前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
250件中 1 - 10件表示
  • キューバ

    キューバから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1953年7月26日に、このようなアメリカによる半植民地状態の克服を夢見て、弁護士フィデル・カストロ(Fidel Castro Ruz)率いる青年たちが蜂起(モンカダ兵営襲撃)したが失敗に終わり、関係者は投獄された。1954年にバティスタは形式のみの信任選挙で再選を果たし、1955年の大統領就任と同時に憲法に基く統治を復活させ、フィデル・カストロらの政治犯に恩赦を与えた。フィデル・カストロは、恩赦によって出獄すると反政府組織「7月26日運動(M26)」を結成、同志とともにメキシコに亡命した。その後、砂糖の国際価格の安定により、キューバ経済の状況は改善されたが、バティスタの独裁体制は継続され続けた。キューバ フレッシュアイペディアより)

  • ウゴ・チャベス

    ウゴ・チャベスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ベネズエラ内陸部のバリナス州サバネータで教師をしていた両親の間に生まれた。両親がそれぞれムラートとメスティーソのため、先住民インディオ、アフリカ、旧宗主国スペインの血を引いている。敬虔なカトリック信者で、尊敬する政治家はラテンアメリカ独立の英雄シモン・ボリーバルと、キューバの前国家元首フィデル・カストロである。ウゴ・チャベス フレッシュアイペディアより)

  • キューバ系アメリカ人財団

    キューバ系アメリカ人財団から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    キューバ系アメリカ人財団(Cuban American National Foundation, CANF)は、キューバのカストロ社会主義政権の打倒に専念しているNPOの反体制組織。ホルヘ・マス・カノーサ(Jorge Mas Canosa)らが、1981年にアメリカのフロリダ州で設立した。日本語では、全米キューバ系アメリカ(米国)人財団、或いはキューバ・アメリカ財団とも称される。亡命キューバ人組織としては、人員・資金ともに最大の規模を有し、アメリカなどで数千人の構成員を抱えている。長年、強硬的な反カストロ政権団体として知られていたが、1997年に設立者であるカノーサが死去してからは、伝統的な強硬路線を修正し、以降、共和党と同盟関係にある。キューバ系アメリカ人財団 フレッシュアイペディアより)

  • 1959年の政治

    1959年の政治から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1月8日 - フィデル・カストロらがハバナに入る。1959年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • ピッグス湾事件

    ピッグス湾事件から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ピッグス湾事件(ピッグスわんじけん、、)は、1961年に在米亡命キューバ人部隊「反革命傭兵軍」がアメリカの支援の下で、フィデル・カストロによる革命政権の再転覆を試みた事件。ジョン・F・ケネディ大統領の承認を経て1961年4月15日に侵攻が開始されたが、東側諸国の援助を受けたキューバ軍は3日間の戦いで撃退に成功した。この事件の直後、キューバ政府は先の革命が社会主義革命であることを宣言。ソ連への接近を強めた結果、翌1962年にはキューバ危機が起きることになる。ピッグス湾事件 フレッシュアイペディアより)

  • キューバの国家元首

    キューバの国家元首から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    キューバの国家元首は、現行憲法の規定により、国家評議会議長(Presidente del Consejo de Estado)が務める。1976年の議長職設置以来、一貫してフィデル・カストロがその職務に就いていたが、2008年2月24日に弟のラウル・カストロが第2代国家評議会議長に就任した。現行憲法が制定された1976年以前は、大統領(Presidente)がキューバの国家元首であった。なお、日本語では1976年を境に国家元首の名称が変わるが、キューバの公用語であるスペイン語ではいずれも「Presidente」という称号が用いられている。キューバの国家元首 フレッシュアイペディアより)

  • 愛國戰隊大日本

    愛國戰隊大日本から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    第18話から登場する新幹部。第25話でレッドベアー団の新書記長になる。キューバのフィデル・カストロと、『電子戦隊デンジマン』のバンリキ魔王が元ネタ。愛國戰隊大日本 フレッシュアイペディアより)

  • キューバのスポーツ

    キューバのスポーツから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    革命後のフィデル・カストロ政権はプロスポーツ制度を廃止し、アメリカとの外交関係断絶でメジャーリーグへの選手供給を断ち切った。一方、最大の援助国であるソビエト連邦の制度を取り入れ、国家の全面的な支援と統制によって夏季オリンピックの各種目でメダルを獲得できるステート・アマ選手の育成・強化システムを確立した。その結果、特に1970年代からキューバは世界でも屈指のスポーツ強国となった。キューバのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 死の部隊

    死の部隊から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    グアテマラでは1954年ハコボ・アルベンス・グスマン大統領がユナイテッド・フルーツの土地の有償での接収を決めたことにアメリカ・中央情報局(CIA)が介入し(PBSUCCESS作戦)「共産主義者」とされた約千人が殺害され政権が転覆された。1959年にはCIAがグアテマラ軍の反カストロ軍事訓練を開始するなど軍とCIAの繋がりはあったが、学生運動、農民運動、労働運動から数派のゲリラまで民主化から革命を求める勢力までが多数存在した。死の部隊 フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の外交関係

    ソビエト連邦の外交関係から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1953年にスターリンが死去し、朝鮮戦争が休戦すると、徐々に米ソ間の緊張緩和が図られた。米ソ両国の軍拡競争は水素爆弾実験の成功までエスカレートしていたが、1955年にはソ連のニキータ・フルシチョフ共産党第一書記がアメリカのドワイト・アイゼンハワー大統領や英仏の首脳とジュネーブ四巨頭会談を実施し、1956年にはスターリン批判を行った事で「雪どけ」と呼ばれる平和共存路線が模索された。この年のハンガリー動乱で東西間の緊張は再び高まったが、1959年と1960年にはフルシチョフが訪米し、一定の軍縮を含んだ平和共存路線は米ソ両国の共通理解となっていった。しかし、1959年にフィデル・カストロによるキューバ革命が成功したキューバをめぐる対立は徐々に高まっていった。また、1957年にソ連がスプートニク1号で世界初の人工衛星打ち上げに成功し、科学技術分野におけるアメリカの絶対優位を大きく揺るがすスプートニク・ショックが起こった。以後、両国間の宇宙開発競争が激化した。1957年はグロムイコがソ連の外務大臣に就任した年でもあり、彼はゴルバチョフ政権の登場までソ連外交の舵取りを担った。ソビエト連邦の外交関係 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
250件中 1 - 10件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード