350件中 111 - 120件表示
  • グアンタナモ湾

    グアンタナモ湾から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    グアンタナモ湾(- わん、スペイン語:Bahía de Guantánamo)は、キューバ南東部に位置し、カリブ海のウィンドワード海峡に向かって開けている湾。湾の入口の幅は約6km。湾の奥深くまで大型船舶を停泊させることができる。湾の南部周辺一帯には、1903年の条約によって軍事基地をアメリカが永久租借することになり、以来グァンタナモ米軍基地となっている。キューバ革命後に誕生したカストロ政権は再三返還要求をしているが、相変らずアメリカが使っている。湾の入口近くの西岸には、カイマネラ、東岸にはボケロンという名の二つの港がある。湾の最深部から北方20kmの地点にあるグアンタナモとは、鉄道及び道路で結ばれている。グアンタナモ湾 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストリコンシリーズ

    ゴーストリコンシリーズから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    西暦2009年のキューバ、カストロの死後、数十年ぶりに行われる自由な選挙。しかし麻薬による資金で力を握る将軍と傭兵部隊によって、その選挙が騒乱に落とし込まれようとしていた。国連軍の一部隊として派遣されたGhostはそれらを排除し、自由な選挙を実現し、キューバに民主的な政府を誕生させるため強欲なリーダーや反乱軍と戦うこととなる。ゴーストリコンシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • THE GODFATHER2

    THE GODFATHER2から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    CIAのエージェント。フィデル・カストロ国家評議会議長の暗殺をドミニクに依頼するがストーリー終盤で殺害される。THE GODFATHER2 フレッシュアイペディアより)

  • ハートにファイア

    ハートにファイアから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    フィデル・カストロ - キューバ革命の指揮官。この年に革命政府樹立。ハートにファイア フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アントニオ・ウエルガ

    ホセ・アントニオ・ウエルガから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1970年の第18回IBAFワールドカップの決勝プレーオフにおいて、ウエルガは、まずバート・フートン (Burt Hooton) と先発で投げ合い、次いで翌日の試合にリリーフとして登板し、48時間の間にアメリカ合衆国代表チームから2勝を挙げたので、フィデル・カストロから(大会の開催地にちなんで)「カルタヘナの英雄」と呼ばれた。この活躍によって、ウエルガはこの年のキューバを代表するスポーツ選手 (atleta del año en Cuba) に選ばれた。ホセ・アントニオ・ウエルガ フレッシュアイペディアより)

  • 成功哲学

    成功哲学から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    一方、現実的成功の代表としては、成功哲学の祖と言われるナポレオン・ヒルによる億万長者達の研究書や、ロバート・キヨサキ、斎藤一人、アンドリュー・カーネギー、里見甫、マイケル・ミルケンなどの実業家によるビジネス書がある。権力者に関してはウラジーミル・レーニン、チェ・ゲバラ、金日成、ルーホッラー・ホメイニー、フィデル・カストロなどの国家統治の業績書が中心となっている。現実的失敗の代表に対しては、ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒによる『ハインリッヒの法則』がある。他にも当時は現実的成功と思われていたが、現在は現実的失敗としてナチズム、大躍進政策、チトー主義、天皇制ファシズム、革マル派等の暴力の独占がある。成功哲学 フレッシュアイペディアより)

  • 1965年の政治

    1965年の政治から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    10月1日 - キューバ社会主義革命統一党(PURSC)、キューバ共産党に改称。フィデル・カストロ首相を党第一書記に選出。1965年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • イグナシオ・ラモネ

    イグナシオ・ラモネから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1997年12月のル・モンド・ディプロマティークでトービン税導入を提唱する記事を執筆し、ATTAC創設に繋がった。また、彼が1998年に執筆した「もう一つの世界は可能だ(日本語)」という記事は、その後世界社会フォーラムやアルテルモンディアリスム(直訳すれば「もう一つの世界主義」)などの運動を生んだ。NGO(非政府組織)「メディア・グローバル・ウォッチ」の創設者でもある。国境なき記者団からフィデル・カストロと親しいと言われており、事実、唯一の公認自伝作家である。イグナシオ・ラモネ フレッシュアイペディアより)

  • ドロレス・イバルリ

    ドロレス・イバルリから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1960年1月、プラハで開催されたスペイン共産党第6回大会において、イバルリは書記長の地位を退き、後任にサンティアゴ・カリージョ(es)が選出された。イバルリは名誉書記長となった 。政治活動の一線から退いた証として、同じ年に自伝『ただ一つの道』(El Unico Camino)の執筆に着手した。自伝は1962年にパリで初めて出版された。1963年12月、イバルリはキューバを訪問し、キューバ革命5周年記念式典に出席しフィデル・カストロのそばに座った。1964年4月、フルシチョフの誕生日を祝う祝賀会で、イバルリは演説者7人のうちの1人となった。1965年、イバルリはパリからドゥブロヴニクへ向かい、コミンフォルムからユーゴスラビアを追放処分としたことをチトーへ詫びている。同じ年の12月、イバルリにレーニン勲章が授けられた(1930年から1991年まで431,418人が受勲者となったが、外国人受勲者はわずか17人である)。ドロレス・イバルリ フレッシュアイペディアより)

  • テッド・クルーズ

    テッド・クルーズから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    父親のラファエル・ビエンベニード・クルーズはキューバ生まれで、スペイン領カナリア諸島の出身だった。14歳の時、キューバの独裁者フルヘンシオ・バティスタ政権に苦しめられて収容所に投獄されていたことから、バティスタ独裁政権に抗議するため、キューバ革命の革命軍として参加していた。その時、まだ少年だった父親は革命の指導者であるフィデル・カストロが共産主義者だということは知らなかったという。テッド・クルーズ フレッシュアイペディアより)

350件中 111 - 120件表示