350件中 121 - 130件表示
  • レジス・ドゥブレ

    レジス・ドゥブレから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1961年、1962年の二度にわたってキューバを訪問していたドゥブレは、1965年にキューバのハバナ大学に哲学教授として赴任。フィデル・カストロとの知的交流を深め、1967年、『革命の中の革命』を刊行。武装闘争によるキューバ革命の正当性を謳った同書は、世界的なベストセラーとなるとともに、当時のゲリラ戦の理論的教科書として左翼革命家の聖典ともなった。レジス・ドゥブレ フレッシュアイペディアより)

  • ぜんぶ、フィデルのせい

    ぜんぶ、フィデルのせいから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    『ぜんぶ、フィデルのせい』(、)は、政治的で左翼的な映画づくりで有名なギリシャ出身・フランスの映画監督・脚本家コスタ=ガヴラスの娘、ジュリー・ガヴラス監督初の長編劇映画・フィクション作品。1968年の五月革命、フランコ独裁政権のスペイン、1970年のアジェンデ大統領の就任によるチリ社会主義政権成立などを背景に、主としてパリにおけるフランスの反体制(共産主義や社会主義)運動に参加する父親と、人工妊娠中絶の権利を求めるフランスのウーマンリブ運動に参加する母親を持った娘の視点から、親との葛藤と自身の成長の過程を描く。題名の「フィデル」は指導者として1959年のキューバ革命で社会主義政権を成立させたキューバ国家元首のフィデル・カストロを指す。ぜんぶ、フィデルのせい フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・ミッテラン

    ダニエル・ミッテランから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1986年に人権NGO「フランス自由=ダニエル・ミッテラン財団」(France Libertés - Fondation Danielle Mitterrand)を創立し、貧困や圧政に苦しむ人々に対する支援活動を開始する。とりわけ、チベットやクルド、ラテン・アメリカの民衆を応援した。キューバのフィデル・カストロ議長と会談し、多くの政治犯を解放させたこともある。晩年は飲料水を得られず苦しんでいる人々の人権問題に取り組んでいた。ダニエル・ミッテラン フレッシュアイペディアより)

  • アラサネス・デ・グランマ

    アラサネス・デ・グランマから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    アラサネス・デ・グランマ()はキューバの東部のバヤモに拠点を置く球団。1977年設立。「グランマ」はカストロ、ゲバラがキューバ革命のときに乗っていた船の名前が由来である。アラサネス・デ・グランマ フレッシュアイペディアより)

  • ルドルフ・アンダーソン

    ルドルフ・アンダーソンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    10月27日、アンダーソン少佐はU-2に搭乗し、フロリダ州オーランドのマッコイ空軍基地を離陸した。その後、彼の搭乗機はソ連がキューバに供給したS-75ドヴィナ地対空ミサイルによってキューバのバネス近くで撃墜された。1962年10月28日0200時のCIAの書類によると、「バネス上空でのU-2の損失はおそらく、バネス設置のSA-2による迎撃、またはパイロットの低酸素症が原因であり、現在の情報によると前者だと思われる」と記載されている。アンダーソン少佐は、撃墜時の爆発の破片で与圧服に穴が開き、高空での減圧が原因で死亡した。10月31日、ウ・タント国連事務総長代理がフィデル・カストロ首相を訪問からの帰任の際、アンダーソン少佐の死亡を発表した。ルドルフ・アンダーソン フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    (キューバ)初代国家評議会議長のフィデル・カストロが引退表明。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • エル・サント

    エル・サントから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    こうして、映画俳優サントのデビュー作『サント対悪の頭脳』(Santo contra el Cerebro del Mal)、『サント対地獄人間』(Santo contra los Hombres Infernales)が完成した。双方とも1958年公開、脚本はフェルナンド・オセスとエンリケ・サンブラーノ、監督はホセリート・ロドリゲスである。ちなみにこれら二作の撮影はキューバで行われ、撮影が終了したのは、フィデル・カストロがハバナ入りし、キューバ革命の勝利を宣言した前日のことであった。エル・サント フレッシュアイペディアより)

  • アンゴラの歴史

    アンゴラの歴史から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    しかし、この三組織の連合は長続きせず、1975年中にFNLA=UNITA連合とMPLAの間で武装衝突が発生した。FNLAを後見していたザイールのモブツ政権はアンゴラ北部に進軍し、アメリカ合衆国も反共主義からMPLA以外の二組織に3,200万ドルの資金を援助した。一方、MPLAは同年8月に首都ルアンダを制圧し、ルアンダの港湾設備を通して得たソ連から兵器援助の効果もあって9月には全16州のうち12州を獲得した。しかし、10月に南アフリカのアパルトヘイト政権と結んだUNITAと南アフリカ軍が南部から進撃を開始し、北部からもFNLAとザイール軍がルアンダに向かって侵攻を始めていた。この状況に際して、カストロ首相の国際主義精神の下で派遣されたキューバ軍の助力を得たMPLAは首都防衛に成功し、11月11日にルアンダでアンゴラ人民共和国の独立を宣言した。初代大統領にはアゴスティーニョ・ネトが就任した。一方FNLA=UNITA連合はウアンボでアンゴラ人民共和国の独立を宣言したが、翌1976年2月にアフリカ統一機構(OAU)はMPLAのアンゴラ人民共和国政権をアンゴラ唯一の正当政府として認めたのであった。アンゴラの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ジーン・ディクソン

    ジーン・ディクソンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1985年にキューバのフィデル・カストロの政権が終わる。ジーン・ディクソン フレッシュアイペディアより)

  • カントリー・ジョー・マクドナルド

    カントリー・ジョー・マクドナルドから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2005年秋、政治評論家ビル・オライリーは、マクドナルドを、キューバのフィデル・カストロ議長になぞらえながら、2003年のイラク戦争に反対したシンディ・シーハン(Cindy Sheehan)の反戦運動にマクドナルドが関わっていたと述べた。カントリー・ジョー・マクドナルド フレッシュアイペディアより)

350件中 121 - 130件表示