350件中 31 - 40件表示
  • ウィリアム・アレクサンダー・モーガン

    ウィリアム・アレクサンダー・モーガンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1958年の始めの頃に、キューバに入国する。『7月26日運動』に参加することとなる。当時のバティスタ体制打倒の立場ではあったが、フィデル・カストロの指導を受けるつもりはなかった。キューバ人の女性戦士のオルガと結婚する。サンタ・クララの町の近くのエスカンブライ山に陣どっていた部隊を指揮した。1958年12月、エルネスト・チェ・ゲバラらが合流し、12月31日にサンタ・クララを占領する。次の日には、フルヘンシオ・バティスタがキューバから逃亡する。1959年1月1日から2日にかけて、シエンフエーゴスを占領することとなる。ウィリアム・アレクサンダー・モーガン フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・マコーン

    ジョン・マコーンから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1961年11月、ケネディはアレン・ダレスCIA長官の解任を発表し、ジョン・マコーンを新長官に指名した。CIA長官として彼はキューバ危機、ベトナム戦争などに関わった。ケネディ政権下でCIAによるキューバ指導者であるカストロ暗殺計画が練られていたが、これに関してジョン・F・ケネディ大統領やロバート・F・ケネディ司法長官はもとより、CIA長官のマコーンにも全く知らされていなかった(上院暗殺事件調査特別委員会報告)。ジョン・マコーン フレッシュアイペディアより)

  • ミステリー・ゾーン/鏡

    ミステリー・ゾーン/鏡から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    主人公の革命家。キューバのフィデル・カストロをモデルにしているのではないかと言われている。ミステリー・ゾーン/鏡 フレッシュアイペディアより)

  • ジャマイカの歴史

    ジャマイカの歴史から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1972年には人民国家党(PNP)から出馬したノーマン・マンリーの息子のマイケル・マンリーが選挙に勝利し、貧困対策を行うも成果は上がらなかった。1976年の選挙はPNP派とJLP派の激しい対立の中で行われたが、貧困対策の継続を掲げたPNPが再び勝利した。マイケル・マンリーは資本主義体制下での国民生活向上の困難さを訴えて、内政面では民生社会主義、外交面では非同盟中立を宣言し、ジャマイカの社会主義化を目指した。この路線により主要産業だったボーキサイト産業は半国有化され、共産主義国キューバのフィデル・カストロ政権への接近がなされた。しかし、アメリカ合衆国の内政干渉などによりこの政策は成功しなかった。1980年の選挙は「アメリカ合衆国とキューバの代理戦争」とも呼ばれ、両国に支援された両派の激しい抗争のために655人の死者を出した市街戦を伴い、得票率で与党のPNPは破れ、JLPから出馬した親米派のエドワード・シアガが勝利した。ジャマイカの歴史 フレッシュアイペディアより)

  • ファレル・ドブス

    ファレル・ドブスから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1960年には党幹部のジョゼフ・ハンセンと共に革命直後のキューバを視察し、フィデル・カストロとチェ・ゲバラ率いるキューバ革命に対する支持を決意した。ファレル・ドブス フレッシュアイペディアより)

  • アルベルト・バーヨ

    アルベルト・バーヨから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    敗戦後、バーヨはメキシコの家具工場で働き、グアダラハラの軍事学校で教官を務めていたと言われている。メキシコでエルネスト・チェ・ゲバラやフィデル・カストロを含む傑出したラテンアメリカの革命家と接触し、仲間や指導者になった。アルベルト・バーヨ フレッシュアイペディアより)

  • ゴーストリコン アイランドサンダー

    ゴーストリコン アイランドサンダーから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    ストーリーは2009年のキューバ。キューバを支配していたフィデル・カストロが死亡し、数十年ぶりに自由な選挙が行われようとしていた。麻薬で金を握る将軍とその傭兵部隊が選挙の妨害をしようとする。ゴーストはそれを阻止し自由な選挙を行わせるためキューバに派遣される。ゴーストリコン アイランドサンダー フレッシュアイペディアより)

  • アスタ・シエンプレ

    アスタ・シエンプレから見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    Y con Fidel te decimos そしてフィデルとともに私たちは言うアスタ・シエンプレ フレッシュアイペディアより)

  • キューバ文学

    キューバ文学から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    1959年にフィデル・カストロとチェ・ゲバラらによってキューバ革命が達成され、プラヤ・ヒロン侵攻事件を経てキューバの社会主義化が進むと、革命政権の文化政策はキューバの文学にも大きな影響を与えた。カルペンティエールは革命を支持し、文化政策における重要人物となったが、セベロ・サルドゥイやギリェルモ・カブレラ=インファンテは早くからヨーロッパに亡命するなど、文学者の間で革命をどのように評価するのかが大きな対立の争点となった。また、革命後しばらくは、ゲバラの『革命戦争回顧録』のように、革命そのものを題材にした紀行やエッセイが出版された。キューバ文学 フレッシュアイペディアより)

  • カーボベルデ系キューバ人

    カーボベルデ系キューバ人から見たフィデル・カストロフィデル・カストロ

    2005年に、ジェルマーノ・アルメイダの二人の兄弟がスペイン語に翻訳され、「芸術と文学」のアンソロジーに加えられた。同年フィデル・カストロはペドロ・ピレスとキューバ最高位の勲章たるホセ・マルティ勲章を授与した。カーボベルデ系キューバ人 フレッシュアイペディアより)

350件中 31 - 40件表示