250件中 11 - 20件表示
  • 7月26日

    7月26日から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1953年 - キューバ革命・7月26日運動: フィデル・カストロ率いる小隊がモンカダ兵営を襲撃、キューバ革命の端緒となる。7月26日 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ帝国

    アメリカ帝国から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    キューバ: 1902年プラット修正条項によりグアンタナモとバイアオンダを租借(事実上の保護国化)、1934年プラット修正条項廃止、1940年新憲法施行、1952年バチスタ独裁政権成立、1959年キューバ革命でカストロ独裁政権成立(ただしグアンタナモ基地は依然アメリカ領)。アメリカ帝国 フレッシュアイペディアより)

  • ベトナムから遠く離れて

    ベトナムから遠く離れてから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ゲリラ戦のメカニズムについてのカストロ自身の解説。ベトナムから遠く離れて フレッシュアイペディアより)

  • アゴスティニョ・ネト

    アゴスティニョ・ネトから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ネトはコンゴ動乱にチェ・ゲバラ率いるキューバ軍が派遣された際にはゲバラと会談し、キューバの支援を取り付けた。幾度もハバナを訪れ、彼とフィデル・カストロはイデオロギー的な視点を分かち合った。アゴスティニョ・ネト フレッシュアイペディアより)

  • ガブリエル・ガルシア=マルケス

    ガブリエル・ガルシア=マルケスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1959年キューバに渡りフィデル・カストロを知り、キューバ革命成立とともに国営通信社「プレンサ・ラティーナ」のボゴタ支局編集長となったが、間もなく編集部の内部抗争に嫌気がさし辞職。しかしフィデル・カストロとの親交は続き、2007年3月には病床のカストロを見舞った。ガブリエル・ガルシア=マルケス フレッシュアイペディアより)

  • 戸井十月

    戸井十月から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2002年 キューバ取材(フィデル・カストロ議長と会う)戸井十月 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年

    2008年から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    フィデル・カストロキューバ国家評議会議長、退任の意向を表明。2008年 フレッシュアイペディアより)

  • チェ (映画)

    チェ (映画)から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    全編の上映時間が4時間30分に及ぶため、フルヘンシオ・バティスタによる独裁政権をフィデル・カストロと共に倒すキューバ革命までを描いた『チェ 28歳の革命』(')と、ボリビアでの敗北と処刑までを描いた『チェ 39歳 別れの手紙』(')の二部作に分けられている。チェ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • フアン・アルメイダ

    フアン・アルメイダから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    アルメイダは、ハバナの貧しい地域に生まれた。彼は11歳で学校を中退し、左官となった。1952年、ハバナ大学で法学を学んでいる間に、彼は革命家フィデル・カストロの親密な友人となり、その年の3月には革命運動に参加した。1953年、彼はフィデルとその弟ラウル・カストロらとともに、サンティアゴのモンカダ兵営を襲撃した。その失敗により、彼はカストロ兄弟とともに逮捕、ピノス島の監獄に投獄された。彼は釈放され、1955年5月15日に恩赦が下るまでの間メキシコに亡命した。アルメイダは、カストロ兄弟やチェ・ゲバラらとともにグランマ号に乗ってキューバに帰還し、上陸時のキューバ政府軍との最初の戦闘で多くの戦士が殺されたとき、わずかに生き残った16人の一人となった。この戦闘の間、アルメイダはゲバラに「ここにあきらめる者はいない!」(あるいは「ここに降伏する者はいない」)と叫び、それは長きに渡りキューバ革命のスローガンとなった。 アルメイダはまた狙撃の名手としても知られていた。キューバではかつてアフリカ系キューバ人に対する差別が存在したが、革命の間、彼は傑出した地位にいる黒人として変化の象徴となった。フアン・アルメイダ フレッシュアイペディアより)

  • コイーバ

    コイーバから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1960年代初頭、フィデル・カストロは当時、彼のチーフボディーガードだった通称「チーチョ」が吸っていた葉巻の香りと味に強く感銘を受け、「ランセロス」と名付けて愛用する様になった。その葉巻は「チーチョ」の友人、ラ・コロナ工場の葉巻職人、エドアルド・リベラが独自にブレンドした物であった。1968年頃、カストロは当時計画していた新しい葉巻工場「エル・ラギート」にエドアルド・リベラを責任者として迎え、コイーバは生産開始された。当初はキューバ共和国政府の政府要人用、外交客人用の葉巻として政府関係者しか手にする事ができなかったが、1982年に商品として一般市場に開放された。1982年に3銘柄(ランセロス、コロナス・エスペシアレス、パナテラス)が市場に開放され、1989年にロブストサイズ等を含めた数種類が一般販売可能となった。近年人気のあるシグロシリーズが発売されるようになったのは1990年代に入ってからである。コイーバ フレッシュアイペディアより)

250件中 11 - 20件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード