250件中 21 - 30件表示
  • ラテンアメリカのチャイナタウン

    ラテンアメリカのチャイナタウンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    共産党革命の成功、フィデル・カストロの1959年の台頭後、多くの中国系キューバ人起業家はアメリカ合衆国に逃亡した。今日ではKwong Wah Poだけが唯一の中国語新聞である。嘗てハバナの中華街はラテンアメリカ最大域(44平方ブロック)だった。ラテンアメリカのチャイナタウン フレッシュアイペディアより)

  • フランチシェク・クリーゲル

    フランチシェク・クリーゲルから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1945年にチェコスロバキアに戻り、チェコスロバキア共産党の活動に従事し、指導的立場に立った。1948年2月に市民と共産党とが対立した際は党側の委員としてプラハで民兵を指揮した。この頃ヨゼフ・スムルコフスキーと知り合った。1949年から1950年にかけて厚生副大臣を務め、党の政策実現を推進した。しかし1950年代に「シオニズムとの戦い」運動が盛り上がる中で立場が悪くなった。1963年から1968年まではキューバに赴き、キューバ革命の指導者フィデル・カストロの厚生問題顧問を務め、その傍にあった。フランチシェク・クリーゲル フレッシュアイペディアより)

  • カーボベルデ系キューバ人

    カーボベルデ系キューバ人から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2005年に、ジェルマーノ・アルメイダの二人の兄弟がスペイン語に翻訳され、「芸術と文学」のアンソロジーに加えられた。同年フィデル・カストロはペドロ・ピレスとキューバ最高位の勲章たるホセ・マルティ勲章を授与した。カーボベルデ系キューバ人 フレッシュアイペディアより)

  • アリーナ・フェルナンデス・リベルタ

    アリーナ・フェルナンデス・リベルタから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    キューバに生まれる。父親はフィデル・カストロ、母親はナティ・リベルタ(カストロの2番目の妻)。アリーナ・フェルナンデス・リベルタ フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・マルセロ

    カルロス・マルセロから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    キューバ革命協議会(CRC)のニューオーリンズ支部のセルヒオ・アルカチャ・スミスに対して、カルロスは資金を提供した。そのときにフィデル・カストロが打倒されたとき、キューバでは事業許可を与えるという約束をした。カルロス・マルセロ フレッシュアイペディアより)

  • キューバの反体制組織

    キューバの反体制組織から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    キューバの反体制組織( - はんたいせいそしき)とは、フィデル・カストロ政権下におけるキューバの国家体制に反発し、これを変革しようとしている組織を指す。現行のキューバ憲法(1976年制定)の規定により、現在のキューバでは政党制(政党システム)として一党制が採用されている。その為、キューバ共産党以外の政治組織は、キューバでは大多数が不法で、非公式的な存在となっている。なお、反体制組織が最も集中して存在する場所は、米国フロリダ州マイアミにある亡命キューバ人の協同体である。キューバの反体制組織 フレッシュアイペディアより)

  • フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス

    フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルス フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・マルティ・メモリアル

    ホセ・マルティ・メモリアルから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    権力の奪取後に大衆の支持を得たいと熱望するバティスタは、マルティの記念碑建設へ傾倒した。しかし、それまでに選出されていたコンクールの受賞者によるデザインよりも、バティスタはそれ以前の3回目のコンクール時に選抜されていた作品をメモリアルのデザインに選んだのである。これはバティスタの私的な友人であり労働大臣でもあった、エンリケ・ルイス・バレーラ率いる建築家集団がデザインしたものだった。このデザイン選出は世間の強い抗議をもたらし、結果として塔の上から像を取り除いて、代わりに塔の基底部にフアン・ホセ・シクルがデザインしたマルティの像を設置することへ、計画デザイン案の修正が行われた。塔の建設は、ホセ・マルティの生誕100周年記念となる1953年に開始された。ここでメモリアル建設のため、立ち退きが要求された地域住民への補償に関して更なる問題が巻き起こっており、この問題は若かりし頃のフィデル・カストロに引き継がれた。記念碑の建設は、バティスタ政権も終わりを迎えた1958年に竣工へと至っている。ホセ・マルティ・メモリアル フレッシュアイペディアより)

  • ルネ・ブリ

    ルネ・ブリから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ルネ・ブリ(、1933年4月9日 - )はスイス人の写真家である。チューリッヒに生まれた。写真を学んだ後ライカを手に世界を駆け回った。1959年よりマグナム・フォトのメンバー。ル・コルビュジエ、ジャン・ティンゲリー、パブロ・ピカソ、フィデル・カストロやチェ・ゲバラの写真で有名である。ルネ・ブリ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ文学

    キューバ文学から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1959年にフィデル・カストロとチェ・ゲバラらによってキューバ革命が達成され、プラヤ・ヒロン侵攻事件を経てキューバの社会主義化が進むと、革命政権の文化政策はキューバの文学にも大きな影響を与えた。カルペンティエールは革命を支持し、文化政策における重要人物となったが、セベロ・サルドゥイやギリェルモ・カブレラ=インファンテは早くからヨーロッパに亡命するなど、文学者の間で革命をどのように評価するのかが大きな対立の争点となった。また、革命後しばらくは、ゲバラの『革命戦争回顧録』のように、革命そのものを題材にした紀行やエッセイが出版された。キューバ文学 フレッシュアイペディアより)

250件中 21 - 30件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード