250件中 31 - 40件表示
  • 女王の身代金

    女王の身代金から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    フェルナンデスの外遊中にクーデターを成功させ、共和国の実権を握る。フィデル・カストロの信奉者だが、共産主義は否定している。女王の身代金 フレッシュアイペディアより)

  • ジョゼフ・アイウッパ

    ジョゼフ・アイウッパから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ジアンカーナの死後、何人かの犯罪者らはジアンカーナが暗殺されたのは当時、CIAが立案したキューバの指導者フィデル・カストロの暗殺計画に加担し、その計画が失敗した口封じの為にジアンカーナは暗殺されたのだと主張した。だが、現在までそれを実証するような証拠は出ていない。ジョゼフ・アイウッパ フレッシュアイペディアより)

  • ハドレー・キャントリル

    ハドレー・キャントリルから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1955年、キャントリルはロイド・A・フリー(Lloyd A. Free)とともに、国際社会調査研究所(the Institute for International Social Research, IISR)を開設した。それまでキャントリルは、ルーズベルト大統領やアイゼンハワー大統領に米国世論に関するデータを提供したことがあったが、設立後のIISRは、合衆国政府の諸機関の依頼を受けて、しばしば諸外国で小規模な抽出調査を実施した。特筆すべきなのは、キャントリルとフリーが1960年にキューバで実施した世論調査で、その結果はフィデル・カストロへの強い支持を示したものであったが、この調査報告はアイゼンハワーからケネディへの政権移行期(presidential transition)に見過ごされ、それが読まれたのはピッグス湾事件後のことだった。キャントリルの業績の中で、最も頻繁に引用されているのは、特に、自分の人生についての主観的幸福感の測定尺度、いわゆる「キャントリルの階梯」で知られた 『The Pattern of Human Concerns』(1965年)である。キャントリルとフリーはまた、米国の有権者が、総論としては「大きな政府」に反対しながら、特定のリベラルな社会保障プログラムなどは支持すという逆説の存在を最初に発見した。ハドレー・キャントリル フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ロッセーリ

    ジョン・ロッセーリから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ラスベガスとハリウッドを本拠地とするマフィアのボス。フィデル・カストロ暗殺計画をCIAから引き受けた3人のボスの一人。他の2人はジアンカーナとサント・トラフィカンテ。ジョン・ロッセーリ フレッシュアイペディアより)

  • 1977年のエチオピア

    1977年のエチオピアから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    3月14日 キューバのフィデル・カストロ国家評議会議長がエチオピア訪問。(-3月16日)1977年のエチオピア フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・マコーン

    ジョン・マコーンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1961年11月、ケネディはアレン・ダレスCIA長官の解任を発表し、ジョン・マコーンを新長官に指名した。CIA長官として彼はキューバ危機、ベトナム戦争などに関わった。ケネディ政権下でCIAによるキューバ指導者であるカストロ暗殺計画が練られていたが、これに関してジョン・F・ケネディ大統領やロバート・F・ケネディ司法長官はもとより、CIA長官のマコーンにも全く知らされていなかった(上院暗殺事件調査特別委員会報告)。ジョン・マコーン フレッシュアイペディアより)

  • イリアナ・ロス・レイティネン

    イリアナ・ロス・レイティネンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    いわゆる亡命キューバ人で、1952年にキューバに生まれる。最初に名付けられた名はイリアナ・ロス・アダトである。母親はユダヤ教徒である。法律家でベトナム帰還兵でもある夫との結婚後、現在のロス=レイティネンを名乗る。フィデル・カストロ政権の圧政を逃れ、米国・フロリダ州に移住。カストロ政権打倒・民主化実現は議員としてのライフワークでもある。また、カストロ暗殺を呼びかけたことも過去にある。イリアナ・ロス・レイティネン フレッシュアイペディアより)

  • 山本清 (海軍軍人)

    山本清 (海軍軍人)から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    実父は海軍大将・山本権兵衛でその長男。妻は海軍主計大佐・平井七三郎の長女マサ子。義兄に財部彪、山路一善、義弟に上村彦之丞の嗣子従義、松方正義の八男・乙彦がいる。長女は中南米に詳しく、キューバのカストロ議長とも面識があった満喜子。満喜子の夫清二(旧姓阿部)は山本家の婿養子となるが戦病死し、山本家は衛(石川島播磨重工勤務)が継承した。山本清 (海軍軍人) フレッシュアイペディアより)

  • イグナシオ・ラモネ

    イグナシオ・ラモネから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1997年12月のル・モンド・ディプロマティークでトービン税導入を提唱する記事を執筆し、ATTAC創設に繋がった。また、彼が1998年に執筆した「もう一つの世界は可能だ(日本語)」という記事は、その後世界社会フォーラムやアルテルモンディアリスム(直訳すれば「もう一つの世界主義」)などの運動を生んだ。NGO(非政府組織)「メディア・グローバル・ウォッチ」の創設者でもある。国境なき記者団からフィデル・カストロと親しいと言われており、事実、唯一の公認自伝作家である。イグナシオ・ラモネ フレッシュアイペディアより)

  • サント・トラフィカンテ

    サント・トラフィカンテから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    トラフィカンテの一家はテキサス州、ニューオリンズ、シカゴのマフィア・ファミリーと盟友関係にあった。CIAと手を組みフィデル・カストロ暗殺計画を引き受けた3人のボスの一人(あとはサム・ジアンカーナ、カルロス・マルセロ)。トラフィカンテはキューバでカジノを経営しており、カストロがカジノを閉鎖したため大きな収入源を失っていた。そのためカストロ暗殺は望むところであった。ちなみにカストロが暗殺されていたらトラフィカンテがキューバの暗黒街のボスになる予定だったという。一時はカストロに捕らえられていた時期もあった。トラフィカンテがキューバで釈放されたのはジャック・ルビーの手柄だったとサム・ジアンカーナは言っていた。トラフィカンテはキューバに残したキューバ人工作員にCIAが用意した数錠の毒薬を使わせカストロを殺害しようとしたが失敗したという。サント・トラフィカンテ フレッシュアイペディアより)

250件中 31 - 40件表示

「フィデル・カストロ」のニューストピックワード