350件中 91 - 100件表示
  • サベージ

    サベージから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    これ以外の短編作品においても登場しており、宗介とクルツがトゥアハー・デ・ダナンに配属される前の出来事を描いた『エンゲージ・シックス・セブン』では、こだわりのある革命家の集いによって、カストロから貰ったというサベージが使われている。3機の内、1機はクルツの狙撃によって脚部の駆動系を破壊された後、宗介が強奪。両腕で這いながら他2機を撃破するという離れ業をやってのけた。同じく短編の『ある作戦直前の一幕』では、レバノンでゲリラ部隊に属していた時代の宗介が本機に搭乗し、別の傭兵部隊に属しM6に搭乗していたクルツと交戦していた(ただし両者ともその事実を知らない)。また、『対立のフェスティバル』でパキスタンから陣代高校の文化祭に呼ばれた宗介の戦友曰く、その場に不在だったモハマドという傭兵が、宗介から譲られたサベージ(初期型のRk-91、宗介曰く「おんぼろサベージ」)に乗って、タジキスタンの内戦に義勇兵として参加しているとのこと。敵にミストラル2が配備されたらしく、あまり状況は良くないという。サベージ フレッシュアイペディアより)

  • Fidel Castro

    Fidel Castroから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    Fidel Castro フレッシュアイペディアより)

  • モンカダ兵営

    モンカダ兵営から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1953年7月26日、フィデル・カストロ率いる小隊により襲撃、キューバ革命の契機となる。カストロは1959年にバティスタ政権を転覆させた運動組織を 7月26日運動(Movimiento 26 de Julio〈M-26-J〉)と名付ける。モンカダ兵営 フレッシュアイペディアより)

  • オスバルド・ドルティコス・トラド

    オスバルド・ドルティコス・トラドから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1959年1月1日にキューバ革命が成功すると、ドルティコスはキューバに帰国。フィデル・カストロ政権の革命法担当相に任命されてその力を発揮し、土地改革法や1940年憲法に替わる基本組織法など、革命的な諸法の起草という重要な役割を演じた。マヌエル・ウルティアが大統領を辞任すると、1959年7月17日、閣僚評議会によって大統領に任命された。オスバルド・ドルティコス・トラド フレッシュアイペディアより)

  • 直井武夫

    直井武夫から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ジェームス・モナハン,ケンネス・ギルモア『カリブ海の悲劇 カストロのキューバ』自由アジア社、 1964直井武夫 フレッシュアイペディアより)

  • マニック・ストリート・プリーチャーズ

    マニック・ストリート・プリーチャーズから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2001年、カール・マルクスシアターでライブを行い、キューバで初めて演奏する西側のロックバンドとなった。フィデル・カストロに面会した際、「大音量のライブになる」と伝えたところ、カストロが「戦争よりも大音量にはならないだろう」と言われたことがきっかけで、ライブDVDのタイトルには「Louder Than War」が選ばれた(ライブにはカストロも訪れている)。同年6thアルバム『ノウ・ユア・エネミー』を発表、全英2位を記録。マニック・ストリート・プリーチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • カストロ議長

    カストロ議長から見たフィデル・カストロ フィデル・カストロ

    カストロ議長 フレッシュアイペディアより)

  • フリーダム・タワー (マイアミ)

    フリーダム・タワー (マイアミ)から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1950年代に新聞社の経営が破綻し、フリーダム・タワーが明け渡された。その後、アメリカの連邦政府は、キューバのカストロ政権からの亡命者に対して医療サービスを提供するために、フリーダム・タワーを使用した。亡命者の流入が一段落した1970年代に連邦政府はフリーダム・タワーは売却し、その後所有権は転々と移り変わった。1997年、ジョルジェ・マス・カノザがフリーダムタワーの所有権を410万ドルで取得した。フリーダム・タワー (マイアミ) フレッシュアイペディアより)

  • ユーリ・ロマネンコ

    ユーリ・ロマネンコから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    生涯の大半、ユーリは素潜りでの釣りやその他のマリンスポーツを熱心に行っていた。宇宙では、作曲を始め、自身で作った歌を歌った。メンデスとの宇宙飛行の後、1988年に宇宙飛行士を引退すると、一家はキューバに招かれ、フィデル・カストロに面会した。ロマネンコは狩りや釣りが好きだと聞いていたカストロは、ロマネンコと10mのフリーダイビングを行った。ユーリ・ロマネンコ フレッシュアイペディアより)

  • ペレス・プラード

    ペレス・プラードから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    アメリカでの人気が下火となってきた1964年にメキシコシティに本拠地を移す。日本には1956年に初来日、以後17回日本で公演している。その際パラダイス山元に掛け声の指導をしたとされる。1989年メキシコシティの自宅にて各種の病気の併発により死去。カストロ政権下でのキューバでは、その死はわずか数行の記事で片付けられたものの、メキシコシティで行われた葬儀は世界中からペレス・プラードのファンが集まり、「史上最も陽気な葬儀」と形容されるほど華々しい葬儀であった。ペレス・プラード フレッシュアイペディアより)

350件中 91 - 100件表示