350件中 11 - 20件表示
  • アゴスティニョ・ネト

    アゴスティニョ・ネトから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ネトはコンゴ動乱にチェ・ゲバラ率いるキューバ軍が派遣された際にはゲバラと会談し、キューバの支援を取り付けた。幾度もハバナを訪れ、彼とフィデル・カストロはイデオロギー的な視点を分かち合った。アゴスティニョ・ネト フレッシュアイペディアより)

  • 1959年の政治

    1959年の政治から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1月8日 - フィデル・カストロらがハバナに入る。1959年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチンの歴史

    アルゼンチンの歴史から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ファイル:Castro y Frondizi - 1959.jpg|フィデル・カストロと会談するアルトゥーロ・フロンディシ。これが一因となって結果的に軍事クーデターで政権を追われるアルゼンチンの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ソビエト連邦の外交関係

    ソビエト連邦の外交関係から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1953年にスターリンが死去し、朝鮮戦争が休戦すると、徐々に米ソ間の緊張緩和が図られた。米ソ両国の軍拡競争は水素爆弾実験の成功までエスカレートしていたが、1955年にはソ連のニキータ・フルシチョフ共産党第一書記がアメリカのドワイト・アイゼンハワー大統領や英仏の首脳とジュネーブ四巨頭会談を実施し、1956年にはスターリン批判を行った事で「雪どけ」と呼ばれる平和共存路線が模索された。この年のハンガリー動乱で東西間の緊張は再び高まったが、1959年と1960年にはフルシチョフが訪米し、一定の軍縮を含んだ平和共存路線は米ソ両国の共通理解となっていった。しかし、1959年にフィデル・カストロによるキューバ革命が成功したキューバをめぐる対立は徐々に高まっていった。また、1957年にソ連がスプートニク1号で世界初の人工衛星打ち上げに成功し、科学技術分野におけるアメリカの絶対優位を大きく揺るがすスプートニク・ショックが起こった。以後、両国間の宇宙開発競争が激化した。1957年はグロムイコがソ連の外務大臣に就任した年でもあり、彼はゴルバチョフ政権の登場までソ連外交の舵取りを担った。ソビエト連邦の外交関係 フレッシュアイペディアより)

  • フアニータ・カストロ

    フアニータ・カストロから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    フアニータ・カストロ(, 1933年5月6日 - )は、キューバの新旧最高指導者フィデル・カストロ、ラウル・カストロ兄弟の実妹。フアニータはフアナ (Juana) に縮小辞 (-ita) が付加された愛称形である。フアニータ・カストロ フレッシュアイペディアより)

  • フルヘンシオ・バティスタ

    フルヘンシオ・バティスタから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    フルヘンシオ・バティスタ・イ・サルディバル(Fulgencio Batista y Zaldivar, 1901年1月16日 - 1973年8月6日)は、キューバの大統領(1940年 - 1944年、1952年 - 1959年)。親米政権を樹立し独裁を敷いたが、カストロとその弟のラウル、そしてゲバラらに指導されたキューバ革命で国を追われた。フルヘンシオ・バティスタ フレッシュアイペディアより)

  • キューバの国家元首

    キューバの国家元首から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    キューバの国家元首は、現行憲法の規定により、の議長である国家評議会議長()が務める。1976年の議長職設置以来、一貫してフィデル・カストロがその職務に就いていたが、2008年2月24日に弟のラウル・カストロが第2代国家評議会議長に就任した。現行憲法が制定された1976年以前は、大統領(Presidente)がキューバの国家元首であった。なお、日本語では1976年を境に国家元首の名称が変わるが、キューバの公用語であるスペイン語ではいずれも「Presidente」という称号が用いられている(1976年以前は大統領単独で国家元首の機能を果たしていたのに対し、1976年以降は「国家評議会」という元首の機能を果たす合議体の長である点が異なっている)。キューバの国家元首 フレッシュアイペディアより)

  • 死の部隊

    死の部隊から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    グアテマラでは1954年ハコボ・アルベンス・グスマン大統領がユナイテッド・フルーツの土地の有償での接収を決めたことにアメリカ・中央情報局(CIA)が介入し(PBSUCCESS作戦)「共産主義者」とされた約千人が殺害され政権が転覆された。1959年にはCIAがグアテマラ軍の反カストロ軍事訓練を開始するなど軍とCIAの繋がりはあったが、学生運動、農民運動、労働運動から数派のゲリラまで民主化から革命を求める勢力までが多数存在した。死の部隊 フレッシュアイペディアより)

  • コイーバ

    コイーバから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1960年代初頭、フィデル・カストロは当時、彼のチーフボディーガードだった通称「チーチョ」が吸っていた葉巻の香りと味に強く感銘を受け、「ランセロス」と名付けて愛用する様になった。その葉巻は「チーチョ」の友人、ラ・コロナ工場の葉巻職人、エドアルド・リベラが独自にブレンドした物であった。1968年頃、カストロは当時計画していた新しい葉巻工場「エル・ラギート」にエドアルド・リベラを責任者として迎え、コイーバは生産開始された。当初はキューバ共和国政府の政府要人用、外交客人用の葉巻として政府関係者しか手にする事ができなかったが、1982年に商品として一般市場に開放された。1982年に3銘柄(ランセロス、コロナス・エスペシアレス、パナテラス)が市場に開放され、1989年にロブストサイズ等を含めた数種類が一般販売可能となった。近年人気のあるシグロシリーズが発売されるようになったのは1990年代に入ってからである。コイーバ フレッシュアイペディアより)

  • 戸井十月

    戸井十月から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2002年 キューバ取材(フィデル・カストロ議長と会う)戸井十月 フレッシュアイペディアより)

350件中 11 - 20件表示