フィデル・カストロ ニュース&Wiki etc.

フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス(Fidel Alejandro Castro Ruz, 1926年8月13日 - )は、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを社会主義国家に変えた。… (出典:Wikipedia)

「フィデル・カストロ」Q&A

  • Q&A

    今度、現代社会の時事問題があるのですが、ここ2ヶ月ほどであった時事問題で出そうな出来…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年11月29日 00:29

  • Q&A

    フィデル・カストロ氏は生前、米大リーグのテストを受けていたという逸話をメディアを通し…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年11月28日 07:27

  • Q&A

    キューバのフィデル・カストロは、功罪どちらが大きい 革命家・政治家だったでしょうか?

    [続きを読む]

    回答数:3質問日時 - 2016年11月26日 21:08

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「フィデル・カストロ」のつながり調べ

  • キューバの歴史

    キューバの歴史から見たフィデル・カストロ

    1952年、バティスタはクーデターで政権を奪取し、憲法を停止した上で独裁政治を開始した。これにより、米国のキューバ支配は頂点に達し、バティスタ政権・米国政府・米国企業・マフィアの4者がキューバの富を独占し、その富が米国本土に流れるような社会構造が形成された。1953年7月26日、このようなアメリカによる半植民地状態の克服を夢見て、弁護士フィデル・カストロ(Fidel Castro Ruz)率いる青年たちが蜂起(モンカダ兵営襲撃)したが失敗に終わり、関係者は投獄された。1954年にバティスタは形式のみの信任選挙で再選を果たし、1955年の大統領就任と同時に憲法に基く統治を復活させ、カストロらの政治犯に恩赦を与えた。カストロは、恩赦によって出獄すると反政府組織「7月26日運動(M26)」を結成、同志とともにメキシコに亡命した。その後、砂糖の国際価格の安定により、キューバ経済の状況は改善されたが、バティスタの独裁体制は継続され続けた。(キューバの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 野谷文昭

    野谷文昭から見たフィデル・カストロ

    アンヘル・エステバン/ステファニー・パニチェリ『絆と権力 ガルシア=マルケスとカストロ』(新潮社 2010年4月)(野谷文昭 フレッシュアイペディアより)

「フィデル・カストロ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード