250件中 91 - 100件表示
  • ベネズエラの歴史

    ベネズエラの歴史から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ベタンクール大統領は石油鉱山省の初代大臣にペレス・アルフォンソを任命し、1960年の産油国によるOPECの設立や、国営石油公団の設立に携わった一方で、内政でも外交でも反共を貫き、ベタンクール・ドクトリンの下でキューバのフィデル・カストロ政権と敵対した。しかし、社会民主主義的な側面も強く、内政では進歩のための同盟の路線に沿って1960年に土地改革が行われた。これも結局は公有地とペレス・ヒメネス派の私有地の再分配に留まり、大土地所有制の根本的な解体にまでは至らなかったものの、それまでのベネスエラ政治に比べれば前進ではあった。ベネズエラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • レイナルド・アレナス

    レイナルド・アレナスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    20歳で初めての小説を発表したが、当時のフィデル・カストロ政権の元で、同性愛者であること、また反政府的な言動があるとされ、以後の作品はすべて発禁となってしまう。1973年には投獄されている。レイナルド・アレナス フレッシュアイペディアより)

  • サム・ジアンカーナ

    サム・ジアンカーナから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ジアンカーナはマフィアとCIAはコインの裏と表だと言っていたことがある。国が国民に知られたら困るようなきたない仕事(殺しや武器の横流し)はマフィアに頼む、と仲間に言っていた。さらにマフィアとCIAが協力したことは1度だけではなく何度もあるという。またジアンカーナは、CIAの依頼を受けてキューバのフィデル・カストロ首相の暗殺計画にも加わっていた。カストロ暗殺計画を引き受けた3人のボスの一人。サム・ジアンカーナ フレッシュアイペディアより)

  • オマル・トリホス

    オマル・トリホスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1972年には新憲法を制定して国の最高指導者としての全権を握り、ペルー革命を指導したペルーのベラスコに影響を受けた民族的政策を打ち出して国民の支持を集めた。その一環としてパナマ運河地帯の主権回復を目指し、キューバのカストロに接近し、近隣諸国に協力を求めるなどアメリカ合衆国に揺さぶりをかけた。こうして1977年アメリカ合衆国と運河返還を約束する条約の締結に成功する。それ以外にも様々な国内改革を行い国民生活の改善に務めた。1978年、国家主席の座を退いたが国家防衛隊最高司令官としてとどまり、新たに結成した民主革命党 (PDR) を通じて圧倒的影響力を発揮し続けた。1981年、謎の飛行機事故で死亡した。死因は暗殺とも言われている。オマル・トリホス フレッシュアイペディアより)

  • アレホ・カルペンティエル

    アレホ・カルペンティエルから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1943年に演出家ルイ・ジューヴェとともにハイチを訪れ、19世紀の黒人王アンリ・クリストフの建てたシタデル・ラ・フェリエールの砦とサン=スーシ宮殿を見学。このときオスヴァルト・シュペングラーの著作を読み、その循環史観から『この世の王国』(1949年)の着想を得た。1945年からフルヘンシオ・バティスタ独裁政権の干渉を受けてベネズエラに在住。キューバ革命後の1959年に帰国し、フィデル・カストロ政権の元、文化活動のリーダーとして大御所的存在となる。1968年以降、文化担当官としてパリに在住。1978年にはスペイン語圏最高の文学賞であるセルバンテス賞を受賞。1980年4月24日にパリで逝去。2000年にキューバで彼の名を冠したカルペンティエル文学賞が創設された。アレホ・カルペンティエル フレッシュアイペディアより)

  • 7月26日運動

    7月26日運動から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    7月26日運動(スペイン語: Movimiento 26 de Julio; M-26-7、英語:Movement of July 26th)は、1959年にバティスタ政権転覆を行った、フィデル・カストロにより率いられた革命運動組織。7月26日運動 フレッシュアイペディアより)

  • オマール・ボンゴ・オンディンバ

    オマール・ボンゴ・オンディンバから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1959年2月の首相就任以来キューバの最高指導者だったフィデル・カストロ国家評議会議長が2008年2月に議長職を退いたため、以降は死去まで大統領や首相といった国家の公職についている世界の政治権力者(君主は除く)として最も長く政権を維持している人物であった。オマール・ボンゴ・オンディンバ フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストリコン アイランドサンダー

    ゴーストリコン アイランドサンダーから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ストーリーは2009年のキューバ。キューバを支配していたフィデル・カストロが死亡し、数十年ぶりに自由な選挙が行われようとしていた。麻薬で金を握る将軍とその傭兵部隊が選挙の妨害をしようとする。ゴーストはそれを阻止し自由な選挙を行わせるためキューバに派遣される。ゴーストリコン アイランドサンダー フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストリコンシリーズ

    ゴーストリコンシリーズから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    西暦2009年のキューバ、カストロの死後、数十年ぶりに行われる自由な選挙。しかし麻薬による資金で力を握る将軍と傭兵部隊によって、その選挙が騒乱に落とし込まれようとしていた。国連軍の一部隊として派遣されたGhostはそれらを排除し、自由な選挙を実現し、キューバに民主的な政府を誕生させるため強欲なリーダーや反乱軍と戦うこととなる。ゴーストリコンシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • ミステリー・ゾーン/鏡

    ミステリー・ゾーン/鏡から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    主人公の革命家。キューバのフィデル・カストロをモデルにしているのではないかと言われている。ミステリー・ゾーン/鏡 フレッシュアイペディアより)

250件中 91 - 100件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード