技術であり、以前からあるセキュリティーを考慮しない仕組みと組み合わせると、いとも簡単にセキュリティーが保障できなくなる。いずれかの箇所でセキュリティーが確認できない箇所があれば、そこには詐欺を働く余地があることになり、擬装されている可能性がある。そのことを理解した上で利用するべきである。以下に挙げられている確認方法は、そのうちのありがちな手口の一部に過ぎない。また最近では SSL のセキュリティーを取得した新手のフィッシングサイトも出現しており、見抜くのが難しくなっている。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たクロスサイトスクリプティング

    クロスサイトスクリプティングと呼ばれる攻撃によって、その本物のWebサイトと模造サイトが連携して動作するようになり、あたかも本物のように機能するようしてしまうフィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たLeet

    語源については諸説ある。"fishing"(釣り)のハッカー的なスラング(Leet的言い換えと呼ばれる意図的な同音別表記)であるが、fがphに変化しているのは":en:Phreaking"(フリーキング、音声によって電話網を意図的に誤作動させる不正行為)からの類推であると欧米では考えられている。しかし、日本国内のメディアでは"sophisticated"(洗練された)との合成語であるとする見解が主流である。このほか、"password harvesting fishing" の略とする説もある。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たJavaScript

    本物のWebページのテキストや画像のみならずアドレスバーも模造されてしまう。その際にはJavaScriptやFlashあるいは画像が用いられる。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見た電話

    なお、不幸にもこのフィッシング詐欺が疑われる物に対して、IDやパスワード等を教えてしまった場合には、電話やメール(早いほど良いので、電話の方が望ましい)でサービス提供元に相談し、サービス停止およびパスワード変更といった対策を取るべきである。信販会社や銀行が情報確認する場合は書面で行われ、ウェブで確認することはない。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見た悪意

    この行為は、悪意の第三者が会員制ウェブサイトや有名企業を装い、「ユーザーアカウントの有効期限が近づいています」や「新規サービスへの移行のため、登録内容の再入力をお願いします」などと、本物のウェブサイトを装った偽のウェブサイトへのURLリンクを貼ったメールを送りつけ、クレジットカードの会員番号といった個人情報や、銀行預金口座を含む各種サービスのIDやパスワードを獲得することを目的とする。また、DNS書き換えなどにより、正しいURLを入力しているのに偽のウェブサイトに誘導されてしまうファーミングという類似手法もある。その結果として架空請求詐欺や預金の引き下ろし・成り済ましなどに利用され、多重に被害者となってしまう、または間接的に加害者になってしまうケースも目立ってきている。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

  • フィッシング (詐欺)

    フィッシング (詐欺)から見たイギリス

    フィッシング詐欺は、主にアメリカ国内を中心に被害が急増し、例として10万ドルをフィッシングサイトに振り込んでしまった被害者がいる。イギリスのメッセージラボ社の調査によれば、2003年9月には月間約280件の発見であったのが、2004年3月には月間約22万件にまで増えているといい、迷惑メールの新たな形態としても目立つようになってきている。フィッシング (詐欺) フレッシュアイペディアより)

47件中 21 - 30件表示

「フィッシング詐欺」のニューストピックワード